No Image

ベネチアの鉄道駅近くの安めのホテル6軒

ベネチアの玄関口・鉄道サンタルチア駅近くのホテルを選びました。駅近くは割高で部屋もきれいでないところが多いですが、その中でも食剥皮が手頃でキレイ目のホテルばかりです。荷物が多い方、小さなお子さん、車椅子の方がいるなど、どうしても駅近くのホテルを探している人にお勧めします。直前は料金高くなるので、早めに予約しましょう。

No Image

ベネチアのお勧めホテル7軒

ベネチアの評価の高いホテル、スーツケースがあっても移動に便利なホテル、国鉄駅近くのホテルなど、旅行者に便利でセキュリティーの高いホテルを紹介します。4つ星、5つ星ホテルでもシーズンオフならとても安く宿泊できます。実際に泊まってみた感想も書いているのでベニスの宿探しの参考にしてください。

Verona Ristorante Nastro Azzurro

リストランテ「ナストロ・アズーロ」

ベローナ旧市街の一等地にあるレストランで、オペラ歌手も良く食事にくる有名レストラン「ナストロ・アズーロ」。ブラ広場に面したテラス席が眺めも良くてお勧め。店員さんのサービスも素晴らしく料理も種類が豊富、ピッツァもあります。人気で地元の人で混雑するので、事前予約した方が良いです。

Padova Pizzeria Pago Pago

ピッツェリア「パーゴ・パーゴ」

パドヴァの中心街でピッツァを食べたいときにお勧めの一軒が「パーゴ・パーゴ」。ナポリのピザ職人が焼く美味いナポリ風ピッツァで生地の独特の歯応えと美味さ、トマトとモッツァレッラとの相性の良さはこの生地あってのこと。シンプルな美味さで、地元パドヴァ人に人気のピッツェリア。パスタなどの通常メニューもあり幅広く料理が楽しめます。

Padova Ristorante Pizzeria Pe Pen

リストランテ・ピッツェリア「ペ・ペン」

パドヴァ旧市街にある「ペペン」は地元の人にも評判の良いレストランで、ピッツァも食べられます。特に夏は外のテラス席が人気で、夜遅くまでたくさんの地元客で賑わいます。地産の魚介料理のほか、ナポリのピザ職人が焼く本場ピッツァも記事がモチモチして美味しいです。ベニスに行ったら足をのばしてパドヴァ観光と食事をおすすめします。

Padova Ostelia dei Fabbri

オステリア・デイ・ファッブリ

パドヴァ在住者がお勧めするオステリア「Dei Fabbri」は地元の家族、学生、ビジネスマン、グルメまでが通う人気の地元伝統イタリア料理店。昼夜問わずに地元の人で混雑しています。雰囲気良し、サービスよし、味良しの一押しレストランです。ベネチアから足をのばしてみるのも、パドバ観光時の食事に最適です。

Padova Ristorante Zairo

リストランテ・ザイロ

パドヴァ在住者が勧めるレストラン「ザイロ」は魚介パスタもナポリの本格ピザも美味しいです。広い店舗は地元の人や観光客であふれているので、少し時間をずらして入店するのが良いでしょう。サービスも適度で周りを気にせずくつろげます。イタリア料理全般が揃っていて、味もクオリティもすべて合格点。どなたでも満足できるレストランです。

Padova Ristorante Belle Parti

リストランテ・ベッレ・パルティ

地元のパドヴァ人もすすめるレストラン「ベッレ・パルティ」は地元伝統料理を手頃に味わうことのできるイチオシのお店です。地元のヴェネト料理をベースにアレンジされて見た目も味も雰囲気もエレガントで上品です。日本人の好みに合っています。ゆっくり優雅に食事されたい方におすすめします。

Padova Ristorante "Ai Navigli"

