マンジャフォーコ

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
とてもフレンドリーで居心地が良いお店です。一番左が店主のフランチェスコ、その隣が奥さんのエリーザさんです。みな笑顔でサービスしてくれるので毎日通いたくなります。地元の人に愛されているお店です。
味  
雰囲気
値段 
総合 
フィレンツェでイチオシのワインバーです。週に1回は通っています。ワインのセレクトが抜群で、上質のワインを選んで置いています。パスタなどの料理も楽しめますが、それ以上に生ハム、サラミ、チーズが素晴らしく、フィレンツェ市内でハム・チーズ類が最も充実しているバーだと思います。お酒好きの方にぜひ行ってみて欲しいお店です。ちょっと高級でも美味しいハムやチーズを買いたい場合も、このお店が一番のお勧めです。ワインのボトル販売はもちろん、2013年6月からチーズやハム類を真空パックで販売するようになりました。2021年からはトリュフ料理に力を入れています。最高に美味しいです。

予約に自信のない方は、アーモイタリアが予約手配を承ります。下記のページよりお申し込みください。「レストランの予約手配

【マンジャフォーコからのお知らせ】
  • 2018-2019年の年末年始は、12月25日のみ休業、12月31日、1月1日ともに営業。
  • 2018年12月31日のディナーはアラカルトメニューから選択できます。予約時間は19:00-22:00 / 22:00-24:00の2回転制。トリュフメニューとトスカーナメニューがあり、一人最低2皿の料理の注文が必須となります。
  • 2017-2018年の年末年始の営業状況
    12月25日のみ休業、12月31日も1月1日も営業して、アラカルト(メニューから選択)で注文できるとのことです。
  • 2015年12月31日の大晦日ディナー
    ・12月31日の特別メニューはこちら(PDF 172kb)
    ・アーモイタリアを見たと12月31日のディナーを予約すると今年のオリーブオイル(小瓶)もしくはチーズ用ジャムがプレゼントでもらえます。

会計から10%割引き!
本ページを印刷/スマホ提示すると10%割引(現金支払い時)してくれます。カード払いは5%オフです。セットメニューは対象外、その他のキャンペーンとの併用不可。

LO SCONTO SPECIALE ! Per chi mangia al mangiafoco, fanno lo sconto del 10% (contanti) o 5% con carta di credito. Gli mostrate questa pagina stampata.

地元フィレンツェ人に紹介してもらった

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
ベッキオ橋と大聖堂の中間にあって、とても立地が良く、気軽に観光途中に立ち寄れます。裏道にあって静かで、店前の通りは馬車が通るので、フィレンツェらしい雰囲気に包まれています。店内もおしゃれで、フィレンツェでもかなりキレイな居心地の良いお店です。

ここは穴場だった・・・。お店は数年前からあり、お店の前も何度も通ったことがあったけど、入り口がちょっとパブ風で、食べ歩き大好きの僕のアンテナも反応しなかった。
でも先日、フィレンツェの知り合いが「美味しいランチをごちそうしてあげる」と誘ってくれ、連れて行ってくれたのがこの「Mangiafoco(マンジャフォーコ)」。冷たいスプマンテとおつまみを一口食べた瞬間、僕のお気に入りバールの1つとなりました。

お店の中がとても可愛い!

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
古いワイナリーとモダンな雰囲気が合わさって、とても居心地が良いです。壁にはワインや食材の瓶詰めが並び、静かな音楽が流れて、ゆっくりと時間がすすみます。店舗の地下奥には個室もあって、友達や家族で食事したら楽しい時間が過ごせるでしょう。床は14世紀のオリジナル石畳です。

外観とは違い、お店のなかは地下に階段があって想像以上に広いです。14世紀はカンティーナだったというお店は、蟻の巣のように個室が繋がっていて、友達や家族と楽しく食事できそうな造り。2001年にオープンした小さなバールで、小さな木製テーブルと椅子が並んでいて、日本人が好きになる雰囲気です。僕の彼女もすぐさま「友達を連れてくる!」と興奮していました。それほど可愛い造りのお店です。

