ミラッツォ下町

ミラッツォ下町ミラッツォ
ミラッツォ中心街の歩行者天国 Via Giacomo Medici。カイオ・ドウィリオ広場からすぐ。おしゃれなショップが並び、ベンチに座っておしゃべりする人たちなどもみられます。

最も新しい地区

ミラッツォは、昔城壁地区に町が存在しました。歴史が進むにつれて、徐々に人が下へと流れていきました。現在は、郊外地区とここ下町のみが町として 機能しています。ここ下町は平らで、海に近い土地に街を作り上げたいというミラッツォ市民の希望によって生まれた新しい町です。ここには多くのショップや バール、レストランなどがあります。徒歩で歩ける広さなので観光スポットも安心して徒歩で廻ることが出来ます。18世紀頃に建設されたミラッツォの中で最 も新しい地域であると言えます。
この地域は、カイオ・ドゥィリオ広場(Piazza Caio Duilio)を中心に構成されています。

カイオ・ドウィリオ広場(Piazza Caio Duilio)

広場の中心には、美しいネプチューンの泉(Fontana di Nettuno)があります。また、広場の名前をもじったCD Barというバールはいつも人で賑わっており、グラニータがおいしいことでも有名。またBarの側には、カルミネ教会(Chiesa del Carmine)という可愛いピンクの外観の教会があります。

魚市場(Mercato di pesce)

毎日早朝から賑わいを見せるここ、ミラッツォ魚市場。カイオ・ドゥィリオ広場の北側にある、ペスケリア通り(Via Pescheria)にあります。ペスケリアとはイタリア語で、魚市場や魚屋という意味です。名前通り、この通りには毎朝魚屋がその朝獲れたての魚を売り 出します。マグロや、海老など新鮮でおいしそうな魚介類がずらっと並びます。これらの新鮮な魚介類を味見することももちろん可能!ここには、世界各国から 新鮮な魚を輸入する為にわざわざ来る人たちも入るほど。日本からは、特にマグロを買いに訪れる常連客がいるのだとか。是非こちらの活気ある魚市場を体験し てみよう!

Milazzo Mercato di Pesce
活気のあるミラッツォの魚市場。新鮮な魚介類が並びます。

ドゥオーモ広場(Piazza Duomo)

魚市場の北、A.クンボ・ボルジア通り(Via A. Cumbo Borgia)を北へ進むと新ドゥオーモのある広場へ出る。新ドゥオーモは、外観はとてもシンプルなデザインです。名前どおりとても新しく、1930年代 に建設が開始され完成したのは今から約60年ほど前のこと。見るからに真新しいこのドゥオーモは、旧ドゥオーモの中にあった装飾品や絵画などの一部も完成 と同時に移されてきました。また、広場にはガラス張りにされた地下古墳が見られます。

Milazzo Duomo
かなりシンプルでそっけない感じがするミラッツォの新ドゥオーモ。まだ完成から50年程しか経っていません。

シチリア島の専用車が手配できます

日本から運転手付き専用車・貸し切りタクシーを手配しておけば、安心で安全な旅行になるでしょう。治安に不安があるシチリアを快適にサポートします。日本語メールでお問い合わせ・ご予約いただけます。詳しくは「シチリアのタクシー&ハイヤー予約」をご覧ください。

スタッフ

イタリア在住者からのアドバイス 

おしゃれなカフェやショップの多い下町。海岸通りは、夕方に散歩したりするのにお勧めです。ホテルやレストランが多いのもこの辺り。お気に入りのお店を見つけてみよう! 

シチリア・メッシーナ在住:小湊 照子 スタッフ一覧

カイオ・ドウィリオ広場の基本情報

名称Piazza Caio Duilio(カイオ・ドウィリオ広場)
おすすめ
住所Piazza Caio Duilio, 98057 ミラッツォ
行き方町の中心です
その他