Orvieto Trattoria La Pergola

トラットリア・ラ・ペルゴラ

7年住んだオルビエートの人気レストラン「ラ・ペルゴラ」を紹介します。日本人の口にも合うあっさりした味わいで、地元の伝統料理を中心に、おしゃれな料理が食べられます。雰囲気良し、サービス良しの人気店です。シーズン時は混むので事前に予約をおすすめします。オルビエートに宿泊してレストランの食べ比べを楽しんでください。

Orvieto Trattoria Mezza Luna

トラットリア・メッザ ルーナ

ボリュームたっぷりのカルボナーラが人気のトラットリア「メッザ・ルーナ」。美味しいレストラン豊富なオルビエートでも地元の人に人気で、安い料金とボリュームに驚かされます。平日ランチも地元の人で超満員。すべての料理が大盛りなので日本人旅行者が行く場合は、注文数に注意しましょう。パンチの効いた本場イタリア料理を手頃に味わえます

Orvieto Trattoria La Palomba

トラットリア・ラ・パロンバ

オルビエートにはたくさんの美味しいレストランがありますが、その中でも一番のおすすめが「Trattoria La Palomba」です。ここのトリュフ入りカルボナーラは絶品でイタリア旅行で最も美味しかったと言う人も続出。イタリア在住18年ですが何度食べても感動します。日本のテレビに何度も出演するようになりました

Hotel Palazzo Piccolomini 館内のラウンジルームは雰囲気も良く、ゆっくりくつろげます

オルビエートの提携ホテル Palazzo Piccolomini

オリビエートで一番美しくお勧めのホテルがこのピッコローミニ。料金も手頃で何よりも美しい室内、完璧サービス、充実した朝食などすべてが大満足です。一度このホテルに泊まったら、他の施設に浮気できなくなります。魅力たっぷりのホテルは日本語で予約可能です。レストラン予約のサービス付きです

グッビオのサン・フランチェスコ教会

サン・フランチェスコ教会

グッビオの民に恐れられたと言われている狼を改心させたという話は有名で、その様子を表したブロンズ彫刻も教会外に見られ、興味深いモニュメントの1つです

グッビオのサンタアゴスティーノ教会

サンタアゴスティーノ教会

サンタアゴスティーノ教会のフレスコ画を堪能した後は、教会手前のサン・ジローラモ通りをさらに登ったところにあるかご型ロープウェイを利用してインジーノ山頂までの広々としたパノラマを楽しんでみましょう

グッビオのディオチェザーノ美術館

ディオチェザーノ美術館

グッビオでも見どころのひとつである博物館は、5世紀から建てられ始めた迷路のような空間が広がります。グッビオの宗教美術、貨幣、陶器などの発掘品、宗教具など興味深いです。特にミトラと呼ばれる典礼の執行時に司教がかぶる冠のコレクションが素晴らしいです

グッビオのドゥカーレ宮殿

ドゥカーレ宮殿

中世のコムーネの住宅建造物を基礎とし、ルネッサンス様式に創られた美しい宮殿。1階は絵画美術館で、フェデリーコの書斎、グッビオ派の絵画などがあります。フェデリーコ公ゆかりの地を訪ねたい方にはぜひ見ておくべき場所の1つです

グッビオのコンソリ宮殿

コンソリ宮殿 – グッビオ市立美術館

グッビオに数多くある建築物の中で最も有名で美しいゴシック建築の宮殿。現在はグッビオ市立美術館として幅広いコレクションを観ることができます。絵画美術館の貴族の間にある開廊部分からは、グランデ広場とグッビオの町が一望できるパノラマポイントです

グッビオ

山と陶器の町 グッビオについて

中世・ルネッサンスの時代で魅力を満喫できるグッビオは、中心街以外にある修道院や教会などをめぐるのが楽しいです。近郊のマルケ州の中世の町めぐりと合わせて、中部イタリアを満喫できます。山の幸の地元料理、ワインも安くて美味しいです。

ペルージャのカフェ店Antica latteria

カフェ&ミルク店『アンティカ・ラッテリア』

観光中の小腹が減ったらちょっとつまみたい。そんなときお勧めなのが中心街にあるこのラッテリア。地元でも生クリームがおいしいと評判のお店。パニーノ、ヨーグルト、ホットチョコなどイタリアの美味しいお菓子がたっぷり見つかります。夏はグラニータ(イタリア風かき氷)がお勧めですよ