パドヴァのレストラン一覧

パドヴァはエレガントなカフェやレストランが多いです。店の雰囲気が良く、料理も一品一品がとても美しく仕上げられています。ヨーロッパ旅行者も多いですが、多くは地元客なのでコストパフォーマンスも良いです。食事も美味しく、町並みも綺麗なので、旅程に余裕がある場合はパドヴァに一泊すると楽しいです。ベニスからの日帰りも可能です。

Padova Ristorante "Ai Navigli"

リストランテ・アイ・ナヴィリ(魚介中心)

街の中心を流れる運河沿い、パドヴァの街ならではのポルティコ(柱廊)の下に構えるリストランテ「アイ・ナヴィリ」。静かな住宅街の一角で地元の人にとても人気のレストランです。丁寧に仕上げられた一皿は目にも楽しく、季節の魚や野菜っを使った料理が並びます。魚料理を楽しみたい夜にぜひおすすめの一軒です。

Venezia Appartamento Cà Lirica

アーモイタリア提携アパート「Cà Lirica」

ベネチアでとても貴重なキッチン付きアパートです。2017年7月に全面改装したばかりで新築、お湯の量も完璧だし、運河の匂いもなし、鍋や食器も全部そろっていて自炊できます。オーナーが日本人なので困ったことがあってもスムーズに対応してくれるのも◎。スーパーも近くて料金も手頃。家族旅行や長期滞在におすすめです。

Venezia Ostaria al Diavolo e L'Acquasanta

アル・ディアーボロ・エ・アクアサンタ

地元の人に愛されるベネチアの人気オステリア「Osteria Al Diavolo e L’Aquasanta」を紹介。いかにも地元の人が集まりそうな小道に薄暗い店内が魅力的。日本なら横丁にある居酒屋という雰囲気です。ビーゴリ・イン・サルサは伝統料理でなかなか趣があります。シンプルな店作りとメニューで地元の雰囲気を満喫したい人にお勧めします

Restaurants in Venice

ベネチアのレストラン一覧

ベネチアの美味しいレストランをご紹介します。ベネチアは美味しくないお店も多く、旅行者を狙ったボッタクリのようなレストランもあります。一方、地元の人が通う、安くて美味しいレストランもまだ残っています。しっかりとお店の口コミや料金をチェックして、居心地の良いレストランを選びましょう。予約も忘れずに。

venezia-la-palanca

ラ・パランカ

ベネチアのジュデッカ島で美味しいレストランを発見!名物料理バッカラはもちろん、前菜のカジキマグロのカルパッチョに感動しました。もちろん魚介のパスタも熱々で美味!ベニスに行ったら本島から水上バスで5分のジュデッカ島に行って美味しくて安い本物の地元料理を堪能しましょう。旅行者が来ない隠れた名店で、評価もとても高いです。

venezia Cantina Do Spade

カンティーナ・ド・スパーデ

ベネチアを散策していたら偶然美味しいレストランを発見!「Do Spade」はまだガイドブックにも載っていない隠れ家的なトラットリア。魚介料理やパスタが美味しく白ワインも最高です。なによりもお店の雰囲気が良いので、旅慣れない人でも気軽に入って美味しいベネト料理を満喫できます。旅の記念にどうぞ。

venezia osteria al portego

オステリア・アル・ポルテゴ

ベニス在住の友人が「手軽で一番美味しい店」と紹介してくれたのがこの「アル・ポルテゴ」。彼女の言ったとおりこの価格帯では本島で一番美味しく行く価値高いです。何を食べても美味しいですがイカ墨のスパゲッティが格別でした。ワインの値段も手頃で、地元の人も集まるのでいつも満席に近いので要予約です。

Venezia Cà D'Oro alla Vedova

カ・ドーロ・アッラ・ヴェドヴァ

ヴェネツィアの超有名レストラン「Alla Vedova」を紹介、ビーゴリとスカンピのスパゲッティは絶品です。料金も手頃で美味しいと地元の人、観光客で賑わうトラットリアは食事はもちろん、立ち飲み酒屋バーカロとしても最高のお店です。ベネチアに行ったらぜひ寄って魚介料理を楽しんでください。