お店は家族経営、ご夫婦が働いています

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
店内には食材コーナーもあって、珍しいチーズやサラミも並んでいます。購入も可能です。どの品も品質が良く、フィレンツェのレストランでもここまで上質なものを揃えている店は少ないです。

お店はイタリア人のフランチェスコ(Francesco)とエリーザ(Elisa)ご夫婦が切り盛りしています。フランチェスコ氏が全国から美味しいワイン、チーズ、ハム類を仕入れています。そしてトスカーノ料理を作っているのが弟のルカ(Luca)君です。サービスの人も皆若くて元気で笑顔!地元の紳士淑女もワインとおしゃべりをしに通います。彼らの優しさがそのままお店の雰囲気になっていて、もちろん全員英語OK。安心してお店のドアをくぐりましょう。

ワインのセレクトが素晴らしい!

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
ワインのセレクトは素晴らしく、ワイン好きな方も、ワインに詳しくない方も大満足できるでしょう。店員さんにおまかせすれば、手頃でおすすめのワインを出してくれます。2013年6月、オリジナルワインもできたそうです。白、ロゼ、赤。それぞれ12ユーロ、14ユーロ、14ユーロ。パッケージも可愛いです。

僕はランチか夕食前のアペリティーボの時間に通っています。まずはプロセッコなどの炭酸発泡酒を注文、これが本当に美味しい!口の中で弾ける泡はきめが細かく、疲れた体をリフレッシュしてくれます。その後は夏なら冷えた白ワイン、しっかり飲みたい時は赤ワインをオーダーします。ワインのセレクトはフランチェスコ氏に任せていますが、毎回感動するような美味しいワインを出してくれます。次ぎに行く時にはまた別のお勧めを出してくれるので、何度通っても飽きません。お店ではワインのボトル売りもしているので、お土産目当てに試飲に行くと良いと思います。

トスカーナのハム類が充実!

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
これが店の一押しメニュー「ハムチーズの盛り合わせ(Tagliere mangiafoco)」です。種類の異なるチーズが盛られていてどれも美味しいです。ワインジャムを付けて召し上がってください。

このお店はワインの他に、ハム、チーズがとても充実しています。フィレンツェにはおつまみを食べられるワインバーが何軒もありますが、ハム・チーズの充実度はトップクラスだと思います。中央市場で売っているハムは安いですが質は並程度ですが、ここには比較にならないほどの美味しいハムが揃っています。例えばチンタセネーゼと一緒にグリージョ豚の生ハムも食べ比べできますよ。僕も家で友達を呼ぶ時などは、このマンジャフォーコで生ハムやサラミを分けてもらっています。

お勧めはフィノッキオーナ、真空パックもしてくれます

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
最近はトリュフ専門店もオープンして、トリュフ料理が充実しています。香りが高く、美味しい白ワインと一緒に、最高のランチやディナーになりますよ。

生ハムはもちろん美味しいのですが、個人的に好きなのは「フィノッキオーナ(Finocchiona)」です。これはフィレンツェ地方のサラミで、豚の脂身と香草のフェンネルが入っていて、とろけるようになめらかなサラミです。皆さんもぜひこのフィノッキオーナと赤ワインを一緒に味わってみてください。

2013年6月から真空パックでハム、チーズを販売するようになりました。ハム、チーズともに20ユーロ分のパックになっているので買いやすいです。長期保存できるので便利です。

チーズとハムの盛り合わせがイチオシです!