ペルージャのパン店 Forno Fontana

パン屋フォルノ・フォンターナ

ペルージャ中心地にあるICEA公認のパン屋さんで、セモリナ粉、全粒粉など天然酵母で作ったオーガニックのパンもあります。最近はハンバーガーも始めてドリンクとクッキーのセットでわずか5ユーロ。地元の人からも愛されているお店です。焼き菓子などもとても美味しく日本へのお土産にもなりますよ

ペルージャFS駅

ペルージャへの行き方

ペルージャまでの行き方、ローマ、フィレンツェ=ペルージャ間の列車の時刻表と運賃、アッシジ=ペルージャのバスの時刻表と運賃、フィウミチーノ空港からペルージャまでのバスの行き方などを現地在住者が解説します。アーモイタリアではウンブリア州の秘境ツアーも開催中です。

ペルージャ

大学の町・ペルージャについて

古都ペルージャの観光名所、おすすめのレストラン、美味しいカフェ、かわいいお土産屋さんなどをご紹介します。快適なホテルもクチコミ情報や現地情報を交えて送ります。アーモイタリアでは魅惑のウンブリア・ツアーも開催中です。オルビエート、チビタ、アッシジを専用車で巡ります。

アッシジのクリスマス

アッシジのイベント、行事一覧

アッシジので開催される行事、催し物の一覧です。アッシジでは伝統的な美しいお祭りが開催され、多くの観光客が訪れ楽しみます。イタリアに旅行する際は日程をうまく合わせて、アッシジのイベントに参加してみてください

アッシジのカレンディマッジョ

カレンディマッジョ

カレンディマッジョは毎年5月に開催されるアッシジで最大のお祭り。住人たちはこの祭りのために一年間かけて準備をし、期間中は老若男女を問わず中世の衣装に身を包みます。華麗なパレード、ショーが開催されれ、夜のパレードの美しさには感動間違いなしです。

アッシジのカルチェリの庵

カルチェリの庵

アッシジ中心から約4キロ、まるで隠れるように山に囲まれひっそりと佇む白い建物と小道。かつて聖フランチェスコとその兄弟たちが瞑想したカルチェリの庵。観光客が絶える事のないアッシジの町から少し足を伸ばして、この慎ましい瞑想の場所を是非ゆっくりと散策して下さい。旅の疲れをひと時忘れ、穏やかな時間を過ごせる事でしょう

アッシジの聖所リヴォトルト

聖所リヴォトルト

アッシジ中心街から4kmほど離れたところにぽつんと建つネオゴシックの会堂、フランチェスコゆかりの観光スポットの一つリヴォトルトです。あばら屋と呼ばれるこの場所は、かつてフランチェスコが最初の兄弟たちと少しの間住んでいた所。世界中から敬虔な信者が訪れるアッシジの聖フランチェスコが残した素敵なスポットです

アッシジのミネルヴァ神殿

ミネルヴァ神殿

世界遺産に指定されているアッシジの町。その町の中心に紀元前に建てられたミネルヴァ神殿があります。神殿の中は中身だけすっぽりと教会に変えられています。アッシジに行ったらこの風変わりな神殿教会を観光してみましょう

アッシジのポルツィウンコラ礼拝堂

ポルツィウンコラ礼拝堂

アッシジ旧市街と反対側にある世界遺産のサンタマリアデリアンジェリ教会。その教会の中には、なぜかもう一つの教会が入っています。聖フランチェスコが祈りを捧げ、活動の拠点となったポルツィウンコラ礼拝堂は質素でエネルギーに溢れています。アッシジを旅行するなら必見の観光スポットです

アッシジのサンタキアラ聖堂

サンタ・キアラ聖堂

もう一人のフランチェスコと呼ばれる聖キアラを奉るサンタ・キアーラ聖堂。アッシジの白とバラ色の美しい教会には、彼女の服や髪、聖フランチェスコの靴なども展示してあります。イタリア旅行で中部イタリアに行ったら必見の観光名所です

