ウルビーノのB級グルメ「クレーシャ・スフォリアータ」

Urbino Crescia sfogliata ウルビーノ
ウルビーノではB旧グルメの「クレーシャ・スフォリアータ」を食べて欲しいです。写真は野菜のパン粉焼き「グラティン」を挟んだもの。

ウルビーノに行ったら必食のクレーシャ・スフォリアータ

レストランで郷土料理ももちろんですが、ここウルビーノに来て食べ忘れてはもったいないのがこのクレーシャ・スフォリアータと呼ばれる薄焼きパンのサンド。ロマーニャのピアディーナの親戚のようなものですが、卵入りのしっかりした生地と、スフォリアータという名の通り、パイの様に何層にもラードと練りこまれている生地がこの地域の特徴。ラードというと強いにおいが・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、中部イタリアの上質な豚のラードは、とにかく軽くて甘い(!)香りがするのです!
バターをあまり使わないこの地域の主な動物油脂はラード。揚げ菓子ですら、ラードで揚げられるものもあるくらいです。

Urbino Crescia sfogliata
クレーシャ・スフォリアータの一番のおすすめが「Ragno d’oro」 です。入り口がバールになっています。

500年以上の歴史

このクレーシャ・スフォリアータのオリジナルのレシピは1500年代にさかのぼるといわれています。相当なグルメであった宮廷人たちがこの上品な薄焼きパンを好んで食べていた、という文献があるほどで、なるほど当時の庶民には卵もラードも大切に使わなければいけない高級品でしたでしょうから毎日食卓に上るパンにこのようにたっぷり卵やラードが使われていたとは考えかねます。歴史を超えて現在ではウルビーノ庶民の1番人気のファーストフードと化した伝説の薄焼きパンということになりますね。

Urbino Crescia sfogliata
クレーシャ・スフォリアータの作業風景。くねくねと手際よく・・面白いです。
Urbino Crescia sfogliata
フライパンでなく鉄板で焼いています。とてもいい香り!

こちら「Ragno d’oro」が一押しです

さて、在住者イチオシの地元人が通う本物のクレーシャ・スフォリアータが食べられるお店を紹介しましょう。ラファエッロ通りを登りきり、ラファエッロの銅像のあるローマ広場に出たら向かって右にあるのがこ”Ragno d’oro”。金の蜘蛛、という意味のこのお店はウルビーノで一番初めにクレーシャ・スフォリアータを始めたお店です。もともとは家庭料理で飲食店で食べるものではなかったのですが、消え行く庶民の郷土料理を再認識すべく、60年代ごろからまた姿を見せ始めたクレーシャ。今ではすっかりB級グルメの王道となりました。

Urbino Crescia sfogliata
グラティンと呼ばれる野菜のパン粉焼き

人気は「Salsiccia e Erba」と「Gratin」

キッチンではベテランのおばちゃんたちが手際よく生地を伸ばし、レストランでの夕食のために備えていました。もちろんクレーシャだけを手前のオープンバールでいただくこともできます。そして中に何を挟むかが迷いどころ。人気があるのは”Salsiccia e Erba”という、グリルした豚ソーセージと野菜のソテーを一緒に挟んだものか、トマト、ズッキーニ、ナス、赤ピーマンなどの夏野菜をパン粉でオーブン焼きにした”Gratin”を挟んだものの2種類。

Urbino Crescia sfogliata
オーナーのバレーリオ氏。おばあちゃんの代からクレーシャを作ってきたそうです。

1つ5ユーロと嬉しい安さ!

焼き立てをほおばるときは生地の香ばしい香りと具のハーモニーが口に広がり、満足すること請け合いです。1つで十分おなかがいっぱいになるので5ユーロ前後というお手ごろ価格もうれしい1品。坂道の多いウルビーノを歩き疲れたら、こちらでガブリ、はいかがでしょう。 ここ”Ragno d’oro”は、オープンエアーのレストランになっているので、4月中旬から9月ごろまで開いている夏季営業のレストランです。もちろんピザや地元モンテフェルトロの郷土料理にも舌鼓をうてますので、ウルビーノにおいでの際はぜひ行って頂きたい場所のひとつです。

Urbino Crescia sfogliata
Ragno d’oroの広々したレストラン内。風が通ってさわやかで、居心地良いです。
スタッフ

私が「クレーシャ・スフォリアータ」をお勧めします 

夏季営業のレストランですので、4月初頭や9月下旬には気候によっては閉まっている場合もあるかもしれません。事前に電話確認をすることをお勧めします。 

マルケ州・カーイ在住:Yukiko Hayashi スタッフ一覧

アーモイタリアの現地ツアー、送迎車サービス

オルビエート・チヴィタ送迎サービス
オルビエートからチビタやボマルツォ怪物公園など、自力ではなかなか行きにくい場所への専用車を手配します。地元のベテラン運転手で安心、待ち合わせも簡単で心配不要です。ローマ・フィウミチーノ空港、チビタベッキア港への送迎、サトゥルニア温泉などの送迎もできます。チャイルドシート無料、スーツケースも搭載いただけます。
ローマの送迎サービス
ローマの「運転手付き専用車」を現地価格で予約できます。空港⇔ホテル送迎だけでなく、ローマ市内観光や他都市への移動にも便利です。イタリアが初めての方、荷物の多いご旅行、小さなお子様やご年配の旅行に最適です。アウトレットショッピング、オルビエートやチヴィタへの日帰り観光、スーツケースを持ってのフィレンツェ、ベニス、ミラノ、ナポリ、ポンペイなど長距離移動にも利用できます。大手旅行代理店も利用するハイヤーで安心、現地価格で料金も手頃です。電車とタクシーを併用するなら、荷物を積んでホテル前まで行けるハイヤーが断然お得です。

ラーニョ・ドーロの店舗情報

店名 Ristorante Pizzeria Ragno d'oro Urbino(ラーニョ・ドーロ)
おすすめ
住所 Viale Don Giovanni Minzoni, 2, 61029 ウルビーノ
行き方 ウルビーノ大聖堂から徒歩8分、中心街内
電話番号 +39 0722327705
定休日 なし
営業時間 バール:8:00~22:00、レストラン:12:00~15:00 / 19:00~23:00
予算 1人€5-€20くらい(飲み物別)
その他 クレジットカード利用可
サイト https://www.facebook.com/ragno.oro/
タイトルとURLをコピーしました