アンティーコ・ノエ

Firenze Osteria Antico Noe
フィレンツェの老舗レストラン「Antico Noe」。店内はフィレンツェ伝統のトラットリア風の内装で、古めかしい木のテーブルと椅子、紙のテーブルクロス、ごく普通のグラスがこの雰囲気にぴったりです。狭いながらも落ち着いて食事ができます。
味  
雰囲気
値段 
総合 
フィレンツェ中心街に位置する老舗レストラン。メニューはフィレンツェ伝統料理が中心で、素材の味を活かした料理が高評価です。特にビステッカは一級品です。店内は木の造りで落ち着いていて、地元の人に愛され続けている雰囲気の店構え。価格は普通かちょっと高めですが、楽しい時間が過ごせるでしょう。フィレンツェで地元伝統料理を楽しく、美味しく食べたい人に向いています。旅行者も地元の人も楽しめるお店です。

予約に自信のない方は、アーモイタリアが予約手配を承ります。下記のページよりお申し込みください。「レストランの予約手配
アーモイタリアでフィレンツェのHotel Executiveを予約された方は「無料」で手配いたします。

アーモイタリアだけ。10%割引き!
このページを印刷/スマホ画面をお店に提示すると、店舗で食事時に現金払いにて10%割引が受けられます。店主さん忘れていることあるので、しっかりこの印刷を見せましょう!

LO SCONTO SPECIALE AMOITALIA Per chi mangia al "Antica NOE'", fanno lo sconto del 10%.

店舗前は薄暗く、入りづらい雰囲気ですが、安心してください

Firenze Osteria Antico Noe
お店のあるトンネルはちょっと薄暗いですが最近綺麗になりました。店内は狭いので予約をした方が良いです。ランチの時間に食事して、気に入ったらそのまま夜も予約というのも良いでしょう。真ん中が店主、左端が女性店員さん。どちらもとても気さくで感じ良いです。彼らの笑顔が食事を何倍も美味しくしてくれます。

サンタ・クローチェ近くにある、アーケード内のちょっと薄暗い場所にあるオステリア「アンティーコ・ノエ」。フィレンツェの老舗レストランで、地元の人にはかなり有名なレストランです。ただ、いかんせん立地が悪い・・・。町の中心街にあるにも関わらず、店が位置するアーケード内は薄暗いうえに、少々汚い。散策ついでに下見をしてみましょう、ついでに予約もね。ランチタイムは薄暗くないですが、アメリカ人で賑わっていると敬遠しがち・・・。

老舗レストランはメニューが魅力的

Firenze Osteria Antico Noe
これが絶品と評判のフィレンツェ風Tボーンステーキ(Bistecca alla fiorentina)1.2キロからオーダーでき、キロ50ユーロです。3人なら余裕で完食できます。

マイナスポイントを書きましたが、メニューは読んでいるだけで食欲が倍増するようなオリジナリティある料理であふれています。しかも地元でしか食べられないフィレンツェの伝統料理が並び、旬の素材を上手く使っています。店内は店外の薄暗さとは打って変わって、とても雰囲気が良いトラットリア風。木製のテーブルと椅子が並び、いかにもイタリアの小さなレストランで食事しているという感じです。この雰囲気で美味しい料理が手軽な値段で食べれるんだから行く価値はあります。

味は地元フィレンツェっ子のお墨付きです

Firenze Osteria Antico Noe
毎年秋になったらNOEのポルチーニを食べにきます。友達と来たときは豪華にビステッカのポルチーニ添えをオーダー。これ一見小さく見えますが、顔よりも巨大です。ステーキが1.5キロ、その上を覆うのがポルチーニ茸。茸がジューシーでここ1年で最も美味しい料理でした。お値段はそこそこしますが、超おすすめ。

味は地元のフィオレンティーニ(フィレンツェの住人)も認める美味しさ。値段も物価の高いフィレンツェにおいて手頃感があります。2人以上で来店したらぜひアンティパスタも試してください。アンティパスタの盛り合わせは地元フィレンツェでしか食べられない食材で山盛りで、新鮮な素材がとても美味しいです。アンティパストとプリーモ(パスタ料理)でお腹いっぱいになるでしょう。

ここのビステッカはフィレンツェ一番です

Firenze Osteria Antico Noe
ゴルゴンゾーラとチコリのニョッキ(Gnocchi di radicchio e gorgonzola)。手打ちニョッキは日本で食べるよりもとても軽く、モチモチした食感が抜群です。ちょっと苦めのソースで大人の味。これまたお勧め。普通にフレッシュミニトマトのスパゲッティなども美味しいです。

