ドゥカーレ宮殿

グッビオのドゥカーレ宮殿 グッビオ
グッビオのドゥカーレ宮殿。入り口のルネッサンス式回廊

美しい宮殿と見どころ「フェデリーコの書斎」

ドゥオーモの正面にあたるこの建物は1476年にウルビーノ公、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロによりフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニの設計に従い創建されました。中世のコムーネの住宅建造物を基礎とし、ルネッサンス様式に創られた美しい宮殿で、かつての古い広場があった場所にはウルビーノのドゥカーレ宮殿を彷彿とさせる回廊があり、1階は絵画美術館となっています。

Gubbio Palazzo Ducale
メトロポリタンにオリジナルのあるフェデリーコの書斎

オリジナルがニューヨークのメトロポリタンミュージアムにある”フェデリーコの書斎”は、ウルビーノのものとほぼ同じ様式で作られており、レプリカでありながらもその精密さと格調のあるつくりは十分当時の書斎の魅力を感じることが出来ます。

Gubbio Palazzo Ducale
所狭しと並ぶ絵画の部屋が続きます。

1階部分は7つの居室に分かれており、A~G室とアルファベットで区別されています。A室は肖像画の部屋(Galleria dei Ritratti)と呼ばれ、宮廷人やモンテフェルトロ家、デッラ・ローヴェレ家のゆかりの人物の肖像画が壁面に所狭しと展示されています。B室はフェデリーコ公の書斎と廊下部分が展示室としてあります。C室は宮廷の大広間があり、D室は1400年代~1500年代のグッビオ派の絵画、EとF室は1500年代~1600年代の絵画、G室は1600年代~1700年代の絵画が見られます。年代や作者が作品ごとに明記されていないためパンフレットに沿って絵を見ていかなければならないなど美術館としての設備には欠けますがフェデリーコ公ゆかりの地を訪ねたい方にはぜひ見ておくべき場所の1つでしょう。

ドゥカーレ宮殿、在住者からのアドバイス

グッビオも度重なる略奪の歴史の中で多くの美術品が持ち去られた町です。このドゥカーレ宮殿も当時の華やかさは残っていませんがグッビオのルネッサンス期の重要な建築物の1つでありフェデリーコ公のゆかりの場所、という意味で見ておくのもいいかもしれません。

アーモイタリアの現地ツアー、送迎車サービス

ローマの送迎サービス
ローマの「運転手付き専用車」を現地価格で予約できます。空港⇔ホテル送迎だけでなく、ローマ市内観光や他都市への移動にも便利です。イタリアが初めての方、荷物の多いご旅行、小さなお子様やご年配の旅行に最適です。アウトレットショッピング、オルビエートやチヴィタへの日帰り観光、スーツケースを持ってのフィレンツェ、ベニス、ミラノ、ナポリ、ポンペイなど長距離移動にも利用できます。大手旅行代理店も利用するハイヤーで安心、現地価格で料金も手頃です。電車とタクシーを併用するなら、荷物を積んでホテル前まで行けるハイヤーが断然お得です。
オルビエート近郊ツアー
オルビエートはローマから直通電車で1時間。中世の町並みがそのままで、歴代のローマ法王も愛した美しさと治安の良さに感動します。現地在住の女性ガイドの英語は分かりやすく、楽しくて笑顔の絶えないツアーです。専用車でチヴィタなど秘境都市を巡り、通常のツアーでは出会えない景色と写真もばっちり。山の幸のランチも超おいしいです。
スタッフ

私がアテンドします 

ウルビーノやグッビオなどマルケ州周辺の都市をご案内いたします。知られていない美しい町を日本語で通訳アテンドします。スーパーや市場のショッピング通訳、市内散策、バス観光のお供など便利で楽しい滞在をお手伝いします。『hayashi-marche@amoitalia.com』 

マルケ州カーイ在住:林 由紀子 スタッフ一覧

ドゥカーレ宮の基本情報

名称 Museo di Palazzo Ducale(ドゥカーレ宮)
おすすめ
住所 Via Federico da Montefeltro, 06024 グッビオ
行き方 グッビオの町の中心
電話番号 +39 0759275872
休館日 月曜日、12月25日、1月1日
開館時間 火曜~日曜 8:30~19:30
(*)閉館30分前からは入場できません
入館料 5ユーロ
その他 18歳~25歳までとツーリストカード所持者は2.50ユーロ
18歳以下、65歳以上は無料
サイト https://www.comune.gubbio.pg.it/turismo/museo-di-palazzo-ducale-000

タイトルとURLをコピーしました