No Image

ハッピーアワーとは

イタリアではミラノで火がついたハッピーアワー、夕食前(16時〜19時など)の時間にドリンクを注文すれば、おつまみが食べ放題になる制度です。おつまみにはパスタやパニーノ、肉料理、魚料理もあって日本人には十分すぎるほどのボリューム。現地の雰囲気も味わえて十分に夕食代わりにもなります。今ではイタリア全土のバールで開催されています。

クレモナの鐘楼トッラッツォ

クレモナの鐘楼トッラッツォ

コムーネ広場に面してドゥオーモと隣接するように建っているのがこのTorrazzoと呼ばれる塔。この塔はクレモナのシンボルでもあり、そしてヨーロッパ一の高さを誇る塔としても有名です。そこから見える風景はまさに絶景。クレモナの街を見下ろし、霞んだ地平線を見ればきっと旅の思い出になるでしょう

クレモナ大聖堂とコムーネ広場

クレモナ大聖堂とコムーネ広場

クレモナの街の中心であり、また多くの見どころのあるコムーネ広場。クレモナのドゥオーモはロマネスク・ロンバルディア建築と呼ばれ、ルネッサンス期には建築家ブラマンテも再設計に携わっています。外観もさることながらドゥオーモ内も美しく、ひときわ目を見張るのがこちらもルネッサンス期を代表する画家ポルデノーネが描いたフレスコ画があります

クレモナのバイオリン博物館

クレモナのバイオリン博物館について

クレモナの街の一番の見どころと言えばこの美術館と言ってもいいでしょう。2012年にクレモナのバイオリン制作技術がユネスコの無形文化遺産に認定され、バイオリンコレクション、ストラディバリウス博物館が統合しました。本博物館はは地方都市とは思えないぐらいの充実したコレクションとそして中世に独自の芸術文化を生み出したクレモナならではのとても魅力的な美術館です

クレモナ

クレモナについて

イタリア音楽を形に残すために一時的に神の手が舞い降りた街「クレモナ」。この街アントニオ・ストラディバリなど歴史的バイオリンの製造者を生み出したバイオリンの街。今もなお町中がバイオリン工房。ミラノから1時間で日帰り観光にお勧めです

ベルガモのサン・ミケーレ教会

ベルガモのサン・ミケーレ教会を紹介します

ベルガモの町の中心から長い下り坂を歩いてゆくとひっそりと隠れるように佇んでいるのが、サン・ミケーレ教会。外観は質素ですが、内部には立派なフレスコ画があり観光客がほとんど来ない穴場スポット。一人だけの空間に身を委ねることができます

ベルガモのサンタ・マリア・マッジョーレ教会

サンタ・マリア・マッジョーレ教会とコッレオーニ礼拝堂

ベルガモのサンタ・マリア・マッジョーレ教会とコッレオーニ礼拝堂はロンバルディア・ルネッサンスを代表する荘厳な建築としてベルガモ・アルタの中で最も重要であり、その他に例をみないその建築様式のバランスのとれた美しさは「バラ色の真珠」と呼ばれています

ベルガモのロッカ要塞

ベルガモのロッカについて

ベルガモの要塞「ロッカ」は1300年に建設が始まりましたが、ルネッサンス期にヴィスコンティ家が統治するまで完成しませんでした。オーストリア領であった時期にこのロッカは軍事基地として使用され、今でも戦車や砲台などが庭の各所に放置されています

ベルガモの塔カンパノーネ

市民の塔(Campanone)について

ベッキア広場にそびえる市の塔はベルガモの町のシンボル。今も時を刻み続け、塔の上に登ればベルガモの町の風景を一望できます。ぜひ絶景を楽しんください

ベルガモ ベッキア広場

ヴェッキア広場とラジョーネ宮

ベルガモ・アルタの中心となるのがここベッキア広場周辺には見どころがたくさんあります。ラジョーネ宮もその一つで特殊な建築様式で作られた木製の屋根や、太陽と月の位置を表したパネル画などとても興味深いです

