パドヴァの必見スポット:スクロヴェーニ礼拝堂

パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂

西暦60-70年に築かれたアレーナ(円形劇場)跡地内部にあります。 パドバの富裕な銀行家(高利貸し)であった、エンリコ・スクロヴェーニによるもの。この地に一家の住居、そして礼拝堂を建築しました。

礼拝堂を建築したのには理由がありました。彼の父親は高利貸しとして、多大な利益を得ていましたが、ダンテの「新曲」に、悪名高き高利貸しとして謳われて います。その当時、金で商売をすることは、カトリックの教えから大変に忌み嫌われており、罪人ともされていたことなどからです。そこで、エンリコは一族を も含めた父の罪の浄化を目的として、14世紀に同礼拝堂の建築を完成させました。1305年3月25日の聖母マリアの日に礼拝堂として献納されています。

礼拝堂自体の造りは大変にシンプルなロマネスク・ゴシック様式。内部にはエンリコ・スクロヴァーニの石棺があります。内部壁画は同礼拝堂を語るにはあまり にも有名な、ジョットとその弟子で描かれたフレスコ画で覆われています。礼拝堂そのものを設計した建築家についてはよく知られていません。

エンリコ・スクロヴェーニは同堂の建築にあたり、二人の有名な芸術家を招きました。一人は祭壇に置かれている大理石の聖母マリアの彫像をつくった彫刻家、 ジョヴァンニ・ピサーノ、そして、ジョットです。ジョットはすでに、アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂やローマのサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ 大聖堂を大成しており、大変に著名な画家として知られていました。そしてパドヴァにおいては、サン・アントニオ大聖堂やラジョーネ宮などでの仕事も終えて いました。同礼拝堂での仕事は1303-1305年の2年間に渡ります。

内部は20.5×8.5m、高さ18.5m、天井はドーム型をしたひとつの部屋(空間)となっています。 フレスコ画製作にあたり、ジョットは、依頼主たちとの協議により、左右の壁はシンメトリー様、それぞれ両壁を3段に分け、そこに図像画を配置する、と決め ます。そして、ここには新約聖書の代表的なエピソードを39場面に凝縮し、キリストの母、聖母マリアの両親、ヨアキムとアンナの物語からマリアの生涯、そ してキリストの生涯をまるで絵巻物のように描きました。

入口壁面には「最後の審判」が、そしてその下には「美徳」と「悪徳」の寓意像が設置されています。

これらのフレスコ画は、1305年にほぼ完成に近い形になったところで献納、その後さらに2年ほど仕事が続けられた後に再度の完成形となったことから、献納を2度されています。

同堂でのジョットの成し遂げた仕事は、当時としては大変に画期的な内容でした。絵画のなかにより奥行きを出す遠近法、人物像をより人物の性格に合わせるよ うに、それに伴う動きや表情などに人間性を与えたことなど。作品のなかに涙を流す人物像、怒りを露わにする表現を用いていることなどが具体的例です。 これらは、美術史上後世に影響を及ぼした偉大な仕事といわれています。

スタッフ

パドヴァカードをお忘れなく 

パドヴァを訪れるなら必見の場所です。内部の壁画はすべてジョットのフレスコ画で埋め尽くされている世界的にも大変有名、価値のある礼拝堂です。『パドヴァカード』で割り引きが適用されます。 

イタリア在住:堂 剛 スタッフ一覧

スクロヴェーニ礼拝堂の基本情報

名称Cappella degli Scrovegni(スクロヴェーニ礼拝堂)
おすすめ
住所Piazza Eremitani, 8, 35121 パドヴァ
行き方パドヴァ中心街の北部
パドヴァ国鉄駅から徒歩12分
電話番号+39 0492010020
休館日なし
開館時間9:00-19:00
入館料共通券13ユーロ(エレミターニ市立博物館、パラッツォズッケルマン入館料含む)
その他
  • 予約チケットは入館時間の1時間前の受けとりをお勧めしています。
  • 内部入場は25人までの総入れ替え制です。
サイトhttp://www.cappelladegliscrovegni.it/