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
ブログにも書いたプーリア州の知られざる名チーズ「ブッラータ」。モッツァレラのようで、中は濃厚なクリーム状。グルメの方は一度お試しあれ、感動しますよ。マンジャフォーコでは週に2回現地から仕入れているそうです。

お店で料理を食べるなら「Tagliere Mangiafoco」が一番のお勧めです。これはチーズやサラミ、生ハムの盛り合わせでとてもゴージャズ。チーズにはワインのジャムや蜂蜜も添えられてきて、様々な味を楽しめます。量も十分多いのでパンと一緒に食べれば、少食の日本人には十分にランチ代わりになります。値段は小16ユーロ、中26ユーロ、大40ユーロと一見値段が高く感じますが、食べたら妥当だと納得できますよ。

日替わりのランチもあります

Firenze Mangiafoco Osteria Tartuferia
これもおすすめの一品、牛肉のタルタル。フィレンツェのあるトスカーナ州は牛肉の名産として知られていて、そのなめらかな肉質の生肉と、トリュフの組み合わせは最高です!

食事メニューも充実しています。パスタはアルデンテでソースの味がバッチリ効いていて美味しく、メイン料理も毎日、その日の美味しい食材を使っているので、目移りしてしまいます。きっとどの料理を注文しても満足することでしょう。

マンジャフォーコは公式サイトが充実しています。料理メニュー、ワインメニュー、予約フォームなども揃っています。訪問前に確認してみてください。https://www.mangiafoco.com/

スタッフ

美味しい食事に目のない、グルメの方におすすめします。 

このマンジャフォーコはワイン好き、チーズ好き、ハム好きにはたまらないお店です。そして最近ではトリュフの専門店もオープンして、トリュフ料理に力を入れています。トリュフの品質は一級で、トリュフのパスタなどは他では食べられないクオリティです。味・雰囲気・サービスのバランスが良く、ちょっと高級ですが、間違いなく満足いく店です。フィレンツェでの食事の記念になる一店です。 

イタリア在住:堂 剛 スタッフ一覧

メニュー(2021年)

