ラ・パランカ

venezia-la-palanca
1982年創業のレストラン「La Palanca」は同名の水上バス停留所を降りて海岸沿いを左に行くとすぐ見つかります。暖かい日は屋外で食べるのも良いですね。
味  
雰囲気
値段 
総合 
ジュデッカ島で見つけた美味しいレストラン。スナック・バール風の気さくな店内からは想像できない極上の料理を食べられます。ここの料理を食べるためだけでもジュデッカ島に行く価値があります。観光客よりも地元の人で満席になる「La Palanca」はランチのみの営業です。営業時間と休業日をしっかりと確認して、ベネチアでの安くて美味しい本物のランチを堪能してください。

予約に自信のない方は、アーモイタリアが予約手配を承ります。下記のページよりお申し込みください。「レストランの予約手配

観光客がほとんど訪れないジュデッカ島で、極上レストランを発見!

島巡りの一環として、あまり観光客の行かないジュデッカ島を散策していました。本島に沿うように細長い島は面積こそ大きいですが見どころはあまりなく、寂れた感じが魅力の島。世界最古のゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)があったことで知られています。

お昼の時間も近くなり、バーカロ(ベネチア風居酒屋)か簡単な軽食を食べられる店を探していましたが、観光客が少ないこともあり、食事ができるお店自体もあまり多くなかったです。本島側の港沿いを歩き回り、5,6軒見つけたレストランから選んだのが、この「La Palanca」です。

歩き回って見つけた「La Palanca」は旨い!

venezia-la-palanca
入るとすぐ左にカフェのカウンタがあります。サンドイッチなども自家製で美味しそうでした。

レストラン探しに歩き疲れて入った「La Palanca」。雰囲気はカジュアルな感じで僕好み。その雰囲気の良さ、地元客が入って活気があるところに心惹かれ入店しました。
店内は入ってすぐ左側にバールのカウンターがあって、カフェや軽食のお客さんが立ち飲みしています。ランチのテーブルは8つほど。20人も入れば満席になります。

イタリアでは新たにレストランを開きたい場合、営業しているレストランの権利を買ってリニューアルオープンします。そのためイタリアのレストランはコロコロとオーナーが変わって、料理やサービスの質が落ちることが多いです。旅行者が多いベネチアも例外ではなく、人気店も権利を売ることがあり、結果、料理も雰囲気も質もすべてが変わってしまいます。その中でこのラ・パランカは最初に訪れた2014年からオーナーが変わらず、サービスも料理の質も素晴らしいまま、最高のコストパフォーマンスで食事が楽しめます。

店員さんの愛想は抜群

venezia-la-palanca
店主のアンドレアさん(sig. Andrea Barina)。とても気さくで気配りが行き届いていました。来るお客さんがほとんど知り合いといった感じ。

店員さんの愛想がとても良いのが好印象でした。店長のアンドレアさんは絶えず笑顔で接客しています。皆さんテキパキと働き、サービスもとてもスムーズです。観光客が多く、不親切なレストランが多いヴェネツィアの中で、ここのサービスと愛嬌は満点です。英語があまりできなくても安心して食事できるでしょう。イタリア語と英語のメニューがありました。

料理は極上です

venezia-la-palanca
「バカラ・マンテカート」は干しダラを水で戻してオイルで和えたシンプルなベネチア伝統料理。これとパンと白ワインは相性抜群で飲んべえには堪りません。

メニューは魚料理がメインで、メニュー数も少なくてとてもシンプルです。地元の人たちは魚料理に飽きているのか、料金が安めのトマトパスタなどを頼んでいる人が多かったです。ランチ時間しか営業していないので、事前にこのレストランを知っていたら毎日通ってトマトのパスタも試したかったほど。魚料理はスタンダードで魅力あるメニューが並んでいます。値段も手頃で最高のランチとなるでしょう。

前菜の魚の盛り合わせが最高!