フィレンツェ風Tボーンステーキを食べたい時は、他の店に目をくれず、ここ「ノエ」に通っています。それほどここのステーキは美味しいです。
おおよそ1枚は1.2キロくらいあります。100グラム5ユーロなので、1枚60ユーロくらいになる計算。3名でお腹いっぱいになります。(冒頭でも書いておりますが、料金上がってきてますので注意が必要です)

ステーキを注文する場合の目安は、2名なら前菜1皿(もしくはパスタ1皿追加)とビステッカ。3名なら前菜1皿、パスタ2皿、ビステッカ。4名なら前菜1品、パスタ2皿、ビステッカ、さらにもう一皿くらい行けますよ。堅苦しい店でないので自由にシェアしましょう!

食べる時はオリーブオイルと塩も一緒に持ってきてもらいましょう。地元のオイルをソース代わりに回しかけ、そして塩をかけると、何倍も美味しくなるから不思議です。好きな人はそこにコショウを少し、最高です!

ステーキはレアで食べるのが一番。肉の焼き加減はイタリア語で以下のように言います。もちろんレア(アルサングエ)がおすすめですよ。
Al sangue(アルサングエ=レア)、media(メディア=ミディアム)、Ben cotta(ベンコッタ=よく焼いた)

予約をした方が安心です。場所の下見も忘れずにね

Firenze Osteria Antico Noe
日本ではあまり目にすることのない、ズッキーニのカルパッチョ。これも野菜が新鮮だからこその一品です。とても美味しいですよ。

あとここのお店は、食前に出てくるパン(フォカッチャ)が焼きたてで、すごく美味しい!!しかもお店の人がとても愛想がよく、仲良く話すとこの絶品のフォカッチャを何度も持ってきてくれます。地元ワインとの相性も最高ですよ!
予算は2人で、アンティパスタ、プリモピアット、ワインでお腹いっぱいになって60ユーロ程度と、フィレンツェでは充分安いです。ステーキを頼むともう少し高くなります。友達と楽しく食事、恋人としっとりと食事、どちらにも向いていますよ。

2014年、今回食べたディナー料金・会計の目安(男1名、女2名、合計97ユーロ)

Firenze Osteria Antico Noe
定番の生ハムとメロン。ハムの塩気とメロンの甘みが絶妙です。
  • テーブルチャージ:1名2ユーロx3
  • ハウスワイン白ボトル:15ユーロ
  • ミネラルウォーター1L:2ユーロ
  • 前菜(アーティチョークのカルパッチョ):12ユーロ
  • パスタ(ゴルゴンゾーラとチコリのニョッキ):10ユーロ
  • フィレンツェ風ビーフステーキ:50ユーロ
  • カフェ:2ユーロx2
スタッフ

フィレンツェでトップクラスのステーキです 

NOE'のフィレンツェ風ステーキはフィレンツェでもトップクラスだと思います。中心街にあるので旅行者でも行きやすいのもおすすめポイントです。最低でも1.2キロくらいからで、3名で前菜、パスタ、ステーキをシェアできるでしょう。ステーキは値段は少々高めですが、肉質は間違いないです。最近ではステーキを食べたいときはこの「Antico NOE'」か「La Gratella」の2択で訪問しています。どちらも中心地で食べに行きやすいです。  

イタリア在住:堂 剛 スタッフ一覧

メニュー(2016年)

