国際家具インテリア見本市ミラノサローネをレポート

ミラノ・サローネ

「ミラノ・サローネ」とはミラノでは「ミラノ・コレクション」と同じぐらい有名な年に一度の大きな国際的イベントです。サローネというのは元々イタ リア語で展示会という意味。ミラノでサローネといえば家具インテリアの国際展示会のこと。ミラノにて1961年から開始され現在世界一の規模を誇る大きな 家具市であり、世界中から千何百という企業が参加しています。地元イタリアの企業が多いですが北欧やアジア、アメリカなどといった世界各地の家具メーカー が集う、まさに最先端のデザイン、インテリアの発表会とも言えるでしょう。毎年4月に行われるこのサローネ、今年2008年は16日から21日まで開催さ れました。年々規模が拡大し、今年は世界中から34万8千人がこのイベントに訪れました。

家具やインテリアということにあまり詳しくない僕ですが、このサローネの取材に行ってきました。というのもこのサローネにやってくる人のほとんどが 関係者で、いわゆる専門的な人たちばかりだからです。事前に日本語の公式ページをインターネットで調べましたが、一般の入場は20日のみと書かれていまし た。もしかしたら僕は入場できないんじゃないかと思って心配しましたが、一応会場に向かいました。

会場はミラノの地下鉄赤線(linea M1)の西側最終駅RHO FIERA(ロ・フィエラ)という場所です。ミラノの赤線(linea M1)は中心地ドゥオーモから乗る場合RHO駅行きと、BISCEGLI駅E行きの電車が交互にやってきます。間違って違う電車に乗らないように気をつけてください。
ミラノ中央駅(Centrale FS)から行く場合は、まず地下鉄緑線(linea M2)に乗ってCadorna(カドルナ)で地下鉄赤線(linea M1)に乗り換えて、最終駅RHO FIERA(ロ・フィエラ)に行きます。
ミラノ地下鉄の路線図はミラノ地下鉄サイトで確認できます。www.msrmilano.com

地下鉄に乗るとそこにはすでにいつもと違う空気が流れていました。サローネのパンフレットを持った、北欧の人々や日本人、そして耳を澄ませると英語 も聞こえてきました。やっぱり「サローネ」というのは国際的なイベントなんだなと実感しました。この時期ミラノ全体が観光客で溢れかえり、どこのホテルも 予約でいっぱい。普段はそれほど込むことのないミラノの地下鉄ですが、RHO駅に着くころには朝の東京のラッシュのようでした。このサローネの時期にはミ ラノの街中全体でライブや、個展、いろんなイベントが行われ町中がお祭り騒ぎのようになります。一般的にはRHOで行われる家具展をサローネ・デル・モー ビリ(Salone del Mobile)、そして街中のイベントなどをフォーリ・サローネ(Fuori Salone)と呼びます。

RHO駅を降りるとサローネの会場までは空港内のように平面エスカレーターが続いています。ミラノサローネは規模の拡大に伴い、2年前からここ RHOに場所が移りました。この会場は車の展示会や各種商業的なイベントが行われるミラノでも新しい施設です。イタリア人建築家マッシミリアーノ・フクサ スが設計し、美しい現代建築としても有名で、現在2015年のミラノエキスポに向けて近辺にはホテルなどが新たに建築されています。

サローネ会場に到着するとチケット売り場に向かいました。Reception 1-3という場所にて購入できます。チケットを買う時に名前や住所、職業などを記入しなくてはいけないのですが、受付の人が親切に教えてくれました。僕は 関係者ではないのですが、チケットが買えたのでどうやら入場できるみたいで一安心。一般入場は20日のみと書いてあったのですが、どうやら誰でも入れるみ たいです。最近イタリアではインフレの影響が強く、観光地など年々値段があがっているような気がします。サローネの値段も上がっていて1日券20ユーロ、 3日券40ユーロ、6日券が52ユーロでした。毎年値段が変わるのでその都度チェックしてください。会場内にはレストランや専門書の販売コーナー、イン フォメーションセンターなどが設置されています。

この会場はとても大きく全体を一日ですべて見ることはほとんど無理と言っていいでしょう。すべての展示を見て歩くには14キロ以上歩かなくてはいけ ないと言われています。24つからなる建物ごとに各テーマが決まっていてクラシック家具、デザイン家具、モダン家具、キッチン、トイレ、バス、オフィスな どの建物にそれぞれ別れています。建物内はまるで京都の街の碁盤の目のように各ブースが並んでいます。

サローネは国際家具見本市であると同時に世界の中における新作のインテリアデザイン発表の場とも言えます。そこでは今までにある日常の価値観をインテリアや家具という演出によって変えてしまうという新たな日常性への追及を感じ取ることができました。インテリアや家具などの専門的知識などがなくても十分に楽しめるイベントだと思います。


各企業ともディスプレイ、人員にはそれぞれの個性を打ち出しています。それもそのはず、聞いたところによるとこのサローネで年間売り上げの7,8割 のお客さんを獲得すると言われています。莫大な資本と最先端のデザインを投資し合う、まさに国際家具メーカーの戦争みたいなもの?でしょうか。ディスプレ イに留まらず、VIPのために特別席などを用意しているところもありシャンパンを飲みながら商談などが行われていました。

