Padova Pizzeria Pago Pago

ピッツェリア「パーゴ・パーゴ」

パドヴァの中心街でピッツァを食べたいときにお勧めの一軒が「パーゴ・パーゴ」。ナポリのピザ職人が焼く美味いナポリ風ピッツァで生地の独特の歯応えと美味さ、トマトとモッツァレッラとの相性の良さはこの生地あってのこと。シンプルな美味さで、地元パドヴァ人に人気のピッツェリア。パスタなどの通常メニューもあり幅広く料理が楽しめます。

Padova Ristorante Pizzeria Pe Pen

リストランテ・ピッツェリア「ペ・ペン」

パドヴァ旧市街にある「ペペン」は地元の人にも評判の良いレストランで、ピッツァも食べられます。特に夏は外のテラス席が人気で、夜遅くまでたくさんの地元客で賑わいます。地産の魚介料理のほか、ナポリのピザ職人が焼く本場ピッツァも記事がモチモチして美味しいです。ベニスに行ったら足をのばしてパドヴァ観光と食事をおすすめします。

Padova Ostelia dei Fabbri

オステリア・デイ・ファッブリ

パドヴァ在住者がお勧めするオステリア「Dei Fabbri」は地元の家族、学生、ビジネスマン、グルメまでが通う人気の地元伝統イタリア料理店。昼夜問わずに地元の人で混雑しています。雰囲気良し、サービスよし、味良しの一押しレストランです。ベネチアから足をのばしてみるのも、パドバ観光時の食事に最適です。

Padova Ristorante Zairo

リストランテ・ザイロ

パドヴァ在住者が勧めるレストラン「ザイロ」は魚介パスタもナポリの本格ピザも美味しいです。広い店舗は地元の人や観光客であふれているので、少し時間をずらして入店するのが良いでしょう。サービスも適度で周りを気にせずくつろげます。イタリア料理全般が揃っていて、味もクオリティもすべて合格点。どなたでも満足できるレストランです。

Padova Ristorante Belle Parti

リストランテ・ベッレ・パルティ

地元のパドヴァ人もすすめるレストラン「ベッレ・パルティ」は地元伝統料理を手頃に味わうことのできるイチオシのお店です。地元のヴェネト料理をベースにアレンジされて見た目も味も雰囲気もエレガントで上品です。日本人の好みに合っています。ゆっくり優雅に食事されたい方におすすめします。

Padova Ristorante "Ai Navigli"

パドヴァのレストラン一覧

パドヴァはエレガントなカフェやレストランが多いです。店の雰囲気が良く、料理も一品一品がとても美しく仕上げられています。ヨーロッパ旅行者も多いですが、多くは地元客なのでコストパフォーマンスも良いです。食事も美味しく、町並みも綺麗なので、旅程に余裕がある場合はパドヴァに一泊すると楽しいです。ベニスからの日帰りも可能です。

Padova Ristorante "Ai Navigli"

リストランテ・アイ・ナヴィリ(魚介中心)

街の中心を流れる運河沿い、パドヴァの街ならではのポルティコ(柱廊)の下に構えるリストランテ「アイ・ナヴィリ」。静かな住宅街の一角で地元の人にとても人気のレストランです。丁寧に仕上げられた一皿は目にも楽しく、季節の魚や野菜っを使った料理が並びます。魚料理を楽しみたい夜にぜひおすすめの一軒です。

パドヴァの最も歴史あるカフェ『ペドロッキ』

パドヴァの伝統カフェ・ペドロッキはちょっとした観光名所。エスプレッソやカプチーノはもちろんのこと、ミントのカフェも美味しいです。ランチもおいしくドルチェも楽しめます。パドヴァ観光に忘れてはならないスポットです

パドヴァ=ベネチアの1日クルーズ

ブレンタ川の1日クルーズ

毎年3~10月はブルキエッロ社のブレンタ川ツアーが開催され、中型クルーズ船に乗って一日観光ツアーが楽しめます。川沿いの主要建築物や当時のヴェネツィア人の水門などを訪ねます。ランチ付きコースもあってたっぷり楽しめる豪華クールジングです。パドヴァに来たらお勧めです

パドヴァのシニョーリ広場

アペリティーボにも最適『シニョーリ広場』

広場の目印は大理石の2本の柱と時計塔。 1500 年代に造られたこの柱にはヴェネツィア共和国のシンボルであるライオン像が頂きにあります。美しい時計塔はヤコポ・ドンディによる天文時計です。夏の夕刻には広場に面したバールにテーブルがいっぱい出され、アペリティーヴォを楽しむ人で賑わいます

パドヴァのエルベ広場の朝市

パドヴァのエルベ広場の朝市とフルッタ広場

ラジョーネ宮を南北にはさんだ2つの広場です。南側に位置するエルベ広場には日曜日を除く毎朝、野菜や果物を売る露店が出店しています。季節の野菜や果物が豊富に所狭しと並ぶ様子は、非常に見応えがあります

パドヴァのプラート・デッラ・バッレ

パドヴァの観光スポット『プラート・デッラ・バッレ』

大きな大きな楕円形をした広場で、ヨーロッパでも有数の大きさを誇る広場の1つです。毎月第3日曜日に開催されるアンティーク市は大規模で見ごたえあり。周囲を囲む水路の内・外側に並ぶ78の彫像はパドヴァにゆかりのある人物でとても美しいです。周辺には老舗の美しいバールも多いので、散策と休憩に最高のスポットです。

