サンタ・ジュスティーナ修道院について

パドヴァのサンタ・ジュスティーナ修道院

町の中心地の南側にある大きな広場、プラート・デッラ・ヴァッレに面しています。
304年に殉教した女性の聖人、ジュスティーナが奉られています。聖人となったこの殉教者の父により、翌世紀に建てられたといわれています。

1117年に起こった地震で崩壊、1502年には一度全てを壊した後、1532-1579年にかけて現在の姿に建築されました。建築家は数人の手によるものですが、ベルガモのアンドレア・モローニとアンドレア・ダ・ヴァッレがその中心となっています。

建物正面は大理石で覆われています。これは、1200年代に切りだされたヴェローナの赤大理石です。 建築にこの石材を集め、屋根を取り付けるに至った過程は、85年を要したともいわれています。
ということもあり、長い年月をかける仕事を“サンタ・ジュスティーナを造るように長い時間…”という表現方法もあるのだとか。

内部は上部クーポラから入る自然の光がさし、整然とした美しさ。長さ122mという大きさはヨーロッパのなかでも大きな部類に入る。床の大理石はローマのサン・ピエトロ寺院のものと同様です。

1810 年にはヴェネツィア共和国であったことから、ナポレオンの統治下のもとに閉鎖、 1919 年に再開されました。

教会の下にはサンタジュスティーナのお墓もあって見学できます。(2019年11月)

サンタ・ジュスティーナ修道院の基本情報

名称Abbazia di Santa Giustina(サンタ・ジュスティーナ修道院)
おすすめ
住所Via Giuseppe Ferrari, 2/A, 35123 パドヴァ
行き方Prato della Valleのすぐとなり
サンタントニオ聖堂からは南に徒歩8分
電話番号+39 0498220411
休館日なし
開館時間平日 8.00-12.00 17.00-20.00 日曜、祝日 8.00-13.00 15.00-20.00
入館料なし
その他
サイトhttp://www.abbaziasantagiustina.org/