甘口ワイン・シャケトラのある『マナローラ』

チンクエテッレのマナローラ
チンクエテッレの美しい町マナローラ、愛の小道はマナローラから行けます

チンクエテッレで2番目に小さな町、マナローラ

マナローラとその東のリオマッジョーレを結ぶ海岸沿いの散歩道が有名な「愛の小道」です

マナローラも他のチンクエテッレの村と同様、リグリア海(Mare Ligure)の峡谷に位置する小さな町で、周りは斜度のある山に囲まれています。5つの村のなかでコルニリアに次いで小さい村となります。

愛の小道はマナローラから行けます

チンクエテッレで最も有名な観光名所である愛の小道(Via dell’Amore)はこのマナローラと東隣のリオマッジョーレを結ぶ海岸線沿いの散歩道です。もちろんどちらの町からでも入場可能です。愛の小道の入り口は、駅を降りれば「Via dell’Amore」と書かれたたくさんの標識があるので簡単に分かります。

シャケトラが博物館があります

駅から左手には長いトンネルがあり、そのトンネルを通り抜けるとマナローラの町の中心に出ます。そこを右に行くとすぐ右手に、チンクエテッレの有名ワイン「シャケトラ」の博物館があります。このチンクエテッレ・シャケトラDOC(Cinque Terre Sciacchetrà DOC)はこの地方の名産の高級甘口ワインで、小麦色をして、そこから蜂蜜のような甘い香りが立ち上ります。
1本20ユーロ~50ユーロする高級ワインですが、食後に飲むデザートワインですのでゆっくりと飲むことが可能です。シャケトラ博物館(Museo dello Sciacchetrà)はチンクエテッレ・カードで入館無料となります。

メイン通りは意外と充実

シャケトラ博物館のあるメイン通り(Via Renato Birolli)沿いには郵便局やスーパーマーケット(Coop)もあってなかなか便利です。

さらに進むと美しい広場に到着

シャケトラ博物館をさらに進むと、小さくて美しい町の広場に到着です。ここには町の守護聖人聖ロレンツォを祀った「サン・ロレンツォ教会(Chiesa di San Lorenzo)」があります。バラ窓が可愛いゴシック様式の教会は1338年に建立されました。内部は三廊式でなかなか美しいです。8月10日の聖ロレンツォの祭日には、町でお祭りも開催されます。

トンネルの後、左に行けば美しい湾に到着です

町の広場とは逆にトンネルをくぐった後左に下って行くと、リグリア海の湾に出ます。この小さな入り江はとても美しいとのことで、絶好の写真スポットにもなっています。ぜひ忘れずに行きましょう。

世界最大のイルミネーション

あと実際には見たことがないですが、クリスマス時期になると世界最大の「光のプレセピオ(Il presepe di Manarola)」が見ることができます。プレセピオ(Presepe)とはクリスマス時期に教会の中などで飾る、キリストの誕生ストーリーを再現した ジオラマですが、このマナローラでは電球のイルミネーションを人型に作り、それを町の背景となる丘に無数に配置します。キリストや聖母マリアはもちろん、 羊や鳥や魚などの形のイルミネーションも用意され、それは圧巻だとか。
クリスマス時期は少々寒いですが、見る価値は十分にあると言うことです。

スタッフ

プレセピオはぜひ一度見てみたい 
マナローラのプレセピオはネットで写真を見るとそれは素晴らしいです。この光景は一度でいいから見てみたい。ぜひどなたかクリスマス時期に狙って滞在してみてください。そして感想を聞かせてください。 

 イタリア在住 堂 剛 スタッフ一覧

マナローラのホテル

Booking.com