ラジョーネ宮と食料品店巡り

パドヴァのラジョーネ宮パドヴァ

パラッツォ・デッラ・ラジョーネ(ラジョーネ宮)は、市庁舎兼裁判所として中世以降、パドバの人々の生活、政治、経済の中心地となった場所です。 内部が大きな広間(サーラ/sala)となっていることから、この建物全体は、通称「サローネ 」と呼ばれ、町のシンボルとして古くから親しまれています。

この大きなサローネから東側に、アンツィアーニ宮、アンツィアーニ塔、コンシリオ宮、そしてポデスタ宮と、美しい建造物が隣接しています。 現在は、それらの建物は市庁舎として使われています。

このラジョーネ宮の建築に関しては、1162年に着工され、1166年に現在の1階部分が完成し、使用されていました。そして1306-1309年、外部のバルコニーを覆う美しいポルティチ(柱廊下)を含む大々的な改装がフラ・ジョヴァンニ・デッリ・エリミターニにより、現存する形として完成。このポルティチは同建物の美しさの象徴でもあり、その価値を高める一因ともなっています。

内部は、アーチ型の天井が2種組み合わされた独特のドーム型。それは、一般的に言われる”船底をひっくり返した”ような形で、カラマツを素材に鉛板で覆われた造りとなっています。広間の大きさは80×27m、屋根の頂点までの高さは40mという巨大無柱空間。ただし、この部屋の正長方形ではなく、いびつな台形のような独特の形をしているのが興味深いところでもあります。

内部の壁は、フレスコ画に埋め尽くされており、圧巻です。上下2つに分割され、上部はさらに約330に分割、占星術をモチーフとしたものが描かれています。下部は72に分割され、政治を主題としています。ここにはジョットが描いた作品もあったとされていますが、14世紀の火災で現存はしていません。さらに18世紀には、暴風雨により、屋根がほぼ全壊滅となる被害なども受けています。この際の修復には、ヴェネツィアのサンマルコ広場の時計塔を設計したバルトロメオ・フェッラチーナがその作業の指揮をとっています。

ラジョーネ館の下は食料品店街です

ラジョーネ宮は当時の裁判所です。建物の下は当時からの商店街が現在もその姿を留めています

現在、このラジョーネ宮下は食料品店が立ち並び、サローネの下(=sotto)に位置することから、通称「ソット・イル・サローネ」と呼ばれる商店街となっています。 そこを中心に南北に位置するエルベ広場及びフルッタ広場は野菜や果物、雑貨類の市場となる広場ですが、建設当時から、すでにこの周辺には生鮮物等を売るメルカートが立っていたといいます。その後、行政の擁護を受けてさらに強化され、商店街として確立したことが、今もなお地元民の食生活を支える場として根強 く愛される所以でしょう。

サローネは現在、様々な展覧会・展示会や美術展などの会場としても使用されます。 その大広間を上から物言わずに眺めているのは、大きな大きな木製の馬。ドナテッロ作といわれるこの馬像は、サンタントニオ聖堂前の広場にある彼の作品ガッタメラータ騎士像のコピーです。

ラジョーネ館の基本情報

名称Palazzo della Ragione(ラジョーネ館)
おすすめ
住所Piazza delle Erbe, 35100 パドヴァ
行き方パドヴァ旧市街のほぼ中心
電話番号+39 0498205006
休館日なし
開館時間2月1日-10月31日 9.00-19.00
11月1日-1月31日 9.00-18.00
入館料4ユーロ
その他パドヴァ・カードが使えます
サイトhttp://padovacultura.padovanet.it/