パドヴァのゲットー地区とヘブライ博物館

パドヴァのゲットーパドヴァ

“ゲットー”とは、その昔、キリスト教徒のユダヤ教徒迫害によってユダヤ人が住むことを許可され、隔離された地区のことをいいます。 ヴェネツィアにできたゲットーはヨーロッパ最古、といわれていますが、ヴェネツィア共和国下のパドヴァのそれの歴史も大変古いものです。 同地区は4つの門により外部とを区切られ、夜は鍵をかけられて出入りは禁止されていました。現在もその名残は、エルバ広場南側一帯に見ることができます。

パドバには、最初のシナゴーク(ユダヤ人教会)が 1548 年にできたことからゲットーの歴史が始まります。主にドイツ人のユダヤ教信者がここに集められました。 その後、1892 年には 2 つめのシナゴークができ、ユダヤ教信者のイタリア人とスペイン人をがこの区域に集められたといいます。シナゴーク内は教会、及び学校などがあり、地区内で独立した文化が発達してきました。

壁が特徴的な赤色をした最初のシナゴークは、 1943 年の第2次世界大戦時には反ユダヤ教の迫害から放火にあっています。現在はパドヴァに残るユダヤ教信者により 1998 年に建てなおされています。 2 つのシナゴークがあった建物にはその当時のユダヤ人迫害を反するフレーズが書かれたパネルが貼ってあったり、と当時の名残を感じることができます。ここは 現在、『パドヴァ・ヘブライ博物館』として、一般公開されています。

そして、このゲットー地区ならではの小路とそれを覆うかのように両脇に建つ建物が今でもひっそりと…。 現在、この地区内には、小さなショップや飲食店などがあり、街の素敵な区間の一部ともなっています。

パドヴァ・ヘブライ博物館の基本情報

名称Museo della Padova Ebraica(パドヴァ・ヘブライ博物館)
おすすめ
住所Via delle Piazze, 26, 35122 パドヴァ
行き方サンタントーニオ・ダ・パードヴァ聖堂から北へ徒歩10分
スクロヴェーニ礼拝堂から南へ徒歩10分
電話番号+39 049661267
休館日火曜日、水曜日、土曜日
開館時間月曜日10.00-14.00、木曜日14.00-18.00、金曜日9.30-13.30、日曜日10.00-18.00
入館料8ユーロ
その他
サイトhttps://www.museopadovaebraica.it/