venezia-la-palanca
とても感動した「海の前菜の盛り合わせ」12ユーロ。カルパッチョもイワシのマリネも風味豊かで美味しかったです。ボリュームもたっぷりなのでシェアしても十分です。

パスタもメインもとても美味しかったのですが一番感動したのは、魚の前菜の盛り合わせ(Antipasto misto di pesce)。カジキマグロのカルパッチョ、コイワシのマリネ、ベネツィア名物のサルディン・サオール(Sarde in saor)の3種が盛られています。

カジキマグロのカルパッチョはオレンジの皮が風味豊かで見事な味付け。コイワシのマリネ(Alici Marinate)もピンクペッパーがアクセントになっていて、高級レストランと引けを取りません。この前菜は二人でシェアしましたがボリュームもあって、味も最高で、大満足でした。

パスタとメインを1品ずつシェアしました

venezia-la-palanca
「ホタテ貝とズッキーニのリングイネ」は磯の香りとトマトの甘みが絶品でした。熱々でサービスされて感動です。

二人で軽めのランチということで、パスタ1品、メイン1品をシェアしました。
パスタは魚ベースの本日のパスタを注文。リングイネのパスタで、ホタテ貝とズッキーニとプチトマトをウォッカで香り付けした一皿です。ホタテの身もたっぷりで、プチトマトの甘みと酸味の相性が抜群です。熱々のパスタをフーフーいいながら一気に食べ終わりました。

メインはベネチア料理で一番好きな「バッカラ・マンテカート(Baccala’ Mantecato)」を注文。干しダラを使ったシンプルな料理は白ワインといっしょに頂くと止まらなくなるほど美味しいです。

チョコタルトも逃さずにね

venezia-la-palanca
美味しいレストランのドルチェは別格です。ここのチョコレート・トルタも抜群に美味しかったです。パンナコッタも味見したかったのですが、満腹でダウン。次回はぜひ。

この時点でお腹いっぱいだったのですが、あまりに料理が美味しかったのでデザートも注文しました。料理の美味しいお店は、デザートも美味しいことが多いです。自家製ドルチェは、ティラミスとアーモンド風味のチョコケーキがあったのですが、ここはスタンダードにチョコケーキを注文。これはここ最近で食べたデザートの中でも一番に美味しかったです。デザート好きな方はぜひ頼んでみてください。

平日オフシーズンでも満席

ランチしか営業していないこの「La Palanca」は観光シーズンに関係なく、地元のお客さんで賑わっています。ただ回転は早いようなので、予約しなくても少し早めの時間に行けば座れるでしょう。物価高のヴェネツィアにしては値段は高くないです。
なによりも料理が美味しい。そして店員さんの愛想も十分ということで、ヴェネツィアに行く人、特に宿泊して水上バスのフリーパスを持っている人には強くお勧めします!隠れた名店は旅の良い思い出になるでしょう。

ランチの注文と会計(男1名、女1名、合計50ユーロ)

  • チャージ:1名2ユーロ×2
  • 白ハウスワイン500cc:5.5ユーロ
  • Antipasto misto di Pesce(魚の前菜盛り合わせ):12ユーロ
  • ホタテ貝とズッキーニのウォッカ風味リングイーネ:9ユーロ
  • Baccala’ mantecato(バッカラ・マンテカート):12ユーロ
  • Torta di Cioccolato a mandorla(チョコレートケーキ):4.5ユーロ
  • Caffe’(エスプレッソ・カフェ);1.5ユーロ×2
スタッフ

僕が「ラ・パランカ」をお勧めします 

ベネチアの本島にも「Al Portego」や「Do Spade」など美味しいレストランは多いですが、ジュデッカ島にあるこの「ラ・パランカ」は間違いなく隠れ家的なお店でしょう。
お客さんの大半は地元客でシーズンオフであろうが毎日混雑しています。お値段は手頃でかなりクオリティの高い料理が楽しめます。そして店員さんたちの愛想がとても良く、安心して食事を食べられるでしょう。サービスが良いので年配の方やご家族などにもおすすめできます。ランチのみの営業なので注意してください。また訪問時は予約したほうが良いと思います。 

