サン・ジョヴァンニ洗礼堂について

フィレンツェ サン・ジョヴァンニ洗礼堂

ドゥオーモ正面にある八角形の洗礼堂で、屋根は尖塔型をしています。ドゥオーモと同じく美しい色大理石を用いており、1059年に建築が開始されました。偉大なる詩人ダンテもここで洗礼を受けています。

八角形には3つのブロンズの扉が出入り口となっていて、南の扉はアンドレア・ピサーノ(Andrea Pisano)の1330年の作品で、1336年にドゥオーモ正面のメイン扉となる東側に設置されましたが、1452年にギベルティ(Ghiberti)の天国の扉に取って代わりました。

東の扉はドゥオーモ正面のメイン入口となり、ミケランジェロが『天国の扉』と名付けたロレンツォ・ギベルティ(Lorenzo Ghiberti)の最高傑作(1425年)で、現在はその複製が設置されています。
北の扉は『十字架の扉』と呼ばれる、天国の扉と同じギベルティの作品です。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の基本情報

名称Battistero S. Giovanni(サン・ジョヴァンニ洗礼堂)
おすすめ
住所Piazza San Giovanni, 50122 フィレンツェ
行き方フィレンツェ大聖堂のすぐ目の前
電話番号+39 055 230 2885
休館日1/1、イースター(復活祭の日付確認はこちら)、9/8、12/25
開館時間月曜〜金曜 8:15-10:15 / 11:15-19:30
土曜日 8:15-19:30
日曜日 8:13-13:30
入館料€18
その他ドゥオモ共通券が必要(ドゥオモ共通券についてはこちら
サイト