モンデッロ海水浴場(Mondello)

Mondello Beach
遠浅の白い砂浜のモンデッロ・ビーチ。子供連れでも安心です

Mondello Beach
6月から9月までは、ビーチの大部分がこのカビーナでうめつくされる

Mondello Beach
天気が良ければ、5月から10月までいつでも人で溢れかえる

Mondello Beach
ぺッレグリーノ山からの眺め。海岸に突き出して建つ建物は高級レストラン、チャールストン

Mondello Beach
チャールストンの入り口

Mondello Beach
海から見たチャールストン。天気の良い夏の日、海にせり出したテラスでの食事は最高に気持ちがいい!

Mondello Beach
秋のモンデッロ・ビーチ。遠くに見えるのがぺッレグリーノ山。セント・バーナードが寝そべっているみたい?!

Mondello Beach
パレルモ市内とモンデッロを結ぶ806番のバス。夏にはオープン・エアのバスも運行される

パレルモっ子お気に入りの海水浴場

パレルモから10kmも離れていないところに、パレルモっ子お気に入りのビーチ、モンデッロがあります。

車がないと行けない海岸が多い中、ここはパレルモ市内からバス1本というアクセスの良さ。シチリアの海岸は岩場が多いのですが、珍しくここは砂浜。その上遠浅なので、子供連れでも安心です。実際、子供たちの学校が終わる6月から9月までは、家族総出でモンデッロに移住するパレルモっ子たちも珍しくありません!

イモ洗い状態

パレルモから近い上バスも運行しているので、夏休み期間中はいつでも大混雑。6月から9月までは、殆どの部分にCabina(カビーナ)と呼ばれる個人用の小屋が設置され、カビーナ所有者とその関係者しか入れなくなってしまいますが、心配ご無用!デッキチェアーやパラソルの貸し出しもある、ビジター用の有料ビーチもありますし、超庶民用の無料ビーチも勿論あります!さすがに無料ビーチは、イモ洗い状態に近いものがありますが!

19世紀の高級リゾート?!

モンデッロは元々は鄙びた漁村だったのですが、19世紀に貴族やブルジョア階級の人々の別荘地として開発されました。

その象徴が、海にせり出して建つ老舗レストラン・チャールストン(Charleston)。本来海水浴のための施設として1912年、建築カロドルフォ・ストゥアルカーによって建設されたものです。
海水浴は今でこそ、庶民から金持ちまでみんなが楽しむものですが、この建物が建った当時は、やはり金持ちの楽しみでしかなかったのでしょう。
モンデッロには今でも別荘が立ち並び、夏の間だけモンデッロの別荘に引っ越す家庭もまだまだ健在です。

パレルモからは806番のバスで

モンデッロへはパレルモの中心部からバスで簡単に行けます。ポリテアマ劇場裏の、ドン・ストゥルツォ広場(Piazza Don Sturzo)始発、806番のバスです。道路の混雑状態にもよりますが、通常30分近くかかりますので、体力に自信のない人は始発から座っていくのが楽かもしれません!普通の市バスと同じチケットが使えますので、90分有効1.30ユーロです。市内各地のタバッキ、またはドン・ストゥルツォ広場にあるAMATの売店で購入できます。

【シチリア・パレルモ在住 kinuko takahashi】スタッフプロフィールを見る

パレルモ在住:kinuko takahashi
イタリア在住者からのアドバイス

6月から9月の間にパレルモに来るのなら、水着をお忘れなく!無料ビーチで手軽に過ごすのもいいけれど、ビーチベッド、パラソル付き有料ビーチで優雅に過ごしてはいかが?旅の疲れもいっぺんに吹き飛ぶのでは?

パレルモ在住:kinuko takahashiスタッフスタッフ一覧を見る

名称 モンデッロ(Mondello)
住所 Mondello, Palermo, Italia
行き方 パレルモ中心街のドン・ルイジ・ストゥルツォ広場(Piazza Don Luigi Sturzo)から806番のバスに乗って約30分
地図
大きな地図で見る




Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM