ピサの大聖堂

ピサ大聖堂
ピサの大聖堂は装飾がとても美しいです。特にファザード(正面)は気が遠くなるような細かい彫刻が施されています。

斜塔に見とれているだけではもったいない、美しすぎるピサの大聖堂

1063年にパレルモ沖でサラセン艦隊を破ったことを記念して聖母マリアに捧げるこの大聖堂の建築が始められました。ブスケットという建築家が指揮を執り、12世紀になってライナルドという建築家に引き継がれる。円蓋が完成するのは14世紀になってからのことでした。
上から眺めるとラテン十字の形をしたこの大聖堂は、奥行き95m、幅32mに及び、ピサ・ロマネスク様式の最高傑作と呼ばれています。
内部は68本の円柱が密に並び5廊式に分けられいます。その円柱の多くはパレルモの古代遺跡から戦利品として運ばれたものともいわれ、内装にはビサンティン様式の影響やイスラムの影響など様々なスタイルが融合しています。

必見のファッチャータ(建物の前面)

ライナルドの設計よる。最下層部にはブラインド・アーケードが並び、ピサ・ロマネスク様式の特徴でもある菱形模様で飾られています。
ファサード全面には無数のアーチが5段にわたって整然と並び、2段目から上にはそのアーチとアーチを支えるかのように優美な柱が並んでいますが、実際には これらの柱は飾りであり、建物を支えている訳ではないそうです。この無数の柱が建物全体に軽快さを与え、建物全体にレース模様を施したような優美さを感じ させています。これがピサ・ロマネスク様式の一番大きな特徴と言えるでしょう。

説教壇も見逃さないで!

説教壇は1302年から11年にかけて作られたイタリア・ゴシック彫刻を代表する作品で、洗礼堂の説教壇を作ったニコラ・ピサーノの息子ジョヴァン ニ作。8枚のパネルを6本の円柱と人物像の彫られた5本の柱が支える造りとなっており、中央の柱には信仰、希望、慈愛を表す擬人像が彫られています。パネ ルには聖書の場面が浮き彫りで施され、その主題は「洗礼者ヨハネの誕生」「受胎告知」「マリアのエリザベト訪問」「キリスト降誕」「キリストの公現」「神 殿奉献」「嬰児虐殺」「受難」「磔刑」「最後の審判」などです。1枚のパネルに数場面を表現するという手法が取られており、人物像に動きや激しさい感じる ことができます。

聖ラニエリの墓

大聖堂の中には、今なおピサの人々に深く崇拝されているピサの守護聖人聖ラニエリの墓があります。以前は毎年聖ラニエリの祝日である6月17日に棺が開けられ、その聖遺骸が信者に表されていましたが、今では透明な棺に移されいつもその姿を見ることができます。 6月17日の聖人の祝日には伝統的なピサの祭りである「聖ラニエリのレガッタ(ボートレース)」が催され、その前日16日には14世紀から続く何千ものろうそくでアルノ川沿を美しく照らし出すルミナーラが開催されます。

ハインリッヒ7世の墓

ルクセンブルグの皇帝ハインリッヒ7世は1310年にイタリアを訪れ、ピサを大変気に入られたそうです。1313年にシエナの近くのBuonconventoという町で亡くなり、その亡骸は彼の愛したピサの町に埋葬されました。
2人の天使のフレスコ画の下に置かれた墓碑はティーノ・ディ・カマイーノによって1315年に作られたもので、オリジナルは大聖堂付属美術館に納められて います。また、横たわる皇帝の下には12使徒が彫られています。(カマイーノはジョヴァンニ・ピサーノの弟子でよき協力者でもあった人物)

電車で行く場合のアイデア

奇跡の広場まではPisa中央駅から約徒歩25分、Pisa San Rossore駅からは徒歩約5分と、実はPisa San Rossore駅の方が最寄り駅になります。
しかし、Pisaの町並みも是非観光して欲しいもの。そこで、行きはPisa San Rossore駅からアクセスし、奇跡の広場観光、Pisaの町並み観光、Pisa中央駅へ、というルートもおすすめです。Pisa San Rossoreはフィレンツェから各駅停車でPisa中央駅の一つ先の駅です。

スタッフ

フィレンツェからピサへ、専用車でお連れします 

日本人スタッフが、専用車でピサの斜塔にお連れします。ホテル前から車で出発!時間も有効に使えてとても快適です。もちろんピサの斜塔のチケットも手配いたします。例えば9:00にホテルを出発して13:00には解散可能。午後のフィレンツェを充分に観光可能です。日本人スタッフのサポートで安心です。
ツアーの詳細はこちら『トスカーナ日帰りツアー』 

フィレンツェ在住:嶺村 素子 スタッフ一覧

ピサ大教会の基本情報

名称Cattedrale di Pisa(ピサ大教会)
おすすめ
住所Piazza del Duomo, 56126 ピサ
行き方ピサ中央駅(Pisa Centrale)から北へ徒歩22分、ピサの旧市街の奇跡の広場内
もう一つの駅「Pisa San Rossore」からは徒歩5分ほど
電話番号+39 050835011
休館日
開館時間 12月25日~1月7日:9:00~18:00
11月~2月:10:00~13:00 / 14:00~7:00
3月~3月13日:10:00~18:00
3月14日~3月20日:10:00~19:00
3月21日~9月30日:10:00~20:00
10月:10:00~19:00
入館料2ユーロ
その他
サイトhttps://www.opapisa.it/