アッシジのサン・ルフィーノ大聖堂

サン・ルフィーノ大聖堂

イタリアの世界遺産の町アッシジのドゥオモは聖ルフィーノ大聖堂。聖フランチェスコも聖キアーラもここで洗礼を受けた由緒ある教会です。アッシジに旅行したらぜひ寄りたいスポットです。ローマから日帰り観光ツアーもできます

アッシジの聖ダミアーノ教会

サン・ダミアーノ教会

2000年に登録されたユネスコ世界遺産アッシジ。町から1.5キロにあるサン・ダミアーノ修道院はまさに清貧の聖人フランチェスコが生まれた教会。イタリア観光、アッシジ滞在には必見の観光スポットです。ローマから日帰り観光ツアーもできます

アッシジ鉄道駅

アッシジへの行き方

アッシジまでの電車とバスの時刻表、料金など。イタリア旅行の達人がアッシジの町を紹介します。アッシジ鉄道駅前からは中心街行きのバスが出ています。丘の上にあるアッシジの町は歩いて行くのは少々困難。バス停をしっかり確認して、快適に旅を楽しんでください。アーモイタリアではオルビエートから車で行く日帰りツアーも開催中です。

アッシジ

カトリックの巡礼地アッシジについて

イタリア在住スタッフがカトリックの聖地アッシジをくまなく案内します。フランチェスコ聖堂、キアラ聖堂などの観光名所から、地元に人気のレストラン、割引チケット付きのお土産屋さんまで、ガイドブックでは見つからない情報が満載です。お勧めのホテル、バスの乗り方などイタリア旅行には必見のサイトです

チヴィタのレストラン

チヴィタ名物、暖炉直火焼き料理を楽しむ

チヴィタ・ディ・バニョレージョでは、暖炉で焼いたブルスケッタ、ソーセージ、ジャガイモなど美味しいスローフードを味わいましょう。チヴィタには美味しいレストランもありますが、暖炉で焼くブルスケッタも素朴で味わい部会です。地元ワインとの相性も抜群。アーモイタリアではローマやオルビエートからの日帰りツアーも開催中です。

チヴィタのお土産屋さん

チヴィタでおすすめのお土産品

中部イタリアで「死にゆく町」と呼ばれるチヴィタ・ディ・バニョレージョ。日本へのお土産に最適な小物、絵はがきやオリーブオイルなどをお勧めします。特にチヴィタ周辺は凝灰岩の土地でオリーブオイルが名産です。赤ワイン、白ワインも生産していて、とても美味しいです。アーモイタリアではチビタへの専用車ツアーも開催中です。

チヴィタ・ディ・バニョレージョ

驚くほど美しくそして悲しい町:チヴィタ・ディ・バニョレージョ

イタリアの陸の孤島、天空の町と呼ばれるチヴィタ・ディ・バニョレージョ。風化と浸食によって失われつつある町はまさに風光明媚で驚く姿を見せてくれます。近年、日本でも人気が急上昇、その不思議な町に誰もが感嘆します。アーモイタリアでは現地ツアーも開催中。専用車でチヴィタと美しい景色、美味しい料理を堪能していただきます。

チヴィタ行きのバス

チヴィタへの行き方・バス時刻表

陸の孤島チヴィタ・ディ・バニョレージョへの行き方を解説します。オルビエートから行くバスの時刻表、バス停の場所・地図、料金表などを紹介。しっかり事前に確認すれば自力で日帰り可能です。アーモイタリアでは現地ツアーも開催しています。地元のアテンドが楽しく案内してくれます。日本に知られていない魅力を存分にご案内します。

チヴィタ・ディ・バニョレージョ

死にゆく町 チヴィタについて

オルビエートからバス・車で20分、絶壁の上に残ったチヴィタ・ディ・バニョレージョは、一気に人気観光地となりました。ローマからも車で行けて、その景観は息を飲みます。天空の城ラピュタのモデルになったとも言われる町のすべてをご紹介します。バス、電車での行き方、日帰りの現地ツアーも開催しています。

