ユーロの準備は日本で。現地ATMも安いです

ユーロ札

要注意! イタリアの両替所は手数料が高い!

最近、旅行している方から良く耳にするのが、『イタリア国内の両替所のレートが悪い』という感想です。両替所によっては、なんと金額の20%近くを手数料として請求してくることがあります。1万円分を換金しても手元には8000円分のユーロしか手に残りません。

先日もイタリアのテレビで放映していましたが、大人しそうな外国人旅行者とみると、とたんにレートを変更して、法外な手数料をだまし取る『詐欺両替所』もあるそうです。特に観光客の多いローマで被害に遭うようです。

結論としては、イタリアでの換金は極力避けましょう。だからと言って全部日本で換金してくる必要はなく、クレジットカードとATMを上手に利用すると、手数料がほとんどかからずに、とても効率的にユーロが手に入ります。以下を良く読んで賢く旅しましょう。

アーモイタリアからのアドバイス

イタリアでは2016年にクレジットカードリーダー(POS)の設置が義務付けられました。そのためほとんどの店舗でクレジットカードが使えます。もちろん故障などで現金のみの場合もありますが、メインの支払いはクレジットカード、売店などで小さな買い物だけユーロ現金を使うのが良いです。

海外で一番お得な両替方法を検証します

海外旅行の準備でもっとも頭を悩ます一つに、円から現地通貨への換金方法、両替レートがあります。ネットの上でも色々な情報が飛び交っていて難しいです。

ユーロの準備は下記の方法があります

  1. 日本の銀行でユーロに両替して持ち込む
  2. 日本でユーロ建てトラベラーズチェックを用意して現地で使用、換金
  3. 現地で日本円からユーロに両替する
  4. クレジットカードで現地ATMでユーロをキャッシングする
  5. 国内銀行が発行する国際キャッシュカードを利用して、現地ATMでユーロを引き出す

ベストは、下記の3段構え

  1. 基本的にショッピングやレストランでは「クレジットカード」を利用
  2. 緊急時用と少額購入用に日本の銀行で「ユーロ現金」を用意
  3. ユーロ不足に備えて「銀行発行の海外キャッシュカード」などを準備

(*)トラベラーズチェックは大きな銀行でしか使えませんので、利用価値はほぼゼロです。
(*)イタリアATMで利用可能な海外キャッシュカードについては『イタリア旅行中はATMを上手に使いましょう』をお読みください。

最近は「外貨宅配サービス」が便利です。銀行に電話一本で外貨現金を、3営業日〜1週間で自宅に届けてくれます。旅行が決まっている場合は為替レートの良いタイミングで購入しておくと便利でお得です。一度『外貨宅配サービス』で検索してみましょう。

予備用のカードとして海外で利用可能な「プリペードカード」もあります。チャージした範囲内での利用なので安心。13歳以上から申し込みできるので留学生にも便利です。例えば日本に残る家族が継続的にチャージすればカード紛失時も安心です。

お勧めのクレジットカード

クレジットカードには様々な特典が付いているものがあります。海外利用でポイントが2倍付加になったり、マイルが貯まるものもあります。色々なクレジットカードをチェックしてぜひお得な海外旅行にしましょう。