モツ専門店 イル・マガッツィーノ

Firenze Tripperia Il Magazzino
Il Magazzinoの名物料理の一つ、牛タンのカルパッチョ(Il Carpaccio di lingua)。モツを良く食べるフィレンツェですが、牛タンのカルパッチョを食べられるのはここだけでしょう。パスタ料理もとても美味しいです。
味  
雰囲気
値段 
総合 
フィレンツェ名物である牛モツ料理のトリッパやランプレドットを看板料理としているトラットリアで、2004年開店にもかかわらず地元の人の人気を集めています。値段は手頃で良心的、トリッパの味はフィレンツェでもトップクラスでしょう。店内は綺麗で清潔。席間も狭くないのでゆったりと寛げます。ただし近年はさらに人気となり、サービスの低下を嘆く声を良く聞きます。家族連れなどサービス重視で気持ち良く食事されたい方は注意しましょう。

予約に自信のない方は、アーモイタリアが予約手配を承ります。下記のページよりお申し込みください。「レストランの予約手配
アーモイタリアでフィレンツェのHotel Executiveを予約された方は「無料」で手配いたします。

フィレンツェ名物モツ煮が思う存分楽しめる

Firenze Tripperia Il Magazzino
トリッパ専門店の名の通り、お店の一番の名物料理はこのトリッパ(ハチノスの煮込み)です。臭みはまったくなく、舌の上でとろけるような柔らかさです。トマトソースも絶妙で出されるパンと一緒に止まらなくなります。

フィレンツェの有名な伝統料理に、トリッパとランプレドットがあります。前者は牛の第二胃袋(ハチノス)のトマト煮込みで、後者は牛の第四胃袋を野菜と一緒に柔らかく似たもの。
これらのフィレンツェ伝統料理は、車の荷台をお店に改造した屋台料理として市内でよく見かけます。僕もフィレンツェに行けば必ずおやつに買い、その口の中でとろけるような肉に舌鼓をするのですが、今回、フィレンツェの友達が専門レストランに連れて行ってくれました。そこは地元の人に人気の有名店で、モツの味はフィレンツェでもトップクラス、値段も手頃で、食いしん坊の僕はメニューを見た瞬間に恋に落ちたほどです。

フィレンツェでは個人的に、「トラットリア I DUE G」、「アルマンド」、「マンジャフォーコ」をメインに利用して、日本の方をお連れする場合も、食事の好みや価格帯を聞いてこの3軒から選んでいますが、この「イル・マガッツィーノ」が良かったと言う方も意外のほか多いです。たしかに前菜もパスタもメイン料理も美味しいです。混雑時はサービスが悪いケースもあるので、その点だけ十分にご注意ください。(2021年)

シェフはフィレンツェの有名屋台出身

Firenze Tripperia Il Magazzino
お店の中はきれいで暖かみがある木がベース。伝統モダンの落ち着きのある雰囲気で、くつろいで食事ができます

「イル・マガッツィーノ」はイタリア語で「倉庫」という意味。実はこのお店がある場所はその昔、肉の倉庫でした。シェフはフィレンツェの有名トリッパ屋台である「イル・ポルチェッリーノ」(いのしし像があるロッジ近くの屋台)の出身で、当時彼はこの倉庫の肉を調理していたというのです。その後独立時に倉庫の場所を買い取り、レストランにしたというから面白いですね。 シェフのルーカ・カイ氏は東京でも「フィレンツェ風モツ煮料理」を紹介した経験があり、味も腕も確かで、お店の中も洗練されています。

メニューは内蔵料理のオンパレード

Firenze Tripperia Il Magazzino
店の名物料理の一つであるランプレドット。唐辛子オイルと香草でお好みの味にアレンジできます。肉は口の中でとろけるほど柔らかく煮込んであります。

メニューのほとんどがフィレンツェ伝統料理で構成され、中でも肉料理、内蔵料理が多く、このお店のスペチャリタ(名物料理)であることが伺えます。
今回僕たちは4人で、サラミの盛り合わせ、生ハムとフィレンツェ風揚げパン、トリッパのキタッラ(太麺パスタ)、洋梨と羊のチーズのリゾット、ランプレドット、ウサギ肉の煮込み、野菜のフリッタを注文。ハウスワインも肉に良く合う重めの赤で、食後のケーキに注文した、チョコレートケーキやクレーム・ブリュレも熱々でとろける美味しさ。水やテーブルチャージを含めて4人で90ユーロ、フィレンツェにしてはかなりリーズナブルな価格です。 中心街でフィレンツェ伝統料理、最高のモツ煮込み料理を手頃な値段で味わえる貴重なレストランです。

昼メニューはさらにお得な料金。行かなきゃ損です

Firenze Tripperia Il Magazzino
肉料理がメインのお店ですが、パスタも大変に美味しいです。写真は人気の「Ravioli di Lampredotto」。ラビオリの中に内蔵肉のランプレドットが入っています。ロングパスタが好きな方には、Chitarra del Trippaio(トリッパのキタッラ) がおすすめです。

今回は夕食を予約して行きました。8時半の入店時には1組だけだった店内も、9時半を回る頃にはほぼ満員。平日でこれだから週末は予約必須のお店と言えます。
さらに聞いた話では、昼はメニュー・フィッソ(セットメニュー)があって夜の半額以下で食べられるとのこと。プリモ(パスタ料理)、セコンド(肉料理)をそれぞれ6種類くらいから選ぶことができ、ワインと水もついて10ユーロというから驚きです。観光で行く場合は昼に行って味見をし、気に入ったら夜を予約するというのもいいですね。