オルビエート ミケランジェリ家具工房

ミケランジェリ家具工房「Bottega Michelangeli」

ミケランジェリはオルヴィエートを代表する木工房で、その昔は世界のデザイン界に新風を吹き込みました。オルヴィエートの町はかれらの作品であふれ、田舎の柔らかな雰囲気を大きく盛り上げたのです。美しい作品とデザインを紹介します。オルビエートを訪れたら一度はお店を覗いて見ましょう。とても楽しいです

オルビエートの革工房Arte del Cuoio

職人さんの革工房「Arte del Cuoio」

すべて店内で手作りしているオルヴィエートの革工房「Arte del Cuoio」を紹介します。鞄もサンダルも財布もすべて手作りです。アーモイタリアのページをプリントアウトして持っていけば10%割引きとなります。小銭入れや皮ブレスレットなどはお土産にも最適です

オルヴィエートのオリーブ木工工房パトリス

お土産にも最適 オリーブ木工工房『パトリス』

オルビエート大聖堂前から延びる職人通りは、町一番の美しい小道。そこに隠れるように店を構えているのがオリーブ木工のパトリスです。オリーブの木からつくるキッチン用品は美しい木目と丈夫な材質からお土産だけでなく、料理好きの実用アイテムとしても大人気。すべて手作りで最高品質です。僕も木べらを15年以上愛用しています。

Orvieto Ceramica L'Arpia

オルビエート土産にも陶器店『ラルピア』

オルヴィエートのお土産に一押しなのがアルピアの陶器。オルビエートにたくさんある陶器店の中でもっともデザインが優れています。アーモイタリアのページをプリントアウトして持っていけば10%割引きとなります。可愛くて人気のマグカップや小物をお得な割引クーポンで上手に買い物しましょう。アーモではチビタへの専用車ツアーも開催中。

オルビエートの食材店 I Sapori dell'Umbria

ウンブリア州食材店『サポーリ・デル・ウンブリア』

オルビエートでお土産を買うなら食材とワインがお勧め。有名な白ワイン、チーズ、サラミ、オリーブオイル、乾燥ポルチーニ、ミックススパイス、乾燥パスタ、パスタソース、蜂蜜、手作りビスケットなど、イタリアの食材が一店舗ですべて揃います。10%割引クーポン付き。アーモイタリアでは死にゆく町「チビタ」の専用車ツアーも開催中です。

Mercato di Orvieto Centro Storico

毎週木曜と土曜日開催 オルビエートの朝市

毎週木曜日と土曜日に開催されるオルヴィエートのメルカート(朝市)は、地元の人が集う商品満載の市場です。果物も1こから買えますし、洋服やバッグも驚くほど安いです。小物は日本へのお土産にもなりますよ。小腹が減ったら地元名物「ポルケッタ」のパニーノも美味しい!オルヴィエートに泊まったらぜひ行くべき!

オルビエート モーロの塔

オルビエートを空から眺めよう。モーロの塔で絶景体験

城壁の町、天空の町などと異名を持つオルヴィエート。ローマからわずか1時間で日帰り旅行も可能な美しい中世の町です。その町で最も高いのが、このモーロの塔。有料で登ることができ、頂上からの眺めは中世の町を見渡すことができて見事です。オルビエートでは専用車で巡るチビタツアーも開催中です。ボマルツォ怪物庭園などもご案内します。

オルビエート カーヴァの井戸

カーヴァの井戸でオルビエート地下洞窟を探検してみよう

オルヴィエートの台地の中には蟻塚のように無数の地下洞窟が複雑に交差しています。すべては発掘されてなく、ごく一部が一般に公開されています。その1つで気軽に見学できるのが「カーヴァの井戸」です。エトルリア時代の貯水槽や中世のワイン貯蔵庫など、当時の生活様式が伺えてとても興味深いです。子どもも大人も楽しめます

ウンブリア・ジャズ祭

年末年始は興奮が最高潮 ウンブリア・ジャズ・フェスティバル

のどかな中世の街オルビエートで年に一度開催される、もっとも華やかなイベントが「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル・ウィンター」。年末から年始にかけての5日間、町中がジャズ一色になる、ヨーロッパ最大級のジャズの祭典です。アーモイタリアでは、オルビエートからチビタやボマルツォ怪物庭園のプライベートツアーを開催中です。

