ノート大聖堂と市庁舎広場

ノート大聖堂
ノート市民の自慢である大聖堂。長階段が印象的です。修復が終わってからまだ間もないので、新しく綺麗な印象です。

ノート大聖堂 (Cattedrale)

メイン通りに面する大聖堂。広大な階段の上に堂々と構えます。メイン通りから、大聖堂へ続く大階段には、夏はたくさんの人が座って日向ぼっこしています。
美しい建物の正面全体で特に目につくのが、青銅製の扉です。町の守護聖人であるコッラード・コンファロニエーリ・ダ・ピアチェンザの人生が描かれています。
カテドラルは、大地震後の18世紀初期に建設されました。しかし、1996年に起こった大雨の為、中央の真廊から右側翼廊の天井とクーポラが崩れ落ちると いう事件がありました。シチリアのバロック建築の原点とされている大聖堂を失った町の人々の意気消沈の仕様は、相当なものだった様です。修復作業は 2000年から7年間かけて行われ、近年にドームの修復が終わったばかりです。

内部は、まだ新しい為かすっきりとした印象です。天井には、数点のフレスコ画があり皆が上を見上げています。真っ白で規則的に並ぶ両側の柱と美しい祭壇が非常に印象的です。

地元を知り尽くしたイタリア人と共に車でシチリア名観光地をご案内します!プライベートツアーなのでご希望にも柔軟に対応できます。シチリアを満喫しましょう!
詳しくは『シチリア島プライベートツアー

ノート市庁舎(ドゥチェッツィオ宮殿) Il comune Palazzo Ducezio

大聖堂の向かい側に位置する人目を引く不思議な様相のリバティー様式の建物。宮殿の名前は、紀元前5世紀、ギリシャ民族の侵攻に対して勇敢に戦った この土地の軍隊の指揮官の名前から取られています。18世紀後期に建設されました。夜はライトアップされてとても綺麗です。元々は一階のみだったのが、 1900年代半ば頃に増築されて、二階建てになりました。
一階の広間は一般公開されており、豪華な居間と天井一面の美しいフレスコ画を観覧することが出来ます。

シチリア島の専用車が手配できます

日本から運転手付き専用車・貸し切りタクシーを手配しておけば、安心で安全な旅行になるでしょう。治安に不安があるシチリアを快適にサポートします。日本語メールでお問い合わせ・ご予約いただけます。詳しくは「シチリアのタクシー&ハイヤー予約」をご覧ください。

スタッフ

イタリア在住者からのアドバイス 
この二つの主要通りには、ほとんどの重要建築物が集まっています。ただぶらぶらと散歩しているだけでも楽しいです。天気の良い日を選びましょう。 

 シチリア・メッシーナ在住 小湊 照子 スタッフ一覧

ノート大聖堂の基本情報

名称Cattedrale di Noto(ノート大聖堂)
おすすめ
住所Piazza del Municipio, 96017 ノート
行き方ノートの町の中心地
電話番号
休館日なし
開館時間9:00~20:00
入館料無料
その他
サイトhttp://www.diocesinoto.it/diocesi_di_noto/rubriche/00022568_CATTEDRALE_DI_S._NICOL%C3%92.html