ウルビーノ大聖堂

ウルビーノの大聖堂ウルビーノ
ドゥオーモの外観、ネオクラシック様式です。

ネオクラシック様式の聖堂。モリージャがファサードを描き、ジュゼッペ・ヴァラディエが1789年から1801年にかけて手掛けた50メートルの高 さのカテドラル内には、クラウディオ・リドルフィ、フェデリコ・バロッチ、ラファエッロ・モッタ作のテンペラ画が壁面を飾っています。

また、ドゥオーモの向かって右側に隣接したアルバー二博物館では、祭壇用の聖具や古書の他、彫刻作品やマヨリカ陶器、絵画など、”ドゥオーモの宝”と呼ばれ る数々の美術品のコレクションを見ることが出来ます。加えて向かって左側にはドゥオーモの洞窟と呼ばれる小礼拝堂の入り口があり、ちょうどドゥオーモのカ テドラルの下に位置する場所に4つの礼拝堂が、まさに洞窟のごとく配置されているのも見ものです。

スタッフ

ウルビーノの見どころです 

ドゥカーレ宮殿のほぼ正面にあるサン・ドメニコ教会のファサードはルーカ・デッラ・ロッビアのレプリカのテッラ・コッタでゴシック様式の外観と調和する青と白のコントラストがとても美しい教会ですよ。 

マルケ州カーイ在住:林 由紀子 スタッフ一覧

ウルビーノのドゥオーモの基本情報

名称Cattedrale di Santa Maria Assunta(ウルビーノのドゥオーモ)
おすすめ
住所Via Puccinotti, 29, 61029 ウルビーノ
行き方ウルビーノ市街地の中心
電話番号+39 0722350018
休館日無休
開館時間7:30~13:00 / 14:00~20:00
入館料無料
その他
サイトhttps://arcidiocesiurbino.org/it/catalogo/parrocchie/1/1/115.aspx