オルヴィエートの地下洞窟ツアー

アドベンチャーな楽しい体験 オルビエートの地下洞窟ツアー

オルビエートでは紀元前から、地下に洞窟や通路が張り巡らされ、巨大な地下の町を形成されてきました。井戸や小麦粉を蓄える貯蔵庫、道具を修理する部屋、動物の飼育小屋なども造られ、オルヴィエートの地上の町よりも巨大であるといわれています。現在は地下洞窟を探索できるツアーもあります

オルビエート サンパトリッツィオの井戸

有名な二重螺旋階段『サンパトリッツィオの井戸』

クレメンテ7世の命によりフィレンツェの建築家アントニオ・ダ・サンガッロによって16世紀に建設された井戸の内部側面には、螺旋階段が二重に巡らされています。井戸の底と地上とがつなぐ二本の階段は、水をくみに下りる階段と汲んだ水を持って登る階段が、お互いにすれ違うことなく行き来できるように設計されています。

Orvieto quartiere vecchio

オルビエート旧市街とサン・ジョヴェナーレ教会

町の北西の端にあるサン・ジョヴェナーレ教会は、1004年に建設されたオルヴィエートで最も古い教会です。石灰岩でできた教会の正面にはシンプルで円形アーチの扉があり、左側には力強い鐘楼がそびえていて、その鐘の音は今なおオルヴィエートの人々に時を伝えています。オルビエート、チビタ、怪物公園などを巡るツアーも開催中です。

オルビエート大聖堂の聖ブリッツィオ礼拝堂

聖ブリッツィオ礼拝堂とルカ・シニョレッリ

オルビエート大聖堂内の右袖廊には、聖ブリッツィオ礼拝堂があり、壁一面がシニョレッリのフレスコ画で飾られています。この一連の壁画はイタリア美術史上の傑作とされ、フラ・アンジェリコやミケランジェロの前兆ともいわれるほど。500年を経た今も色鮮やかで、息を呑む美しさ。奇跡とも思えます。オルビエートとチビタのツアー開催中です。

オルビエート大聖堂

オルビエート大聖堂について

ミラノやシエナの大聖堂と並び、イタリアの3大ゴシック建築のひとつに数えられるオルビエートのドゥオモ。13世紀に始まったドゥオモの建設は3世紀にもわたり、のべ33人の建築家、152人の彫刻家、68人の画家、90人のモザイク師の手が加えられました。金に輝く巨大なファザードは小さな町に不釣り合いなほど荘厳です。

オルビエートの観光案内所

観光インフォメーション事務所

ドゥオーモの前にあるのがオルヴィエートのインフォメーション事務所(観光案内所)です。ここでは無料の市内の観光地図がもらえるほか、ウンブリア州のガイドブック、ドゥオーモ内にあるルーカ・スィニョレッリのフレスコ画がある『聖ブリッツィオ礼拝堂』の入場チケットや地下洞窟の予約・チケット販売なども扱っています。

オルヴィエートの駐車場

オルビエートの駐車場と車で来る場合の注意点

ローマから北に100キロのオルビエートへはレンタカーで訪れる人も多いです。そのため、駅裏に無料駐車場、丘の上の旧市街内にも無料駐車場があります。進入禁止の道もあるので車でお越しの際は十分に注意が必要です。有料駐車場を含めると、駐車スペースは十分にあるので、心配はあまりいりません。

オルヴィエートのケーブルカー

オルビエートのケーブルカーの時刻表と料金

オルビエート駅に到着したらまず中心街までケーブルカーに乗る必要があります。夜間のケーブルカー運行終了後は代替バスで国鉄駅まで下りることも可能です。夜間バスの時刻表も分かります。バス会社の公式サイトを確認して最新のタイムテーブルをチェックしましょう。オルビエートからチビタへの日帰りツアーも開催中です。

オルビエート駅裏のバールとトイレと荷物預け所

オルヴィエート駅の荷物預け所

今までは駅近くのホテル・ピッキオが荷物預かり所の役目を果たしてきましたが、2016年からオルヴィエート駅に併設されたバールで荷物預かりが可能となりました。これでローマからの日帰りも、フィレンツェに行くときの立ち寄り観光もとても便利になりました。美味しいレストランが多いのでぜひランチはオルビエートで!