現在はセットメニューは終了しているかもしれません。ご注意を。(2021年)

スタッフ

やっぱり、フィレンツェならランプレドット 

フィレンツェ名物のランプレドットを食べるならこの店で決まりです。臭みもなく誰もが満足できるでしょう。もちろんトリッパも美味しいです。さらにこの店の良いところは、看板料理である内蔵料理以外もとても美味しいのです。野菜だけの料理も数多くあって、パスタの味も極上です。のんびりと赤ワインを傾けながら、楽しく美味しく食事ができる貴重なレストランです。お店のある広場も雰囲気良いですよ。 

イタリア在住:堂 剛 スタッフ一覧

メニュー(2014年)

Copertoサービス料(席料、パン代込み)2ユーロ
Antipasti
前菜
Polpettine di Lampredotto(ランプレドットの肉団子)5ユーロ、Totani di Bosco con Pomodoro Fresco(トリッパのフライ、フレッシュトマトソース)6ユーロ、Antipasto del Trippaio(トリッパを使った前菜)9ユーロ、Carpaccio di Manzo Salato(塩の牛肉のカルパッチョ)8ユーロ、Brie Fritto ai Semi di Sesamo(ブリーチーズのフライ、ゴマ風味)8ユーロ、Sformatino di Porri e Pecorino(ポロ葱とペコリーノのスフォルマート)9ユーロ、Coccoli e Salumi Selezionati e Stracciatella(一口あげパンとサラミとトロけるチーズ)10ユーロ
Primi Piatti
プリモ・ピアット
Linguine al Pesto di Pistacchio(ピスタチオソースのリングイーネ)13ユーロ、Chitarra del Trippaio(トリッパのキタッラ) 9ユーロ、Chiocciole al Fegatino Toscano(レバーソースのショートパスタ)10ユーロ、Ravioli di Lampredotto con Cipolla di Tropea(ランプレドットのラビオリ)12ユーロ、Tagliatella al ragu’ Bianco(トマトに入らないラグーソースのタリアータ)12ユーロ、Maccheroncelli al ragu’ di Caccia(マカロニ、ジビエ肉のラグーソース)13ユーロ、Maltagliati in carbonara di Mare(マルタリアーティの魚介のカルボナーラ)13ユーロ
Piatto Unico
一皿料理
Trippa alla fiorentina(フィレンツェ風トリッパ)9ユーロ、Lampredotto bollito(ランプレドットの煮込み)9ユーロ、Cartoccio del Trippaio(トリッパ紙包み焼き)12ユーロ、Coniglio alla cacciatore(ウサギ肉の猟師風煮込み)12ユーロ、Tagliata di pollo(薄切り鶏肉)10ユーロ、Ossobuco e Fagioli Toscanelli(オッソブーコと白いんげん豆)14ユーロ、Guancia di vitello con cipolline in Agrodolce(牛ほほ肉の甘辛煮)13ユーロ、Tagliata di Manzo(牛ステーキ薄切り)16ユーロ
Né carne Né Pesce
野菜料理
Insalata su cialda di Parmigiano(パルメザンチーズの皿に盛ったサラダ)8ユーロ、Tomino alla griglia e verdure griglia(ヤギのチーズと野菜のグリル焼き)9ユーロ、Zucca Gialla alla Parmigiana(かぼちゃのパルミザンチーズ風味)10ユーロ、Assaggi di formaggio con confettura(数種のチーズ、ジャムを添えて)10ユーロ、Verdure fritte(野菜のフリット)6ユーロ
Dolci
デザート
Torta al cioccolato(チョコレートケーキ)5ユーロ、Budino di castagne(栗の焼きプリン)、Sfogliatina di mela(リンゴのトルタ)5ユーロ、Crema catalana(クレーム・ブリュレ)5ユーロ、 Tris di dolci(ドルチェの3種盛り)5.5ユーロ、Cartuccini con vin santo(ヴィンサントとクッキー)5ユーロ
Bevande
ドリンク
Caffe’(カフェ)1.5ユーロ、Caffe’ corretto(グラッパ入りカフェ)1.8ユーロ、Cappuccino(カプチーノ)2ユーロ、The aromatizzati(ハーブティー) 2ユーロ、Grappa(グラッパ)2ユーロ、Grappa riserva(グラッパ・リゼルバ)5ユーロ、Amaro e Limoncello(アマーロとリモンチェッロ)3ユーロ

イル・マガッツィーノの基本情報

店名Osteria Tripperia Il magazzino(イル・マガッツィーノ)
おすすめ
住所Piazza della Passera, 2, 50125 フィレンツェ
行き方中心街からベッキオ橋を渡って右手。橋から徒歩3~4分程度
電話番号+39055215969
定休日無休
営業時間12:00-15:00, 19:30-23:00
座席数50席
予算1人20~40ユーロくらい(飲み物別)
その他クレジットカード利用可
サイトhttps://www.facebook.com/Osteria-Tripperia-Il-magazzino-88415125746/

レストラン利用者からのご感想

  • こちらで紹介されているラプレドットの屋台の美味しさに感動して、夫と「内臓系料理を堪能したい」という意見が一致して行きました。そしてこの「Il Magazzino」さんで堪能してきました。外のテーブルで食事したのですが、お店が面した小さな広場も静かでゆったりと食事ができました。(2011年4月)