パドヴァの植物園

世界遺産の植物園『オルト・ボタニコ』

オルト・ボタニコは、1997年にユネスコ世界遺産に登録された、研究を主な目的とされた世界最古の大学付属の植物園です。 近年、同敷地内に新しい施設がオープンしています。世界じゅうの各気候に合わせた植物の展示、子供達への自然学習の場の設置など、大学付属施設として、新たな見所となっています。

パドヴァのカッラレージ城とスペーコラ博物館

カッラレージ城とスペーコラ博物館

パドヴァに現存する歴史的建造物のなかでも、大変に美しい景観を造り出しているカッラレージ城。内部は2つに分かれており子午線観測の部屋などがあります。天文学好きな方にはお勧めのラ・スペーコラ博物館です。

パドヴァ大学の解剖教室テアトロ・アナトミコ

パドヴァ大学の解剖教室『テアトロ・アナトミコ』

パドヴァ大学は、イタリアではボローニャに次ぐ第2番目に古い大学で、建物内見学の最大の見所は世界初の解剖教室「テアトロ・アナトミコ」です。1594年に建築された逆円錐型の6階建ての木造らせん階段教室。あのガリレオ・ガリレイも教鞭を振るっていました。美しいそのホールは見学可能です。

パドヴァのラジョーネ宮

ラジョーネ宮と食料品店巡り

パドバの最大の見所の一つ、美しい外観とフレスコ画の残るラジョーネ宮。サローネは現在、展示会や美術展などの会場としても使用されます。さらにラジョーネ宮の下は食料品店が立ち並び地元民の食生活を支えています。食料品店街は旅行者にも魅力的なスポットで、ウインドウショッピングだけでもその土地の生活が垣間見れて楽しいです。

パドヴァのゲットー

パドヴァのゲットー地区とヘブライ博物館

パドバのゲットー地区はキリスト教徒の迫害によってユダヤ人が住むことを許された、隔離された地区です。最初のシナゴーク跡もあり、放火後に建てなおされているので外観は新しいのですが、壁面に碑板がはめこまれています。現在はパドヴァ・ヘブライ博物館として一般公開されています

パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂

パドヴァの必見スポット:スクロヴェーニ礼拝堂

スクロヴェーニ礼拝堂はパドヴァに訪れたら必見の観光スポットです。ジョットの壁画で覆われた礼拝堂は息をのむ美しさで、入館も25人ずつととても厳しく管理されています。3日前までに予約してじっくりとイタリア美術に浸りましょう。観光パスのパドヴァカードも利用可能で、旅行前はしっかりチェックしましょう。

パドヴァのドゥオモ サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂

パドヴァのドゥオーモは、初期キリスト教時代(紀元1世紀中頃)の司教座大聖堂としての起源をもちます。長い歳月を経て、1075年に新たに大聖堂として建築されましたが、1117年の地震により被害を受けました。ミケランジェロの名による公募、公告により建築家及び設計を募ったとされています。

パドヴァのエレミターニ教会

パドヴァのエレミターニ教会

パドヴァの見所のジョットのフレスコ画のあるスクロヴェーニ礼拝堂、市民美術館の敷地に隣り合わせにあります。マンテーニャのフレスコ画の傑作の数々が納められています

パドヴァのサンタ・マリア・デル・カルミネ教会

パドヴァのサンタ・マリア・デル・カルミネ教会

町の中心街から北西に少しはずれた場所にあります。建築は、ロレンツォ・ダ・ボローニャにより1335年に着工、完成は1446年です。内部の装飾は華美さはなく、シンプルな神聖さのあるもの。祭壇はアントニオ・カノーヴァによるものです

パドヴァのサンタ・ジュスティーナ修道院

サンタ・ジュスティーナ修道院について

304年に殉教した女性の聖人、ジュスティーナが奉られています。聖人となったこの殉教者の父により、翌世紀に建てられたといわれています。長さ122mもある大きな教会で、床の大理石はローマのサン・ピエトロ寺院のものと同じです。

パドヴァのサンタントニオ聖堂

パドヴァのサンタントーニオ聖堂

パドバのサンアントニオ聖堂は年間を通してイタリア各地、ヨーロッパ各地から熱心な信者が礼拝に訪れる聖地です。1195年ポルトガル、リスボンで生まれ、1231年パドヴァ郊外で没した聖アントニオが奉られています。教会内には価値あるフレスコ画も複数あり、教会に興味のない人もぜひ訪れて写真を撮ってください。

パドヴァカード

パドヴァカードについて

パドヴァの主要な美術館、博物館などの共通パスです。スクロヴェーニ礼拝堂、ラジョーネ宮殿など、パドバで必ず訪れたいスポットが無料で入館できます。またバスやトラム(市内、一部郊外)も乗り放題ですので観光時には有効に使えるカードです。上手に使うととてもお得で、パドバに行くときは要チェックです。

パドヴァ

パドヴァについて

ベネチアからも十分近いパドバは中世のから続く古都で、ポルティコ(柱廊)の美しい町並みが印象的です。伝統的な華麗なカフェから学生の町らしく手頃で美味しいトラットリアも豊富で、観光の拠点として宿泊するのも魅力です。ベネチアを観光する際はレストランもホテルも安いパドバも計画に組み込むと楽しいです。