ベネチア空港からのアクセス

ヴェネツィア ATVO空港送迎バス

ベネチア空港からは3つの方法があります

ヴェネツィアへの飛行機での窓口は「マルコ・ポーロ空港(Aeroporto Marco Polo)」となります。空港からヴェネツィア中心街に出るには下記3通りの交通機関があります。

1. ヴェネツィア湾から船で入る(Servizio Motoscafi Alilaguna)

もっともロマンティックなヴェネツィアへの入り方です。「水の都は湾から入れ」と多くの人が言うように、美しい景色が広がります。特に夕方に町に着くときは、その美しさに一目惚れすることでしょう。
詳しくは「マルコポーロ空港から船Alilagunaで入る」のページをご覧下さい。

2. 陸路のバスで行く(Servizio Autobus)

ベネチアのメイン空港であるマルコポーロ空港から、サンタルチア駅南にあるヴェネツィア本島の玄関口「ローマ広場(Piazzale Roma)」に到着します。ATVO社もしくはACTV社のシャトルバスで20分で到着。

ATVOバス(シャトルバス)

  • マルコ・ポーロ空港=ローマ広場の時刻表(Linea 35番)
  • 青い車体のバス
  • マルコポーロ空港→ローマ広場 8.20~24.20、約30分おきに運行
  • ローマ広場→マルコポーロ空港 5.00~20.40、約30分おきに運行
  • 料金:片道6ユーロ、往復11ユーロ
  • スーツケースなど大きな荷物はバスの下に入れられるので便利
  • 所要時間20分
  • 詳しい時刻表はATVO社のサイトにて確認できます。

ACTVバス(市内バス)

  • マルコ・ポーロ空港=ローマ広場の時刻表(Linea 5番)
  • オレンジ色のバス
  • マルコポーロ空港→ローマ広場
    • 平日:4.08~24.40、15分~1時間おきに運行
    • 休日:4.08~01.10、30分~1時間おきに運行
  • ローマ広場→マルコポーロ空港
    • 平日:4.40~24.40、15分~1時間おきに運行
    • 休日:5.40~24.40、30分~1時間おきに運行
  • 料金:片道6ユーロ、往復11ユーロ
  • 所要時間は約25分
  • 大きな荷物は別料金となります。荷物1個1ユーロとなります。バス窓口で確認しましょう
  • 市営バスなので荷物入れはありません(スーツケースある場合はATVO社のバスが便利)
  • 詳しい時刻表はACTV社のページで確認できます。

ACTV社は市内バスで、水上バス(バポレット)と共通チケットを発行しています。ヴェネツィアでは水上バスを有効利用すると旅が充実するので、空港で時間内有効の共通券を購入するとお得です。

  • 切符はICチップが入っていて、機械にかざして利用します。日本のSUICAやPASMOと同じです。忘れると高い罰金が課せられます。最初の刻印時間から有効となります。

3. メストレ駅から入る

ヴェネツィア空港(マルコ・ポーロ空港)から15番の市バス(オレンジ色)に乗ると国鉄メストレ駅に20分くらいで行けます。メストレ駅前から2番の市バスで15分ほど乗るとローマ広場に着きます。
また列車も10分おきに出ており、約10分でサンタ・ルチア駅に出ることができます。

一見無意味に思われますが、ヴェネツィア・メストレ駅周辺は安いホテルや宿がたくさんあり、ヴェネツィアに慣れた旅行者やイタリア人はメストレ駅の近くに宿泊して、ヴェネツィアにバスや電車で出てくる人が多いです。

  • メストレ地区の宿泊費は本島の半額以下なので、浮いたお金で美味しいものを食べて旅を充実させるのもいいですね。
  • ヴェネツィア初めての方はメストレではなく、本島に宿泊するのがお勧めです。本島はレストランも多いですし、美しいベニスを満喫できます。