オステリア・デイ・チェントポーベリ

Firenze Osteria dei Centopoveri
2名のテーブルはこんな感じ。少々狭いですが、ワイングラスも立派ですし、皿やフォークもきちんとしたもので文句なかったです。
味  
雰囲気
値段 
総合 
パラッツォーロ通りにある「安食堂3兄弟」の1店。ランチセットが10ユーロで食べられる、フィレンツェでもっとも安いレストランの1つ。料理は煮込みなど作りおきのものが多いが、それでも味は十分合格点。パスタとメイン料理の他、水とワインも付いてくる。コスパはとても高いです。個人的にはもう少しお金を足して「トラットリアI DUE G」で美味しい料理を食べる方が好きですが、イタリアの安食堂を経験したい方にはお勧めです。ランチは予約できず混雑するので開店前に行きましょう。

電話予約に自信のない方は、アーモイタリアが予約手配を承ります。下記のページよりお申し込みください。「レストランの予約手配

パラッツォーロ通りにある格安レストラン

パラッツォーロ通り(Via Palazzuolo)はフィレンツェの下町にあたり、家具修復や革細工の工房が集まっています。現在は外国人も多くすむ地区となり、古くから安い食堂が集まる地区として知られています。その格安レストランの1店で一番混んでいるのが、この「オステリア・チェントポーベリ」です。

ランチはセットメニューで、たったの10ユーロ

Firenze Osteria dei Centopoveri
店内はモダンで綺麗なカフェ風。椅子が硬いのとお客さんの回転が早いのでゆっくり食事する雰囲気ではないです。注意しましょう。

「チェントポーベリ」はランチはわずか10ユーロで美味しい料理を楽しめます。パスタ、メイン料理、パン、水、ワインで1名10ユーロ。食後にカフェやデザートを食べると、その分の料金が追加されます。パスタやメイン料理はそれぞれ5種類程度あって、その中から好きな料理を1品ずつ選べます。メニューは手書きで数日おきに変わるようです。

「チェントポーベリ」の魅力はこちら

Firenze Osteria dei Centopoveri
日によって変わるランチメニューは手書きです。分からないメニューは他のテーブルを覗いてみたり、スマホで画像検索するとイメージがわきますよ。
  • ランチ10ユーロ
  • 店内が改装され、とても綺麗になりました(カフェ風なので好みによります)
  • カトラリーやお皿がモダンで好印象
  • 店員さんがとてもてきぱき働きます。もちろん英語通じます
  • 料理が出てくるのが早い
  • ディナーは豪華なセットメニューがあります。こちらは前菜、パスタ、メイン料理、デザート、コーヒー、水、ワインのフルコースです
  • トスカーナ料理コース:35ユーロ、魚料理コース:29ユーロ、ステーキコース:28ユーロ
  • 明朗会計で安心感がある
  • 日曜日も営業している

「チェントポーベリ」の気になる点

Firenze Osteria dei Centopoveri
キャンティ風ミートソースのショートパスタ。ソースが濃厚でパスタの茹で加減もばっちりで、とても美味しかったです。
  • メニューがイタリア語のみかも・・・(店員さんは英語通じます)
  • 料理名分からない場合は、画像検索するとイメージつかめます。店員さんにお勧めを聞いても丁寧に教えてくれますよ
  • カフェ風で椅子もプラスチックなモダンなものなので、あまり落ち着かない
  • 席間狭く、人気店なのでハイシーズン時は混雑して食べにくい時もあり
  • ランチは特に料理出てくるの早く、すぐに食べて、すぐに退席する感じです

食べた料理の感想

Firenze Osteria dei Centopoveri
魚介のリゾット。期待した割には米が柔らかすぎて美味しくなかった・・・。作りおきでしょうから、こういうお店ではリゾットは避けたほうが良いのかも知れませんね。
  • Maniche alla Chiantigiana(キャンティ風ミートソースのショートパスタ)
  • とても美味しかった。ソースが濃厚で10ユーロのセットメニューとは考えられないクオリティ
  • Risotto ai Frutti di Mare(魚介のリゾット)
  • 残念。米の歯ごたえはまったくない。作りおきであろうから、この種の店でリゾットは食べてはいけないのかも
  • Arrosto misto con Patate(ロースト肉盛り合わせ、じゃがいも添え)
  • 鶏肉、牛スペアリブ、牛すね肉、サルシッチャ、じゃがいものローストがのっている。鶏肉はパサパサで食べられなかったが、他の肉はとても美味しかった。かなりボリューム多い
  • Spezzatino di Manzo con Piselli(牛肉の煮込み、グリーンピース添え)
  • こういう作りおきのレストランでは煮込み料理が間違いない。塩味も控えめでとても美味しかった

