ミラノ中心にあるスフォルツェスコ城

ミラノ スフォルツェスコ城

ミラノ公国の要塞・スフォルツェスコ城

中心地のドゥオーモから歩いて5分。ドゥオーモの前の広場からVia Mercanti通りを抜け、 Via Dante通りへ。そこは綺麗な石畳の広々とした通り。両脇にはガラス張りのおしゃれな店が立ち並ぶ。ぶらぶらとウインドウショッピングをしていると突然 空に伸びる高い塔が目に飛び込んでくる。街中に聳え立つその姿はまるで空と大地を繋ぐ巨大な柱のようだ。それがスフォルツェスコ城の入り口。

入り口の正面は109メートルという高い塔になっていて、そこからレンガ積みの城壁がぐるりと取り囲んでいる。また入り口の塔の前には円形の噴水と 馬に乗ったスフォルツァ公爵の彫刻が置かれ、その非日常的な光景を遠くから眺めているとまるで映画の中に迷い込んでしまったかのような錯覚に陥る。

ダヴィンチも建設に加わった、美しい建造物

スフォルツェスコ城は15世紀にスフォルツァ家がかつてのヴィスコンティ家の城跡を改装し居城とした。あのレオナルド・ダ・ビィンチも建設に加わったといわれる古城の美しさはぜひ一度訪れたいスポットのひとつだ。

入り口の塔を抜けるとそこにはかつての息吹が感じられる大きな広場になっている。中には博物館もありミケランジェロが死の間際まで作っていたといわ れる「ロンダニーニのピエタ」が展示されている。「ピエタ」というのは元々イタリア語で「慈悲」という意味だが、多くのアーティストが絵画や彫刻でこの 「ピエタ」を表現してきたキリスト教カソリックにおいて重要なテーマである。主に聖母マリアが死んだキリストを抱えているという構図で、ローマではミケラ ンジェロが23歳の時に製作したと言われる作品がサンピエトロ大聖堂にあることで有名だが、ここミラノの「ピエタ」にも世界中から多くの観光客が訪れる。

ミラノっ子の憩いの場

このスフォルツェスコ城の裏側は広大な敷地のセンピオーネ公園(Parco Sempione)になっていて、のんびりと散歩を楽しむのはもちろんのこと地元の人の憩いの場所になっている。朝や夕方にはジョギングをする人の姿が見 られ、芝生の上では若いカップルが愛をささやきあう。そう、ここイタリアでは公園というものは人々が公衆の前でイチャイチャしてもいい(?)平和な場所な のだ。
それを象徴するかのようにこの公園の奥には「平和の門」(Arco della pace)と呼ばれる建築物がある。現在は残念ながら左半分が清掃工事中だが、これは1807年にナポレオンに捧げるために着工されたもの。ここからでも 公園を挟んで向こう側にスフォルツェスコ城の気品ある高い塔を見ることができる。

スフォルツェスコ城の基本情報

名称Castello Sforzesco(スフォルツェスコ城)
おすすめ
住所Piazza Castello, 20121 ミラノ
行き方ドゥオモ広場から続くミラノのメイン通りであるダンテ通り(Via Dante)の突き当たり
電話番号+39 02 8846 3700
休館日月曜日
開館時間スフォルツェスコ城博物館:9:00-17:30
入館料€0-€5.5
その他スフォルツェスコ城:入場無料 スフォルツェスコ城博物館:5.5ユーロ
サイトhttps://www.milanocastello.it/