ベルガモ

ベルガモについて

ミラノから電車で1時間、ロンバルディア州で最も美しい街ベルガモはミラノからの日帰り旅行に最適です。丘の上のベルガモ・アルタは中世の町で、麓のベルガモ・バッサは近代的な都会。二つの顔をもつ都市ベルガモを楽しんでください

ミラノ ルイーニの揚げピッツァ

ミラノに行ったら食べよう!ルイーニの揚げピッツァ

今やミラノでは知らない人はいないというぐらい有名なお店がこのルイーニ。雑誌やテレビで紹介される人気店でパンツェロットという揚げパン・揚げピッツァが食べられます。お昼時は長蛇の列で大混乱!ミラノに行ったらぜひその人気の秘密を美味しく味わってこよう!お店の地図もあります

ミラノ レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館について

11世紀から16世紀に修道院として使われていた建物を現在博物館として利用しており、そこの2階展示室にレオナルド・ダ・ヴィンチの発明した器具のデザインとモデルなど多くの作品が展示してあります。大きな地球儀や、望遠鏡などもあり、天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」に関する膨大な資料が展示されています

ミラノ アンブロジアーナ絵画館

アンブロジアーナ絵画館について

この絵画館はロンバルディア派、ヴェネツィア派を中心としたコレクションが多数あり、時代ごとに仕切られた23室で構成されています。主な作品はレオナルドダヴィンチの「斈師の肖像」、ボッティチェッリの「天涯の聖母子」、ラッファエッロの「アテネの学童」のデッサン(ローマのシスティーナ礼拝堂に描かれた下絵)、カラヴァッジオの「果物篭」などがあります

ミラノ ポルディ・ペッツオーリ美術館

ポルディ・ペッツオーリ美術館について

貴族であったポルディ・ペッツオーリ氏が集めた貴重なコレクションを展示している。絵画だけに留まらず、中世の武器や時計、彫刻や宝石など幅広く収集され、この美術館はペッツオーリ氏の邸宅であったため当時の雰囲気を感じながら展示物を観覧できるようになっている

ミラノ ブレラ美術館

ミラノを代表するブレラ絵画館と予約方法

ミラノを代表するブレラ美術館は北イタリアのルネッサンスを代表する作品が多く展示され、中でもジョバンニ・ベッリーニの「ピエタ」、アンドレア・マンテーニャの「死せるキリスト」が有名。モディリアーニやピカソの絵もありミラノ旅行には欠かせない観光スポットです

ミラノ パヴィア修道院

パヴィア修道院「青き聖堂」を訪ねて

ミラノから南に約20キロ。肥沃なロンバルディア平原を縫うようにしてできたポー川が流れ、豊かな水源に恵まれた田園地域に「青き聖堂」パヴィア修道院(Certosa Di Pavia)があります。建造物の美しさ、歴史的価値によって世界5大修道院のひとつとして知られています

ミラノ サン・ベルナルディーノ礼拝堂

サン・ベルナルディーノ・アッレ・オッサ教会

ミラノの隠れた観光スポット、骸骨寺、聖ベルナルディーノ礼拝堂を紹介します。今から1200年前に創立された教会は頭蓋骨に覆われた礼拝堂があり、独特の重い雰囲気を醸し出しています。ミラノ旅行に訪れた際は地元の人にもあまり知られていない不思議な教会にぜひ足を運んでみましょう

ミラノ サンタンブロージョ聖堂

ミラノ・サンタンブロージョ聖堂について

ミラノの守護聖人、大司教アンブロージョを祀る教会は4世紀末に着手されたロンバルディア・ロマネスク様式の傑作。ミラノの最古の教会として知られ大変美しいです。赤茶の煉瓦造りの回廊が特徴的な外観、豪華な内部ともに見どころです。ミラノ観光の際はぜひ見学しましょう

ミラノ・サローネ

国際家具インテリア見本市ミラノサローネをレポート

世界的に有名な年に一度の家具インテリア国際展示会ミラノ・サローネ。イタリア・ミラノに世界各地の家具メーカーが集い最先端のデザイン、インテリアを発表します。世界中から30万人以上が集まる巨大展覧会、2008年の会場の様子を写真とともにお伝えします

