サン・ピエトロ大聖堂について

バチカン サン・ピエトロ大聖堂ローマ

世界最小の国家、ヴァチカン市国

ヴァチカン市国(Stato della Citta’ del Vaticano)はローマ教皇の統治する世界最小の主権国家で、ローマ市内にあります。1つの市の中に国があるのも不思議な感じですが、1929年成立、ヴァチカン宮殿やサン・ピエトロ大聖堂を含む0.44平方キロメートルの面積に、1000人程度が暮らしています。この広さは東京ドーム10個分ほどしかありません。

バチカンはかつてないブーム

近年の出来事として、ローマ教皇が変わったことや「ダヴィンチ・コード」のベストセラーによって、観光客が急増しています。世界的にサン・ピエトロ寺院、ヴァチカンへの観光がブームとなっています。入館時の荷物チェックも厳しくなっているので、入館には行列を覚悟する必要があります。

世界有数の芸術作品たち

聖ピエトロ寺院 ミケランジェロのピエタ

サン・ピエトロ寺院内の最大のみどころ、天才ミケランジェロがわずか23歳のときに製作した「ピエタ像」。彼の最高傑作とも言われています。

カトリック教会の総本山であるバチカン市国は国自体が文化遺産の宝庫でもあります。サン・ピエトロ大聖堂やシスティーナ礼拝堂など、ボッティチェ リ、ベルニーニ、ミケランジェロといった美術史上の巨匠たちの作品で満ち溢れています。またバチカン美術館とバチカンの文書資料館には歴史上の貴重なコレ クションが大量に納められています。ちなみにバチカン自体が1984年に世界遺産に登録されています。

サンピエトロ寺院は貴重で重要な美術品の宝庫で、美術館をしのぐ芸術作品で埋め尽くされています。特にベルニーニの代表的作品が多いです。
また正面玄関を入ってすぐ右手にはミケランジェロの25歳の時の作品で、彼の最高傑作といわれる「ピエタ(悲哀)」があります。このつややかな大理石の彫刻には生涯唯一といわれる彼のサインが彫り込まれており、彼は若くして生涯の最高傑作を彫り上げたといわれています。

サン・ピエトロ大聖堂の基本情報

名称Basilica di San Pietro in Vaticano(サン・ピエトロ大聖堂)
おすすめ
住所Piazza San Pietro, 00120 ヴァチカン市国
行き方地下鉄A線Ottaviano駅から徒歩15分ほど
電話番号+39 06 698 83731
休館日日曜ミサ、宗教行事日
開館時間4~9月 7:00~19:00
10~3月 7:00~18:30
入館料€0-€10
その他入館料 大聖堂:無料
クーポラ:8ユーロ(階段利用)
10ユーロ(エレベーター利用)
サイトhttp://www.vatican.va/various/basiliche/san_pietro/index_it.htm