カステル・デル・モンテ

カステル・デル・モンテ

カステル・デル・モンテについて

カステル・デル・モンテはその完全な美しい八角形の姿、そして北ヨーロッパ、イスラム圏と古代の文化的要素を兼ね備えた調和の取れた集合体として、1996年ユネスコ世界遺産に認定されました。遠くからこの景色を眺めただけでも神秘的な雰囲気が漂っています。2012年世界の名城、第10位に輝きました。
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

カステル・デル・モンテへの行き方

カステル・デル・モンテに行くためには、バーリ駅からバルレッタ方面行きのバーリ・ノルド鉄道を使うか、バーリ駅から同じ鉄道会社の運営するバスを使い最寄りのアンドリア駅まで移動し、その後路線バスに乗り換えて向かう方法が一般的です
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

フェデリコ2世と白亜の城

フェデリコ2世はどんな目的でカステル・デル・モンテを建てたのでしょうか?その完璧な8角形の美しい姿、8つの塔をもつ規則的な幾何学模様がもつ躍動感にそんな印象をもったのでしょう。力強さとしなやかさを兼ね備えたような美しい外観と細かい装飾やシンメトリーな均整の取れた内部のつくりに圧倒されます。
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

カステル・デル・モンテの「8」の謎

お城の外観に象徴される8角形にはじまり、数字の「8」にまつわる建築・装飾などは驚くほどいたるところに見つかります。チェックポイントを押さえてじっくり見学してみてください。驚きと発見が満載です。特別なフェデリコの思い入れとは?
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

カステル・デル・モンテの建造物としての魅力

カステル・デル・モンテは、古代ローマ・イスラム・北ヨーロッパの文化的要素を兼ね備えた中世の建造物で他に例をみない最高傑作とされています。数学的にも天文学的にも正確に設計されたお城の構造の魅力を紐解きます。
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

コンフェッティ(砂糖菓子)の博物館

アンドリアのチェントロ(町の中心)カテドラル近くに、1894年創業のこの博物館はあります。リバティ様式のアーチ型天井をもつ建物には、私たちの五感をかき立てるようなチョコレートの香りが漂います。お菓子に目がない人たちにとっては、欠かせないスポットです。
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

オリーブオイル

輝く黄緑色のエキストラヴァージン・オリーブオイルは、イタリア国内に限らず全世界的にも注目を浴びる存在です。また、アンドリアではオリーブオイルの国際的な品評会も開かれています。有機栽培に力を入れている生産農家も多いようです。なかには樹齢1000年を超える樹木も少なくありません。
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

モッツァレッラ・チーズを食べ比べ

酪農がさかんなプーリアには様々な種類のチーズが生産され、町中あちらこちらのサルメリーア(ハム・ソーセージなどの食料品店)やラッティチーニ(乳製品専門店)、スーパーマーケットで新鮮なチーズが量り売りされています。
2021.10.11
カステル・デル・モンテ

プーリアを代表するワイン「カステル・デル・モンテ」

プーリアは栽培される自生のブドウ品種が多くみられ、ほかの州とくらべてDOCワイン(統制原産地呼称ワイン、Denominazione di Origine Controllataを略してDOCと呼ばれ、イタリアのワイン法による分類)の生産量も多様なので注目されています。
2021.10.11
タイトルとURLをコピーしました