ミラノ アルファロメオ博物館

モーターファン必見 アルファ・ロメオ歴史博物館を満喫しよう

ミラノ郊外のアルファ・ロメオ博物館には、戦時中プロペラを作っていたものや、モーターショーでしか展示されなかったアルファ・ロメオなど、貴重なアルファ・ロメオの数々が並んでいます。展示してある車はときどき変わるようですが、歴代の車たちは見ごたえ十分。ファンにとっては夢のような博物館です

ミラノ サンシーロスタジアム

ACミランの聖地 サンシーロ・スタジアム観光

ACミランとFCインテルの本拠地、イタリアサッカーファンの聖地サン・シーロは見学可能です。カルチョファン必見のスタジアム見学ができ、併設されている博物館も見応えがあります。ツアーも開催していてピッチやロッカールーム、テレビでお馴染みの記者会見場も見学できます

ミラノ ナヴィリオ地区

ミラノの観光スポット 人気のナヴィリオ地区

ミラノの必見の観光スポットに「ナヴィリオ地区(Naviglio)」があります。昔の風情が残るミラノの下町で、運河をのんびり散歩できます。隠れた見どころをミラノ現地在住者が勧めます。ガイドブックには載っていない情報が満載

ミラノ モンテ・ナポレオーネ通り

ミラノ・ファッションの中心 モンテナポレオーネ通り

イタリアのモード発信地ミラノの中でもファッションの中心といえるのがモンテナポレオーネ通り(Via Montenapoleone)。ブランド品をショッピング、エレガントな通りを散策して楽しみましょう。ガイドブックには載っていない情報が満載です

ミラノ スカラ座

ミラノ・スカラ座を現地在住者が紹介します

イタリアで生まれたオペラ、そのオペラの最高峰とされるのがミラノのスカラ座。多くのダンサーやオペラ歌手がこのスカラ座を夢見てやってくる伝統の劇場には、スカラ座博物館も併設されていて内部も観光見学できます

ミラノ スフォルツェスコ城

ミラノ中心にあるスフォルツェスコ城

ミラノ公国の城塞として活躍したスフォルツェスコ城はミラノの観光名所のひとつ。レオナルド・ダ・ヴィンチも建築に加わった美しい城は1466年に完成しました。内部の博物館にはミケランジェロの「ロンダニーニのピエタ」もあり必見です。敷地のセンピオーネ公園はミラノの憩いの場です。のんびりできます

ミラノ ガッレリア・ヴィットリオ・エマヌエレ2世

ミラノの中心「ガレリア」を観光しよう

ミラノのシンボル、ガッレリア ドゥオーモと同じようにミラノのシンボルとなっているのがこのガッレリア。イタリア王国の初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世にちなんで名づけられたこの場所は、最初に1861年にデザインされ、イタリアの建築家ジュゼッ ペ・メンゴ […]

ミラノ大聖堂

ミラノ大聖堂の開館時間・入館方法など

ミラノのシンボルである大聖堂ドゥオーモは、ゴシック建築の美しいファザードが圧巻。町の中心に位置しているので待ち合わせや市内観光の目印にもなります。500年かけて建設された教会の屋上からの眺めは最高で、細かな彫刻細工とミラノの町のパノラマが楽しめます

ミラノ ダヴィンチの最後の晩餐

最後の晩餐の入館方法、予約方法

ミラノの最後の晩餐。サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の左側にある修道院の食堂に描かれたのがレオナルド・ダ・ヴィンチの傑作。修復もようやく終わり一般に公開されていますが、1回30人で15分の完全予約制。イタリア渡航前にしっかりと予約して予約チケットを確保・見学しましょう。日本語オーディオガイドもあります

ミラノ ドゥオモ広場

ミラノについて

ミラノ在住ガイドがミラノの町を隅まで紹介します。これを読んでおけばガイドブックなんて必要なし!マイナーな観光名所から、美味しいレストラン、流行スポット、モダンなショップ、最新お土産事情、アート・モードの発信地など、現地でしか分からない情報を提供します