Copertoテーブルチャージ:1ユーロ
ANTIPASTI AL TARTUFO
トリュフの前菜
Il Tagliere Tartufino(トリュフ入り熟成サラミ、生ハム、黒トリュフ入りペコリーノチーズ+アカシアのはちみつトリュフ入り、トリュフ入り温かいパン)20ユーロ、L’uovo al tartufo(トリュフの卵料理)20ユーロ、Crostone con burrata di Putignano e scaglie di tartufo(焼いたパンとブッラータチーズのトリュフ削りがけ)20ユーロ、Burrata di Putignano su insatatina di campo e scaglie di tartufo con croccantella fatta in casa(ブッラータとサラダ、トリュフ削りがけ)20ユーロ
PRIMI PIATTI AL TARTUFO
トリュフのパスタ
Tagliolini di pasta fresca con scaglie di tartufo fresco(手打ち麺タリオリーニのトリュフがけ)24ユーロ、Ravioli di Burrata con con scaglie di tartufo fresco(ブッラータのラビオリのトリュフがけ)27ユーロ、Tortellini ripieni di mortadella con scaglie di tartufo(ハムの入ったトルテッリーニのトリュフがけ)27ユーロ、Pici cacio e pepe con scaglie di tartufo fresco(チーズとコショウのパスタ、トリュフがけ)24ユーロ
SECONDI PIATTI
トリュフのメイン料理
Tagliata di Coscia disossata di Pollo nostrale con crema di burro al tartufo e tartufo fresco a scaglie(鶏肉のタリアータ、トリュフバターとトリュフがけ)26ユーロ、Tartara di manzo con burratina di Putignano e scaglie di tartufo fresco(牛肉のタルタル+小型ブッラータ、トリュフがけ)24ユーロ、Tagliata di Controfiletto di scottona (250 gr) con pecorino di grotta e scaglie di tartufo fresco(サーロインのタリアータ、チーズとトリュフがけ)24ユーロ、Cubo di filetto di Chianina alla griglia con patate arrosto e tartufo fresco(キアーナ牛のフィレ肉のトリュフがけ+ポテトのオーブン焼き添え)34ユーロ
PRIMI PIATTI
パスタ料理
Spaghetti senatore cappelli alla pomarola toscana con crema di burrata di Putignano(トマトのスパゲッティ、ブッラータのクリーム添え)13ユーロ、Pici cacio e pepe(チーズとコショウのパスタ)14ユーロ、Ravioli di burrata alla pomarola toscana e olio al basilico(ブッラータのラビオリ、トマトソース)14ユーロ、Spaghetti ai carciofi freschi nostrali(アーティチョークのスパゲッティ)14ユーロ、Fagottini cacio e pere con crema di burro e noci(チーズとコショウのファゴッティーニ)14ユーロ、Paccheri al ragù toscano(ショートパスタ・ラグーソース)14ユーロ
LE TARTARE
 タルタル
Tartara di Manzo scon capperi e acciughe del Cantabrico(牛肉のタルタル、ケッパーとアンチョビ添え)16ユーロ、Tartara di Manzo su insalatina di campo con burrata di Putignano e guanciale croccante(牛肉のタルタル+サラダ+ブッラータ)16ユーロ、Tartara di Manzo su insalata di carciofi freschi e uovo biologico(牛肉のタルタル+サラダ+アンティチョーク)17ユーロ
LA CARNE
肉料理
Bistecca alla Fiorentina di Scottona(フィレンツェ名物Tボーンステーキ)1キロ55ユーロ、Cubo di Filetto di alla griglia 200 gr(フィレ肉)25ユーロ、Tagliata di controfiletto di Scottona 250 gr(サーロインステーキ)20ユーロ、Tagliata di coscia disossata di pollo nostrale(鶏肉のタリアータ)15ユーロ
CONTORNI DI STAGIONE
季節の付け合せ野菜
Patate arrosto al rosmarino(ポテトのオーブン焼き、ロズマリーノ風味)5ユーロ、Carciofi nostrali spadellati(アーティチョーク)7ユーロ、Verdure di stagione al forno(季節野菜のオーブン焼き)6ユーロ、Insalata mista di campo(ミックスサラダ)5ユーロ
Dolci
ドルチェ
Cheese Cake(チーズケーキ)7ユーロ、Tiramisu’ Classico fatto in casacon(ティラミス)7ユーロ、Souffle’ di cioccolato caldo ripieno di frutti rossi(チョコレートのスフレ)7ユーロ、Cantuccini artigianali(カントゥッチ・ビスケット)8ユーロ

マンジャフォーコ・オステリア・タルトゥフェリアの基本情報

店名Mangiafoco Osteria Tartuferia(マンジャフォーコ・オステリア・タルトゥフェリア)
おすすめ
住所Borgo Santi Apostoli, 24/26/28 R, 50123 フィレンツェ
行き方ドゥオモからヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)に向かうメイン通り(Por Santa Maria通り)のヴェッキオ橋手前にあるサンティ・アポストリ通り(Borgo ss. Apostoli)を右に曲がって数メートル、右側です。
電話番号+390552658170
定休日水曜日
営業時間12:00-22:00
座席数50席
予算1人20~50ユーロくらい(飲み物別)
その他クレジットカード利用可
サイトhttps://www.mangiafoco.com/

