サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂

パドヴァのドゥオモ サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂

パドヴァのドゥオーモは、初期キリスト教時代(紀元1世紀中頃)の司教座大聖堂としての起源をもちます。

長い歳月を経て、1075年に新たに大聖堂として建築されましたが、1117年の地震により被害を受けました。現在見られる建物は、16世紀から 18世紀に手がけられたものです。ミケランジェロの名による公募、公告により建築家及び設計を募ったとされています。実際には、オリジナルを復元する仕事 として、イストリア(現在のクロアチア北西部の三角地帯)出身のアンドレア・ダ・ヴァッレ、アゴスティーノ・リゲッティにそれを委ねていました。

1754年には、ヴェネツィアの建築家であるジローラモ・フリジメリカにより、現存の正面に3つの門(扉)を持つ形に。この際に、バラ窓(円花窓) といわれるステンドグラスが植え付けられ、聖堂のシンボルとなっています。しかしながら、クーポラも含め実は彼の設計通りの仕事は終わっておらず、しかも 第一次大戦中の爆撃も受けているので、未だ未完成のままだといわれています。

大聖堂裏側には詩人フランチェスコ・ペトラルカが一時居住していたというカノニコがあります。

洗礼堂(Battistero del Duomo)

洗礼堂の見事なフレスコ画。円屋根部分もすべてに華麗な壁画が残っています。圧巻です

ドゥオーモ右隣に隣接するバッティステロ(礼拝堂)は12世紀後半に建築されたものです。
現在のような形としては1260年、序階されたのが1281年のこと。内部は小さいですが、クーポラ面も含め、壁面いっぱいに埋められた創世記を描いたフレスコ画が美しく、迫力があります。所々に、時経によりはげ落ちたりする部分もあり、一部修復されながらも、この時代のフレスコ画の保存状態としては、大変に良好なものとして知られています。

洗礼堂は入館料3ユーロがかかります。

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂の基本情報

名称Cattedrale di Santa Maria Assunta(サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂)
おすすめ
住所Via Dietro Duomo, 5, 35139 パドヴァ
行き方パドヴァ中心街の北西部
電話番号+39 049662814
休館日なし
開館時間10.00-18.00
入館料無料
その他
サイトhttp://www.diocesipadova.it/wd-annuario-enti/cattedrale/cattedrale-s-maria-assunta-nella-cattedrale/