Venezia Osteria Ai Promessi Sposi

オステリア・アイ・プロメッシ・スポーズィ

「Osteria Promessi Sposi」はまだガイドブックにも載っていない隠れ家的なトラットリア。ベニス名物イカスミのスパゲッティ、魚介のフリットなどが手頃な料金で味わえます。落ち着いた雰囲気でサービスもしっかりしています。地元の人の評価も高いです。ベニス観光する場合はランチもディナーにも適しています。

Hotel Le Isole Venezia

ベニスの提携ホテル Hotel Le Isole

実際に宿泊して見つけた最高にお勧めのホテル。ベニスの中心、サンマルコ広場から近く、宿泊費も手頃、内装もモダンな満点のホテルです。ベニスは残念なホテルが多い中、ここは清潔なお部屋、四つ星のサービス、バスタブ付きと文句ない良質ホテルでした。水上バス停留所から徒歩3分と便利、一度泊まるとリピーターになりますよ。

モンタニャーナ

パドヴァ近郊都市モンタニャーナへの行き方

抜群に美味しい生ハムも生産している、美しい城壁の町モンタニャーナ。パドヴァ周辺の町を観光する時には欠かせない小都市です。電車の時刻表、電車を降りた後の町の中心地までの行き方を現地在住者が詳しくお知らせします。また地元のおいしいレストラン、必見の観光名所を案内します。旅行前に必見サイトです。

Montagnana

美しい城壁の町モンタニャーナについて

抜群に美味しい生ハムも生産している、美しい城壁の町モンタニャーナ。パドヴァ周辺の町を観光する時には欠かせない小都市です。イタリア在住スタッフが地元のおいしいレストラン、必見の観光名所を案内します。旅行前に必見サイトです

エステ国鉄駅

エステへの行き方(バス・電車)

パドヴァの近郊の小都市エステへの行き方を、現地在住のスタッフが細かくお知らせします。。列車、バスの時刻表があってイタリア観光に便利。旅行前に印刷して持っていけば心強い味方になるでしょう。

パドヴァ近郊の小さな町エステ

パドヴァ近郊の町エステについて

アーモイタリアの現地スタッフがパドヴァ近郊の小さな町エステを観光案内します。日帰り観光も可能な小さな可愛い町で、地元のおいしいレストラン、必見の観光名所、列車・バスの時刻表などを細かくご紹介。ぜひ一足伸ばして楽しんできてください。

小さなベネチア「キオッジャ」

キオッジャへの行き方(バス、船)

小さなベネチアと呼ばれる、港町キオッジャへの行き方をお知らせします。パドバやベネチアから電車・バス・船で気軽に行けます。美しい運河に橋が架かり、漁師の町、魚介が安く美味しく食べられます。バス、列車、トラゲット船の旅を楽しんでください。

キオッジャ Chioggia

イタリア屈指の港町キオッジャについて

ヴェネツィアからトラゲット(=フェリー)でも行けるキオッジャ。アドリア海最大の港町でベニス地区の魚をすべて水揚げしています。魚介が美味しく美しい町を散策してみましょう。新しい発見もたくさんあるはず。新鮮な魚介は美味しく、レストランも安くて安心です

マロースティカ

マロスティカへのバスでの行き方

チェス祭りが可愛いお城の町マロスティカへは、バッサーノ・デル・グラッパかビチェンツァからバスで入ります。恋人へのプロポーズで始まった楽しいチェスの物語を肌を感じに足をのばしてイタリア観光を堪能しましょう

マロースティカ

小さくて美しい町マロスティカについて

バッサーノデルグラッパからバスで15分。日帰り旅行にはもってこいの町マルスティカ。チェスのお祭りが有名で小さいながらも見どころがあります。パドヴァやヴェローナ、トレントからも観光できます。北部イタリア旅行に立ち寄ってみるのもいいでしょう