レストラン利用者からのご感想

  • 二人で赤ワインのテイスティングをしました。それぞれ違うものにしたので、6種類味わうことが出来ました。お土産に1本購入しました。ハムとチーズは色々味わえて楽しかったです。日中たくさん歩いた後、夕食の店が予約されている安心感、実感しました。本当にありがとうございました。(2018年9月)
  • Firenzeは日帰りだったのですが、ご紹介のあったMangiafocoで白トリュフとクリームのタリオリーニと生ハムの盛り合わせを頂きました。こんなに美味しいパスタは初めて!と思うくらいに感激し、この日は結局娘と意見が一致して、昼食も夕食もこちらで頂きました。生ハムの盛り合わせに添えられていた白ワインのゼリーが美味しくて、こちらは瓶詰を購入しました。お店の方が「貴女にならお安くするわ」と言ってくれて付いていた値札より安く売って下さいました。また、ローマの方はホテルに近いAntica Bohemeに行きました。ウェイターのサービスがとてもスマートで、ユーモアもあり、とても居心地が良かったです。貴重な情報のおかげで楽しい旅行ができました。ありがとうございました。(2015年12月)
  • フィレンツェは何度も訪れ、美味しいアルマンドにも足運んでいますが、Mangiafocoのパスタに私は感動しました。滞在中3日間ともランチはMangiafocoさんに伺いパスタ三昧。最後はシェフのルカさんにも挨拶させていただきました。新しいお気に入りのお店ができて嬉しいです。ありがとうございました。(2012年8月)
  • 1月5日にツアー旅行でFirenzeを訪れた際、Mangiafocoで食事をしました。アーモイタリアのHPをプリントアウトしていき、写真を指で指したり、カタコトの英語で、サラミの盛り合わせ、ブッラータ、パスタ、ハウスワインの白をグラスで注文しました。パスタの中に何か(おいもかな?)包まれていて、びっくりしました。妹と二人で食事したのですが、2人でシェアしてちょうどよかったです。お料理もワインもとてもおいしく大満足でした。でも、ハウスワインのラベルの写真を撮影しそびれてしまい、ちょっと後悔しています・・・スタッフの方も親切で、時々”おいしい?”と日本語で話しかけてくれたりと、とても楽しい時間を過ごすことができました。紹介していただきありがとうございました。(2012年1月)
  • 先日フィレンツェを妹と訪れ、アーモイタリアでご紹介なさっているMangiafocoで食事をしました。ワインも食事もどれも本当においしくて、またお店の方々もとても親切で、今回の旅の食事の中で一番の思い出となりました。 マッシミリアーノさんが接客してくださったのですが、割引もしてくださったり、日本語を交えていろいろとお話ししてくださったり本当に心づくしでした。 また行く機会があればな、と思います。(2010年4月)
  • お勧めレストランのなかの Mangiafocoに行きました。入り口近くの小さなテーブルに座って、人通りを眺めながらのランチでしたが、フレンドリーな店員さんの接客、ワインのセレクション、お料理の味とプレゼンテーション、どれをとっても素晴らしかった。間違いなく再訪時にはリピーターになります。当日、クリスティーナという英語の上手な店員さんがいて、ワインのセレクションやお料理のお勧めが大変手際がよろしく、好感度大でした。
    暑い日だったので先ずはスプマンテを頼みましたが、キリキリとよく冷えて、とてもいい味でした。そのあと、トスカーナの白をなにかと頼んだら、サンジミアーノ産の一品を出してくれましたがこれも素晴らしく美味しい。最後に白のお代わりを頼んだら、白はトスカーナよりも北に美味しいのが多いからといって北イタリアの一品を出してくれましたが、バランスがよく最高のお味でした。全てグラス単位の注文で、彼女にお任せでお願いしたものばかりですが、まったくはずれなし、小生大いに感激しました
    お料理も彼女のお勧めでキノコのタリアテーレと牛肉のカルパッチョをいただきましたが、どれもとても美味しい。尾田さんお勧めのプーリア産チーズのブッラータもいただきましたが、これはたしかに逸品でした。(間違いなくリピーターメニューですね)
    旅行中で生野菜が足りないので添えてくれませんかとお願いしたら、みずみずしいトマトとキューリをブッラータに添えてだしてくれましたが、特筆すべきは、ここのシェフは盛り付けが丁寧で見た目もたいへんきれい、日本人に感性がとても合うと思いました。
    これだけいただいて、50ユーロ。iPadでアーモイタリアさんのサイトを見せたら10%値引きもしてくれました。クリスティーナさんから「ネットに書いてね」と頼まれたのですが、ブログとかやっていないのでアーモイタリアさんで更にお勧めしてあげていただけるとありがたく。このお店を紹介していただいた尾田さんに感謝いたします。(2011年9月)