Copertoサービス料(席料、パン代込み)2ユーロ
Antipasti
前菜
Bruschetta al pomodoro(トマトのブルスケッタ)5ユーロ、Prosciutto e melone(生ハムとメロン)10ユーロ、Crostini toscani(トスカーナ風クロスティーニ)7ユーロ、Carpaccio di porcini(ポルチーニ茸のカルパッチョ)15ユーロ、Cappella di porcino grigliata con prosciutto(ポルチーニ茸のグリル焼き、ハム添え)20ユーロ、Caprese con mozzarella di Bufala(水牛モッツァレッラとトマトのカプレーゼ)10ユーロ、Antipasto toscano(トスカーナ風前菜)10ユーロ、Uova al tegame con tartufo(トリュフの目玉焼き)15ユーロ、Prosciutto mozzarella pomodoro(生ハム、モッツァレッラ、トマト)10ユーロ、Prosciutto mozzarella e tartufo(生ハム、モッツァレラ、トリュフ)15ユーロ、Carpaccio di carciofi(アーティチョークのカルパッチョ)12ユーロ、Carciofi grigliati con pecorino(カルチョーフィのグリル焼き、ペコリーノチーズ添え)15ユーロ、Tortino di carciofi(アーティチョークのタルト)10ユーロ
Primi Piatti
プリモ・ピアット
Spaghetti al pomodoro aglio e basilico(トマトのスパゲッティ、にんにくとバジル入り)10ユーロ、Spaghetti cacio e pepe(チーズとコショウのスパゲッティ)10ユーロ、Tagliatelle al tartufo(トリュフのタリアテッレ)20ユーロ、Tortelli di patata all’anatra(ジャガイモの入ったトルテッリ、鴨肉風味)10ユーロ、Tagliatelle con porcini(ポルチーニ茸のタリアテッレ)15ユーロ、Tortelli di patate ai fiori di zucca(ジャガイモの入ったトルテッリ、ズッキーニの花)10ユーロ、Gnocchi pomodoro e mozzarella(トマトとモッツァレッラのニョッキ)10ユーロ、Rigatone alla Noe’(ノエ風リガトーネ)10ユーロ、Tagliatelle al ragu’ e porcini(ミートソースとポルチーニ茸のタリアテッレ)10ユーロ、Spaghetti con carciofo crudo(生アーティチョークのスパゲッティ)10ユーロ、Tagliatelle alla carbonara di carciofi(アーティチョーク入りカルボナーラ)12ユーロ
Secondi Piatti
メイン料理
Trippa alla fiorrentina(フィレンツェ風トリッパ)12ユーロ、Braciola fritta alla Noe’(ノエ風牛肉ロールのフライ)15ユーロ、Braciola fritta all’acciugata(牛肉ロールのフライ、アンチョビ風味)15ユーロ、Tagliata rucola e pomodori(牛肉のタリアータ、ルッコラとトマト)22ユーロ、Filetto all’aceto balsamico(牛フィレのバルサミコソース)22ユーロ、Filetto all’Alpina(アルプス風牛フィレ肉)25ユーロ、Filetto con carciofi grigliati(牛フィレ肉とアーティチョークのグリル焼き)25ユーロ、Bistecca alla fiorentina(フィレンツェ風ステーキ)100グラム5ユーロ
Contorni
付け合わせ野菜
Insalata mista(ミックスサラダ)7ユーロ、Piselli(グリーンピース)7ユーロ、Fagioli cannellini all’olio(白いんげん豆)7ユーロ、Porcini fritti(ポルチーニ茸のフライ)15ユーロ、Fiori di zucca fritti(ズッキーニの花のフライ)10ユーロ、Carciofi grigliati(アーティチョークのグリル焼き)10ユーロ、Carciofi fritti(アーティチョークのフライ)10ユーロ
Vini
ワイン
ハウスワイン 10ユーロ程度から

オステリア・アンティーコ・ノエの基本情報

店名Osteria Antico Noè(オステリア・アンティーコ・ノエ)
おすすめ
住所Volta di S. Piero, 6/R, 50100 フィレンツェ
行き方Borgo degli AlbisiとVia dell'Oriuoloが交差するPiazza G. Salveminiの近くです。フィレンツェの中心、レプッブリカ広場から続く可愛いお店がならんでいるBORGO DEGLI ALBIZIをウィンドウショッピングしながら東に向かうと左側にお店があります。アーケード(トンネル)内にあるので行き過ぎないように。
電話番号+390552340838
定休日なし
営業時間12:30-15:00, 19:00-22:30
座席数50席
予算1人20~50ユーロくらい(飲み物別)
その他クレジットカード利用可
サイトhttps://anticonoe.it/

レストラン利用者からのご感想

  • お昼12時に入りました。ちょうど開店時間だったようで席はガラガラで、予約なしでもすぐに席を用意してくれました。ただしその30分後には満席になっていました。ここのお肉は絶品でした。久しぶりに美味しいお肉を頂きました(もしかしたら過去にないかも!?) また、2才の娘用にフォカッチャが追加でサービス、ワインも2人で1本あけても悪酔いせず、ニョッキも手打ち?すごくおいしかったです。そら豆&チーズのお皿も最高。大満足のランチでした。(2010年4月)
  • ニョッキと手打ちパスタは最高に美味しいです。フィレンツェに留学中の友達によるとパニーノ(3.60ユーロ)がボリュームがあって美味しくて、このお店の名物だそうです。ランチに他の観光客や若者が食べていてとても美味しそうでしたよ。(2007年6月)