イタリア在住:堂 剛 スタッフ一覧

メニュー(2016年)

Copertoサービス料(席料、パン代込み)2ユーロ
Antipasti
前菜
Antipasto Misto di Pesce(魚介の前菜盛り合わせ)12ユーロ、Carpaccio di Spada Agli Agrumi(オレンジ風味のカジキマグロのカルパッチョ)11ユーロ、Alici Marinate al Pepe Rosa(コイワシのマリネ・ピンクペッパー風味)9ユーロ
Primi Piatti
プリモ・ピアット

Pomodoro e Basilico(トマトとバジリコのパスタ)6ユーロ、Pesto e Pomodoro(ジェノベーゼとトマトのパスタ)7ユーロ、Pasta del Giorno(本日のパスタ)7.5ユーロ、Alle Seppie Nere(イカスミのパスタ)9ユーロ、Ai Gamberetti e Porcini(小エビとポルチーニ茸のパスタ)9ユーロ、Pasta del Giorno a Base di Pesce(魚の本日のパスタ)9ユーロ

Pesce
魚メイン料理
Filetto di Tonno al Balsamico e Sesamo(バルサミコ酢とごま風味のマグロヒレ肉)13ユーロ、Seppie Nere con Polenta(イカの墨煮・ポレンタ添え)12ユーロ、Baccala’ Mantecato(バッカラ・マンテカート)12ユーロ、Gamberi al Curry con Riso Pilaf(カレー風味の海老、ピラフ添え)15ユーロ、Piatto del Giorno a Base di Pesce(本日の魚のメイン料理)14ユーロ
Oltre al Pesce
魚以外の料理
Entrecote Alla Piastra(ステーキの鉄板焼き)10ユーロ、Bocconcini di Pollo con Verdure Fresche(鶏のサイコロ肉、フレッシュ野菜添え)9ユーロ、Piatto del Giorno a Base di Carne(本日の肉メイン料理)10ユーロ、Mozzarella di Bufala con Melanzane alla Menta(モッツァレラチーズ、ミント風味のナス添え)9ユーロ、Insalatone con Pomodoro Mozzarella Uova Tonno Olive(大盛りサラダ、トマト、モッツァレラ、ゆで卵、ツナ、オリーブ入り)8.5ユーロ、Scelta di Formaggi(セレクト・チーズ)6ユーロ、Verdura di stagione(季節の野菜)4.5ユーロ、Insalata Mista(ミックスサラダ)4ユーロ
Dolci
デザート
Dolce della Casa(自家製ドルチェ)4.5ユーロ、Biscotti di Burano con Zagara’(ビスケット)4.5ユーロ、Gelato Tartufo(ジェラート)4ユーロ
Bevanda
ドリンク
Vino Sfuso(ハウスワイン)1リットル10ユーロ、1/2リットル5.5ユーロ、1/4リットル3ユーロ、Birra alla Spina(生ビール)20cc3ユーロ、40cc5ユーロ、Acqua Minerale(水)1リットル3ユーロ、1/2リットル2ユーロ、Espresso(エスプレッソ)1.5ユーロ

ラ・パランカの基本情報

店名La Palanca(ラ・パランカ)
おすすめ
住所Fondamenta Sant'Eufemia, 448, 30133 ヴェネツィア
行き方水上バスの停留所「La Palanca」を降りて、左手すぐ目の前。港沿いです。
電話番号+390415287719
定休日日曜日
営業時間バール7:00-21:00, レストラン12:00-14:30
座席数20席
予算1人15~30ユーロくらい(飲み物別)
その他クレジットカード利用可
サイトhttps://www.facebook.com/LaPalancaGiudecca/