考古学博物館

アレッツォの考古学博物館
円形劇場(71,50x43,80m)はローマのコロッセオ(85,80x53,60m)とも引けを取らない大きさで18,000人を収容できたそうです。円形劇場だけなら博物館横の公園(こちらは入場無料)からも 眺めることができますよ

コルソ・イタリア(Corso Italia)をどんどん下ってローマ通り(Via Roma)との交差点の信号を渡るとサン・ヤコポ広場(Piazza San Jacopo)に着きますが、OVSという洋服屋の横のアンフィテアトロ通り(Via dell’Anfiteatro)の突き当たりに考古学博物館の入り口があります。

アレッツォの町としての起源は古く、アレッツォ郊外で見つかった女性の頭蓋骨から氷河期終盤(12万年~10万年前)にはこのあたりに人が住んでい たと考えられていますが、博物館では紀元前7~4世紀頃に栄えたエトゥルスコ時代と5世紀頃までのローマ帝国時代の遺物が多く展示されています。

見所はエトゥルスコ時代の黒地が特徴の陶器や、紀元前1世紀のローマ時代のトーガを着た大理石の像などで、はるか昔にこんな凝った装飾のものを作る 技術があったのかと思うような作品がたくさん展示されています。また、博物館の一部になっているローマ時代2世紀頃の円形劇場は残念ながら一部しか残って いませんが柱の間を歩いたりすることもできますよ。

スタッフ

[viewStaffCmtTitle] 
[viewStaffCmtText] 

 [viewStaffCmtResident] [viewStaffCmtAuthor] スタッフ一覧

[viewNameJP]の基本情報

名称[viewName]([viewNameJP])
おすすめ
住所[viewStreetAddress], [viewPostalCode] [viewAddressLocality]
行き方[viewHowToReach]
電話番号[viewTel]
休館日[viewHoliday]
開館時間[viewOpeningHours]
入館料[viewPriceRange]
その他[viewEtc]
サイト[viewUrlLink]
[viewGoogleMap]