ベニスで手刷り名刺を作ってみよう。活版印刷ジャンニ

ベネチア 活版印刷ジャンニ・バッソ

印刷博物館みたいな工房で活版印刷業を営むジャンニさんのお店です

ヴェネツィアにて現在も活版印刷業を営んでいるジャンニ・バッソさんの小さな工房です。殖版・印刷作業を息主に一人で手掛けています。ここ数年は息子さんもその作業に加わっています。 小さな店内は古い印刷機や版にぐるりと囲まれ、棚の多くの引き出しの中は活字、そしてそれまでの製作物などでぎっしり。この工房自体が小さな印刷博物館のような状況になっています。

ヴェネツィアと印刷業というのは、大変に縁の深いもので、特に生産資源などを持たないこの土地にとって印刷・製本・出版という産業は主要産業のひとつでも ありました。ヴァチカンとの歩みを共にせず、いわゆる思想・哲学の自由が比較的自由であったという状況にあったヴェネツィアは、同業が発展するにふさわし い場所であったともいえます。

同店のご主人、ジャンニ氏は少年期を18世紀にヴェネツィアの小島にて設立された修道院による印刷所にて過ごして得た印刷技術をもとに、現在の同地に工房 を構えています。現在はその印刷所は閉鎖され、ヴェネツィア独自の印刷業もそれほどに目立つものではなくなってしまいましたが、次々と閉鎖する印刷・製本 所にて使われなくなった機械や道具を買い取って始めました。

彼が作り出す独特の雰囲気のあるテイストには、世界中にファンがいて、名刺やカード類などの注文が絶え間なく入り、のんびりと仕事をしている風ですが、なかなかと忙しく製作活動を行っている様子。

デザインに合わせて活字を組み合わせ、パターンを一緒に決めます

柄はたくさんある見本の中から好みのものを選びます。植物や動物、楽器や各種分野の道具類、アルファベットをベースにした装飾柄等々、数多くあるので、自分の職業や専門分野などに関わるデザインなどを選ぶと“自分らしさ”のアピール性が出てきますね。
そして、色を決定。赤(真紅)、青色各種、グリーン系、茶系などなど。真紅のものは、特にヴェネツィアの象徴でもあるロッソ・ヴェネツィアーノ(ヴェネツィアの真紅)でもあります。

さらには、名刺ならば縦または横使いにするか、封筒や便せん、他カード類ならば柄と文字の配置を決めながら、同時に文字のスタイルを決めます。

いろいろと決めることが多そうですが、おおまかなことを伝えれば、ジャンニさんがアドバイスをくれますので、一緒に決めていくのがいいでしょう。 文字の配列などもでき上がりの美しさの決め手。ジャンニさんの手ほどきも非常に決め手になります。配置する必要情報(名前、会社名、住所など)などは、間違いのないようにしっかりと確認してください。予め用意しておくのがお勧めです。

オーダー後は日本への配送も可

ヴェネツィアでの滞在が長ければ、その旨を伝えると早めに作業を仕上げてくれます。が、ほとんどの方は注文のみ、ということが多いですので、その場 合には工房から直接日本のご指定先へのお届もできます。料金は内容により料金を予め把握していますので、商品の会計の際に配送費も一緒に支払います。
(*)支払時、クレジットカードは使用できませんので、お気をつけください。

料金(2013年時点)
名刺100枚90ユーロ、200枚130ユーロ
200枚以降、100枚追加ごとにプラス40ユーロ
封筒(小)100枚120ユーロ、200枚200ユーロ
封筒(大)100枚160ユーロ、200枚290ユーロ
Exリブロ(蔵書票)100枚70ユーロ、200枚100ユーロ、500枚170ユーロ、1000枚300ユーロ

アーモイタリアのお客様へのプレゼント特典
アーモイタリアのお客様へは、注文いただいた全ての方に、ジャンニさん作のオリジナルカードをプレゼントします。素敵な柄がたくさん揃っていますので、ご自分の好みのものをお選びください。印刷したページをお忘れなくご持参ください。

IL REGALO SPECIALE ! Per i lettori dell'Amoitalia che hanno orginato, il negozio regala una cartolina preferita.

スタッフ

ヴェネツィアで有名なお店とオーナーです 
昔ながらの機械と製法を守るジャンニさんご本人も、かなりアナログ的に店を守るユニークな人物です。ネットやファックスでの注文は一切受け付けていないのですが、わざわざ足を運ぶ価値あり!彼の手による印刷物は非常に美しくて独特です。ぜひお立ち寄りください。 

 パドヴァ在住 白浜 亜紀 スタッフ一覧

活版印刷ジャンニ・バッソの基本情報

店名Gianni Basso Stampatore(活版印刷ジャンニ・バッソ)
おすすめ
住所Cannaregio, F. Nove (Calle del Fumo) 5306, 30100 ベネチア
行き方フォンダメンタ・ノーヴェ(ヴェネツィア本島、サンマルコ広場とは反対岸にある水上バスの乗り場のある岸)から入る小路をまっすぐに行ったところ。岸から行く場合には、数軒並ぶバールの付近にある花屋の角を入って路地を進みます。
電話番号+39 041 523 4681
定休日土曜日の午後、日曜日
営業時間9.00-13.00 14.00-19.00
土曜日のみ9.00-12.00
その他クレジットカードは使用不可です。
サイト