バッサーノ・デル・グラッパ

バッサーノ・デル・グラッパについて

アーモイタリアの現地スタッフが人気の町バッサーノ・デル・グラッパを観光案内します。ベネチアやパドバからも近く、日帰り観光も可能な小さな可愛い町です。地元のおいしいレストラン、必見の観光名所、列車・バスの時刻表なども。イタリア旅行、イタリア観光に必見サイトです

ベローナの老舗菓子店「レ・ボンタ」

老舗菓子店「レ・ボンタ」

チョコレートからキャラメル、クッキー、リキュール、ワインなどちょっとしたお土産になるもの沢山あります。アーモイタリア特典で10%割引きです。ページを印刷して持って行きましょう。量り売りで会社や友達へのお土産にもぴったりです

ベローナのサン・フェルモ教会

サン・フェルモ教会

5世紀にベローナの市民によって304年にこの地で殉教した聖フェルモと聖ルスティコを奉って建てられました。上部の素晴らしいゴシック様式教会と下部のロマネスク様式教会を比べると面白いです

ベローナのサンタ・アナスタージア教会

サンタ・アナスタージア教会

イタリアゴシック様式建築の代表作品の一つ、ベローナにあるサンタ・アナスタージア教会は、約300年位建設が続きファサードだけ未完成で終わりました。現在ヴェローナで一番大きな教会です

ベローナの聖ゼーノ教会

サン・ゼーノ教会

ベローナの守護聖人「聖ゼーノ」を祀る教会。北イタリアのロマネスク建築を代表する建築物で、ファザードやブロンズ製レリーフの扉、マンテンニャ作の「聖母マリアと諸聖人達」などが見どころです

ベローナのローマ劇場

ローマ劇場・考古学博物館

古代ローマ劇場と考古学博物館が2016年の5月にリニューアルしました。円形闘技場アレーナでは戦いに使われたグローブ、武器なども展示されていてとてもリアルです。修道院の内部や窓から見えるベローナの町並みなど、考古学に興味のない人でも楽しく見学できます

ベローナのアリーナの野外オペラ

ベローナで野外オペラを楽しもう

ベローナの古代ローマ遺跡アレーナでは毎年夏に野外オペラ・フェスティバルが開催されています。アイーダやカルメンなど旅行者でも楽しみやすい演目が上演されます。大きな舞台を利用した壮大な舞台セットも圧巻で、通常の劇場とは違う野外劇場の魅力をぜひ満喫してください

Verona Airlink

ベローナ空港のシャトルバス

ベローナ空港からベローナ国鉄駅Porta Nuovaへのシャトルバスやタクシーの乗り方・料金。時刻表や料金、バス停の場所など分かりやすく解説します。

ベローナについて

ロミオとジュリエット、円形闘技場アレーナのオペラ「アイーダ」などで有名なベローナは、世界遺産に登録された美しい町です。サン・ゼーノ教会やサン・レオナルドの丘からの町が一望できるパノラマなども必見です。現地に住む日本人ガイドがベローナの魅力をすべてお伝えします

パドヴァの最も歴史あるカフェ『ペドロッキ』

パドヴァの伝統カフェ・ペドロッキはちょっとした観光名所。エスプレッソやカプチーノはもちろんのこと、ミントのカフェも美味しいです。ランチもおいしくドルチェも楽しめます。パドヴァ観光に忘れてはならないスポットです

パドヴァ=ベネチアの1日クルーズ

ブレンタ川の1日クルーズ

毎年3~10月はブルキエッロ社のブレンタ川ツアーが開催され、中型クルーズ船に乗って一日観光ツアーが楽しめます。川沿いの主要建築物や当時のヴェネツィア人の水門などを訪ねます。ランチ付きコースもあってたっぷり楽しめる豪華クールジングです。パドヴァに来たらお勧めです

