陶器の町ヴィエトリ・スル・マーレ

ヴィエトリ・スル・マーレサレルノ
ヴィエトリの町並みは南イタリアらしい明るいパステルカラー。お店の外観まで陶器でできています。町並みそのものが、とってもフォトジェニックです。

アマルフィ海岸に位置する、小さな陶器の町

ヴィエトリ・スル・マーレは、世界遺産となっているアマルフィ海岸に位置する町。人口は約7800人ほどの、のんびりとした小さな町です。日本では あまり有名ではないヴィエトリですが、「海の上の(=SUL MARE)、ヴィエトリ(=VIETRI)」の名前の通り小高い丘の上にあるので、海岸線や海を見渡せる美しい景色が広がっています。また陶器の町として も知られており、歴史ある陶器工房や陶器店が軒を連ねています。カラフルで可愛らしい絵が描かれた陶器でいっぱいの町は、まるでおもちゃ箱のよう。町並み を眺めながら歩くだけで、楽しい気分になれますよ!

お土産にもぴったり♪可愛らしいヴィエトリの陶器

Vietri sul mare Ceramics
マルフィやカプリのレストランに入ったら、一度は目にするであろうカラフルな陶器のお皿たち。実はこれらもヴィエトリで作られているものが多いのです。

ヴィエトリは陶器の町。どの通りにも必ずと言っていいほど陶器屋があり、さまざまな種類の陶器が所狭しと並んでいます。オリーブなどを入れるのに ぴったりな小鉢や、エスプレッソ用のカップなど、軽くてこぶりな陶器が1ユーロから売っています。レモン柄などの南イタリアらしいモチーフが描かれてお り、お土産にもぴったりです。

その他にも、お皿やオリーブオイル瓶、タイルや小型の噴水などなど…見ているだけで楽しいたくさんの陶器がひしめいています。お店によってデザインや得意とする陶器があるので、お気に入りのお店を見つけてみてくださいね。

ヴィエトリのビーチ

ヴィエトリは、丘の上の町と海沿いの町の2つの部分から成っています。町の中心から坂道を下ること約20分、ヴィエトリのビーチに到着です。夏には 国内外からたくさんの人が訪れ、海辺は満員に!海辺のバールやレストラン街もオープンして、夜遅くまで賑わっています。ビーチでは、陶器の町とは雰囲気の 異なるアマルフィ海岸らしい陽気でのんびりした空気が流れています。春~夏に訪れるなら、ゆったりとビーチで過ごしてみるのも素敵です。

冬季の閉店と昼休みにご注意

Vietri sul mare Ceramics
エスプレッソカップやリモンチェッログラスなども、色鮮やかで可愛い!一つ2ユーロ~とお土産にもぴったりです。

アマルフィやポジターノのように観光地されていないヴィエトリ。少数のお店を除き、お昼休みをとるお店がほとんどです。お昼休みの時間ははっきりと 決まっていませんが、大体14時頃から16時半頃まで。その時間帯に行くと、ほとんどの陶器店が閉まっているのでお買い物はできません。ゆったりと散策す るのにはぴったりですが、買い物をしたいなら午前中か夕方に訪れるのがベストです。冬季はレストランも閉店する店が多いので、事前確認をしておいた方が安 心です。

アクセス

Vietri sul mare Ceramics
自分だけのオリジナルな一枚を♪陶器のレッスンや絵付け体験も行っています。

サレルノからはCSTP社、アマルフィもしくはポジターノからはSITA社のヴィエトリ行きバスが出ています。チケットはタバッキで事前に購入し、 乗車した際に機械に通してチケットに印字します。これがないと違反になることもありますので注意してください。サレルノからヴィエトリに向かうバスは、小 さな巡回バスです。遅れることも多く、日曜・祝日は便が少なくなるので、余裕をもったスケジュールをおすすめします。

サレルノからは、頑張れば徒歩でヴィエトリに行くことも可能です。海岸にそって真っ直ぐにゆるい坂道を30分ほど登ります。坂道なので少しこたえますが、目前には海を見渡す美しいパノラマが続きます。時間と体力に余裕のある方は、徒歩もおすすめです。

アマルフィ海岸の個人ツアーもあります

カプリ島やイスキア島、アマルフィ海岸などを快適に観光するツアーあります。現地在住で日本語で案内してくれるので話しを聞くのも面白くて安心。個人で楽しくアレンジしてくれます。詳しくは「ナポリ近郊ツアー」をご覧ください。

スタッフ

イタリア在住者からのアドバイス 

ヴィエトリは、私も大好きな可愛らしく魅力あふれる町です。アマルフィやポジターノとは一味違う、のんびりとして素朴な南イタリアならではの雰囲気を感じることができます。陶器で彩られた小さく古い町並みや、町から見渡す海岸沿いの風景は何度訪れても飽きませんよ。 

イタリア在住:アーモイタリア・スタッフ スタッフ一覧