ミラノ大聖堂の開館時間・入館方法など

ミラノ大聖堂

ミラノの象徴、ドゥオーモ

ヨーロッパでは街の中心に神の象徴である教会が置かれ、それを取り囲むように広がってゆくという形式が多く見られますがここミラノでも街の中心でありシンボルとなっているのがこの大聖堂「ドゥオーモ」です。

この大聖堂ドゥオーモは1386年にジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの意向により着工し、約500年の時を経てナポレオンの命により完成しま した。その壮大な建築は全長158m、幅93m、高さが108mで内部の面積が1万1700平方メートル。世界最大級のゴシック建築として知られていま す。135本の尖塔、2245体の彫刻との融合美はまさに圧巻の一言です。

スペインでは有名な建築家「ガウディ」がサクラダ・ファミリアを設計し、未だに建築中であることで有名ですが、500年という建築期間というものは カソリック大国のイタリアだからできたと言えるでしょう。このドゥオーモのどっしりとしたゴシック建築はイタリアでもっともゴシックらしいゴシック建築で あり、そのオリジナリティ溢れるデザインは独特の美しい姿をしています。

町の中心ドゥオモは最高の目印!

かつてこのドゥオーモの周りにはバスや車などが通り、いつも排気ガスのおかげで外観が汚れていましたが、近年このあたりは一般車通行不可になり美し い姿を見ることができます。ドゥオーモ片面の清掃には5年以上かかると言われ、つい最近までせっかくの正面口がふさがれて見えませんでしたが、少しずつそ の荘厳な姿を見ることができるようになってきました。
最近ではすっかり綺麗になったドゥオーモに「こんな白いドゥオーモは始めて見た」と地元の人も口を揃えて言うほどです。

このドゥオーモは街の中心ということもあり、地下鉄の乗り換え、トラムやバスの発着も多く、朝夕は多くの人で賑わいます。地元の人々も「ドゥオー モ」で待ち合わせ、というのはよくある話。観光客が多い中、地元のカソリック信者もよく訪れ、まさにミラノの中心という感じです。

壮大なゴシック建築は内部も屋上も見どころです

聖堂の内部には光の反射によって微妙な色を弾くステンドグラスやキリスト教の歴史を描いた油絵、そして彫刻などが並び、ミラノで一番神聖な空気が漂う空間と言えるでしょう。その壮大な空間に漂う神秘的な静寂は訪れる者の心をそっと休めてくれるようです。

またこのドゥオーモは階段もしくはエレベーター屋上に上ることができ、ミラノの街を一望することができます。遠くから見ていてはわからないゴシック 建築の美しい彫刻の数々を近くで見れる絶好の機会です。その彫刻の向こう側に広がるパノラマのミラノを見れば、一生の思い出になることは間違いないでしょ う。

服装に注意しましょう

昔はドゥオーモを正面に見て右側にツーリストインフォメーションがありましたが、現在は場所が変わって左手ガッレリアの少し手前の階段を地下に降りてゆくと新しいツーリストインフォメーションがあります。ここで街の情報や、地図、その他イベントを聞くことができます。
なおドゥオーモに入る際に、服装と荷物のチェックがあります。いくら暑い夏といえあまり肌を露出した服装やサンダルでは入れないことがありますので気をつけてください。

ミラノのドゥオーモの基本情報

名称Duomo di Milano(ミラノのドゥオーモ)
おすすめ
住所Piazza del Duomo, 20122 ミラノ
行き方地下鉄「ドゥオモ Duomo」駅前
電話番号+39 02 7202 3375
休館日
開館時間9:00〜19:00
屋上昇降口:9:00~17:20
入館料入場料:2ユーロ
エレベーター:15ユーロ
階段:11ユーロ
その他
サイトhttps://www.duomomilano.it/