パドヴァのシニョーリ広場

アペリティーボにも最適『シニョーリ広場』

広場の目印は大理石の2本の柱と時計塔。 1500 年代に造られたこの柱にはヴェネツィア共和国のシンボルであるライオン像が頂きにあります。美しい時計塔はヤコポ・ドンディによる天文時計です。夏の夕刻には広場に面したバールにテーブルがいっぱい出され、アペリティーヴォを楽しむ人で賑わいます

パドヴァのエルベ広場の朝市

パドヴァのエルベ広場の朝市とフルッタ広場

ラジョーネ宮を南北にはさんだ2つの広場です。南側に位置するエルベ広場には日曜日を除く毎朝、野菜や果物を売る露店が出店しています。季節の野菜や果物が豊富に所狭しと並ぶ様子は、非常に見応えがあります

パドヴァのプラート・デッラ・バッレ

パドヴァの観光スポット『プラート・デッラ・バッレ』

大きな大きな楕円形をした広場で、ヨーロッパでも有数の大きさを誇る広場の1つです。毎月第3日曜日に開催されるアンティーク市は大規模で見ごたえあり。周囲を囲む水路の内・外側に並ぶ78の彫像はパドヴァにゆかりのある人物でとても美しいです。周辺には老舗の美しいバールも多いので、散策と休憩に最高のスポットです。

パドヴァの植物園

世界遺産の植物園『オルト・ボタニコ』

オルト・ボタニコは、1997年にユネスコ世界遺産に登録された、研究を主な目的とされた世界最古の大学付属の植物園です。 近年、同敷地内に新しい施設がオープンしています。世界じゅうの各気候に合わせた植物の展示、子供達への自然学習の場の設置など、大学付属施設として、新たな見所となっています。

パドヴァのカッラレージ城とスペーコラ博物館

カッラレージ城とスペーコラ博物館

パドヴァに現存する歴史的建造物のなかでも、大変に美しい景観を造り出しているカッラレージ城。内部は2つに分かれており子午線観測の部屋などがあります。天文学好きな方にはお勧めのラ・スペーコラ博物館です。

パドヴァ大学の解剖教室テアトロ・アナトミコ

パドヴァ大学の解剖教室『テアトロ・アナトミコ』

パドヴァ大学は、イタリアではボローニャに次ぐ第2番目に古い大学で、建物内見学の最大の見所は世界初の解剖教室「テアトロ・アナトミコ」です。1594年に建築された逆円錐型の6階建ての木造らせん階段教室。あのガリレオ・ガリレイも教鞭を振るっていました。美しいそのホールは見学可能です。

パドヴァのラジョーネ宮

ラジョーネ宮と食料品店巡り

パドバの最大の見所の一つ、美しい外観とフレスコ画の残るラジョーネ宮。サローネは現在、展示会や美術展などの会場としても使用されます。さらにラジョーネ宮の下は食料品店が立ち並び地元民の食生活を支えています。食料品店街は旅行者にも魅力的なスポットで、ウインドウショッピングだけでもその土地の生活が垣間見れて楽しいです。

パドヴァのゲットー

パドヴァのゲットー地区とヘブライ博物館

パドバのゲットー地区はキリスト教徒の迫害によってユダヤ人が住むことを許された、隔離された地区です。最初のシナゴーク跡もあり、放火後に建てなおされているので外観は新しいのですが、壁面に碑板がはめこまれています。現在はパドヴァ・ヘブライ博物館として一般公開されています

パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂

パドヴァの必見スポット:スクロヴェーニ礼拝堂

スクロヴェーニ礼拝堂はパドヴァに訪れたら必見の観光スポットです。ジョットの壁画で覆われた礼拝堂は息をのむ美しさで、入館も25人ずつととても厳しく管理されています。3日前までに予約してじっくりとイタリア美術に浸りましょう。観光パスのパドヴァカードも利用可能で、旅行前はしっかりチェックしましょう。