このサローネ会場では関係者以外すべて撮影禁止と言われています。公式ホームページにも書いてありますし、僕の地元の友人がサローネで「カメラ撮っ てはいけません!」というためだけのバイトをすると聞いていたのでこれはいよいよ撮影できないのかなと思っていました。しかし実際に会場に行ってみるとほ とんどの人がカメラを手にし、撮影をしていました。その辺はどうなんでしょう?僕の友人のバイト中の後姿を撮りました。しっかりと「NO PHOTO]と書かれていますが、友人も写真を撮る人が多すぎるのでしょうがないと言っていました。と、いうことで僕も写真を撮ってきたわけです が、、、、、、。

「クラシック家具」のブースでは伝統的なヨーロッパ家具が展示されています。会場内もモノトーンの落ち着いた雰囲気になっていて、ヨーロッパ貴族の家のなかのようなイメージです。ここでは絵画なども少し展示され、ヨーロッパならではの優雅な暮らしを連想させます。
 「モダン家具・デザイン家具」のブースはこのサローネの中でも一番規模が大きく、最先端デザインの家具が次々と並び、照明や、音楽などの演出よって新し い生活空間を提案しています。さすがに世界最先端というだけあってその工夫にはびっくりします。水の中に浮かぶベッド、IPODをイメージしたような未来 的なベッド、夢の中のような幻想的なベッドなど、まさに現代アート作品と呼んでもいいような数々の家具が並んでいます。

このサローネには各ブースごとに美しいイタリア美人がいます。美しい人と生活するというイメージをいかに演出するか、ということがインパクトに繋が り、宣伝効果になるのかもしれません。イタリア人は他の国の人と比べてキッチンにて過ごす時間がとても長いと言われています。そのためなのか「キッチン」 のブースには特に美しいコンパニオンの美女が揃っていたような気がします。イタリアを代表するような美女と美しいインテリアに囲まれていると、なんだか僕 の現実感がどんどん遠のいてゆくような気がしました。
 「バス・トイレ」のブースではイタリア美女が水着で実際にシャワーを浴びているというパフォーマンスを見ることができました。その写真はありません、、、、あくまでも撮影禁止なので。
 「オフィス」は会社の中をイメージし、シンプルな展示でしたが、あまり人はいなくてさっぱりとしていました。全体的には機能的な社内、洗練されたオフィス環境、というようなコンセプトが感じられました。

今回シンガポール出身のデザイナーNathan Yongさんに偶然にも取材することができました。僕が見て回った中でサローネに参加しているアジアの企業は全体でも5%以下でしょうか?ヨーロッパで 「ZEN」ブームとは言われていますが、残念ながらその認知度はまだまだ低いようです。日本からは「山形公房」という企業が参加していました。日本の伝統 「折り紙」をテーマにした斬新な椅子が印象的でした。

それでは、Nathan Yonさん への取材です。


僕「はじめにプロフィールをお聞きしてもいいですか?」
Nathan「シンガポール出身、37歳です。シンガポールに3件、インドネシアに1件店を持っています」
僕「サローネの参加は何度めですか?」
Nathan「今回がはじめてです。サローネに出るということは世界の舞台に立つということでもあり、我々にとっても大きなチャンスです。いろいろな家具 のデザインをしていますが、ヨーロッパで発表する家具のほとんどは木を材質のテーマにしています。まだヨーロッパには浸透していないアジアの家具が語る美 しさを伝えたいと思っています」
僕「作品のコンセプトなどがありましたら教えていただけますか?」
Nathan「私の場合あまり斬新とか奇抜なデザインの家具を作りません。アジアの持つ歴史的な家具の伝統にのっとり、できるだけ素材の良さを生かしたデ ザインを心がけています。自然の木の形を出来るだけ生かし、人々と自然が共に暮らすという素晴らしさがこれからも世界に広がってゆけばいいと思っていま す」
僕「サローネでの反応はどうでしょうか?」
Nathan「かなり良い反応です。来年はもっとブースを大きくして、多くの作品を展示したいと思っています」

Nathan Yonさん、ありがとうございました。来年もサローネに向けてがんばってください。

ちなみに僕も某イタリア家具メーカーでソファを購入したことがあります。やはりイタリアと言えば革製品が有名ですが、一流メーカーともなるとすべて 注文を受けてからハンドメイドで作るため商品が届くまでに2,3か月かかることもあります。さらにこのメーカーの商品を日本で購入すると半年ほどかかって しまうらしいです。そのこだわりはすごいですが、店の店員さんも「我が社のコンセプトをわからない人には売りません」みたいな気品が感じられました。さす がイタリアですね。
 しかしサローネ会場では展示のみで通常家具を購入することはできません。家具を購入したい方は住所を聞いて、直接お店に行かなくてはいけません。

ミラノ・サローネの基本情報

名称Milano Salone(ミラノ・サローネ)
おすすめ
住所Strada Statale Sempione, 28, 20017 Rho ミラノ
行き方
その他