お勧めの料理(メニューは季節で変わります)

Firenze Osteria dei Centopoveri
牛肉の煮込み、グリーンピース添え。10ユーロのセットメニューとは思えないほど美味しかったです。食堂風の店では煮込み料理を注文するのがベストかも!

プリモピアット

  • Maniche alla Chiantigiana(キャンティ風ミートソースのショートパスタ)
  • ミートソースのコクが素晴らしい
  • Zuppa di Farro(小麦の入った野菜スープ)
  • イタリアの野菜スープはいつ食べても美味しい。胃にも優しくお勧め

メイン料理

  • Spezzatino di Manzo con Piselli(牛肉の煮込み、グリーンピース添え)
  • 煮込み料理ははずれなし
  • Arrosto misto con Patate(ロースト肉盛り合わせ、じゃがいも添え)
  • ボリューム抜群、肉をがっつり食べたい人におすすめ
  • Insalatona mista(大きなミックスサラダ)
  • 旅行中は野菜不足になるのでたまには軽く済ませるのも良し
Firenze Osteria dei Centopoveri
ロースト肉盛り合わせ、じゃがいも添え。とてもボリュームがあって満足できました。鶏肉だけがぱさついていてイマイチでした。
スタッフ

いつも混んでいる人気優良店 

個人的にはトラットリア「「I DUE G」」の美味しさに感動して欲しいのだが、この「Centopoveri」は安くて満足できる食堂であることに間違いはありません。店内はモダンで清潔感があるので女性は気に入るでしょう。席間が狭いので家族連れはあまり居心地良くないです。夜はコース料理の値段が高いですが、それでも人気で旅行者であふれています。 

フィレンツェ在住:堂 剛 スタッフ一覧

メニュー(2021年)

最新のディナーのメニュー表はレストランの公式サイトに掲載されています。料金も記載されています。(2021年)

ランチ料金各メニューからそれぞれ1品ずつ自由に選択可
それに水(500ml)とワイン(1/4リットル)も付きます
ランチは10ユーロ
ランチ用Primi Piatti
プリモ・ピアット
Maniche alla Chiantigiana(キャンティ風ミートソースのショートパスタ)、Zuppa di Farro(小麦の入った野菜スープ)、Risotto ai Frutti di Mare(魚介のリゾット)、Penne Pancetta e Verza(ベーコンとキャベツのペンネ)、Pasta al Pomodoro(トマトのパスタ)
ランチ用Secondi Piatti
メイン料理
Baccala’ con ceci(干しダラ、ひよこ豆添え)、Arrosto misto con Patate(ロースト肉盛り合わせ、じゃがいも添え)、Spezzatino di Manzo con Piselli(牛肉の煮込み、グリーンピース添え)、Vitella al Forno(牛肉のオーブン焼き)、Frittata di Patate(じゃがいも入りイタリアンオムレツ)、Insalatona mista(大きなミックスサラダ)
夜メニュー夜は下記のようなフルコースがあります
前菜、パスタ、メイン料理、デザート、コーヒー、水、ワインのセット
・Menu’ Toscano(トスカーナ料理コース)35ユーロ
・Menu’ del Pesce(魚料理コース)29ユーロ
・Menu’ della Bistecca(500gのステーキコース)28ユーロ

オステリア・デイ・チェントポーベリの基本情報

店名Osteria dei Centopoveri(オステリア・デイ・チェントポーベリ)
おすすめ
住所Via del Porcellana, 41R, 50123 フィレンツェ
行き方サンタマリア・ノヴェッラ駅から徒歩5分、フィレンツェ大聖堂から徒歩10分
電話番号+39055218846
定休日なし(年中無休)
営業時間12時00分~15時00分, 19時00分~23時00分
予算ランチ1人10、ディナー25~40ユーロくらい(飲み物別)
その他クレジットカード利用可
サイトhttp://www.centopoveri.it/