アルベロベッロについて

アルベロベッロアルベロベッロ
アルベロベッロの有名なトゥルッリの町並み

とんがり屋根に白い壁のトゥルッリがあふれる世界遺産の町!

”トゥルッリの町”と呼ばれるアルベロベッロ。トゥルッリ自体はイトリア谷(Valle d’Itria)と呼ばれるプーリア州中部の丘陵地帯の町々に数多くあるものの、中心街にトゥルッリが林立している町はアルベロベッロのみ。
歴史をたどれば、15世紀には既に数多くの石灰岩で作られた建物が並び、現在の特徴ある町並みの原型を形成していました。その後、モルタルを使わずにトゥ ルッリの家々を建てるようになり、今日に見られるすばらしい景観に繋がっています。1996年、ユネスコ世界遺産に登録されました。

トゥルッリとは?

トゥルッリとは円錐形の屋根に白い壁のこの地方独特の建物。イタリア語では単数形→トゥルッロ(trullo)、複数形→トゥルッリ(trulli)といいます。
トゥルッリはモルタルを一切使わずに石を積み上げて作ることから”乾いた(a secco)”施工方法と言われています。このような特徴的な施工方法が生まれた背景には次のようないわれがあります。
17世紀にこの地方を治めていたジャンジローラモ・アックアヴィーヴァ領主はナポリ王に支払う住居税を何とか減らそうと画策。税金の査察使の目を免れるため、石を崩せば簡単に解体できるトゥルッリ以外の住居を作ることを禁じたのです。
まるで童話の世界から抜け出したようなとんがり屋根のかわいいトゥルッリ、元々は税金対策だったのです。

観光のメッカはモンティ地区!

アルベロベッロの観光のメッカはなだらかな丘陵になっているモンティ地区(Rione Monti)。
駅から来ると、まずモンティ地区の裾、マルテッロッタ広場(Largo Martellotta)に着きます。そこから伸びる緩やかな坂道、モンテ・サボティーノ通り(Via Monte Sabotino)、もしくはモンテ・サン・ミケーレ通り(Via Monte San Michele)を上るやいなや道の両脇にトゥルッリが立ち並ぶ光景が広がります。トゥルッリのほとんどは土産物店、もしくは飲食店です。

地元の人々が日常生活を営むトゥルッリが並ぶアイア・ピッコラ地区

地元の人々が日常生活を営むアイア・ピッコラ地区(Rione Aia Piccola)には約400のトゥルッリが並びます。多くの観光客や土産物店でにぎわうモンティ地区と対照的で、人通りも少なく、ひっそりとしています が、洗濯物が干され、思い思いの花や緑が飾られている生活感あるトゥルッリもまた味わい深いもの。
ただし、地元の人々のご迷惑にならないよう、マナーを守って観光しましょう。騒々しい音を立てたり、勝手に敷地に入り込んだりすることのないようお気をつけください。

地元の人々が日常の買物をする店が並ぶ新市街

アルベロベッロにいらっしゃる観光客の殆どがモンティ地区のトゥルッリ群と土産物店を見たら次の町へ移動してしまうようですが、地元の方々が日常の買物をする店が並ぶのは新市街。食品、カフェ、レストランなど、地元の方々がひいきにする店が並びます。
町の主要教会、サンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂やアルベロベッロで最も大きく、稀少な2階建て造りのトゥルッリであるトゥルッロソヴラーノなども新市街に位置しています。ぜひ足を運んでみてください!

様々なビューポイントの中からお気に入りを探そう

アルベロベッロはトゥルッリそのものよりも、集合しているその町並みが見事です。その特徴を堪能するには高台に行きましょう。ポポロ広場(Piazza del Popolo)近くのジャンジローラモ広場(Piazza Giangirolamo)やベルベデーレ(Belvedere)は特に有名なビューポイントです。

スタッフ

様々なビューポイントの中からお気に入りを探そう 

貸切チャーターの車で、バーリ、マテーラ、アルベロベッロなどを安全に効率よく移動できます。渡航前に予約して現地で安心・快適に旅しましょう。駅からホテルへの送迎、日本人ガイドも同伴可能です。
詳しくは『アルベロベッロ、バーリ周辺のタクシー&ハイヤー予約』 

マテーラ、アルベロベッロ担当:佐藤 陽子 スタッフ一覧

アルベロベッロのホテル

Booking.com