ルッカを代表する3つの教会

San Martino in Lucca
鐘楼に寄り添うように建つサン・マルティーノ大聖堂

San Martino in Lucca
異なったデザインの円柱のアーケードと回廊に浮き彫りが施されたサン・マルティーノ大聖堂の正面

San Martino in Lucca
鐘楼に寄り添うように建つサン・マルティーノ大聖堂

サン・マルティーノ大聖堂 (Duomo di San Martino)

イタリアの他の街では、大聖堂は街の中心の広場にあるのが普通ですが、ルッカの大聖堂は街の中心から少し外れた場所に位置しています。鉄道駅を出てすぐに城壁の向こう側に見える鐘楼と建物が、このサン・マルティーノ大聖堂です。最初に建てられたのは6世紀の中頃ですが、建物は11世紀から13世紀にかけて何度も大きく改築され現在の姿となり、内部も14世紀に改装されました。

ファザード(正面部分)は、グイデット・ダ・コモによって13世紀初頭に完成されたもので、ピサの大聖堂の影響を受けたものですが、ルッカ独特のロマネスク様式の要素が加わり、より豪華な造りとなっています。上の部分はすべて異なるデザインの円柱が使われた3層のアーケードでできています。よく見ると、このファザードは左右対称ではなく、右側部分が小さくなっており、その横には鐘楼が密接して建てられています。この鐘楼には銃眼が備えられており、ピサやフィレンツェといった大国に囲まれて戦争を繰り返していたルッカの都市国家としての歴史を感じさせられます。

下の柱廊部分の壁には聖マルティーノに関する物語や月のカレンダーの浮き彫りが丁寧に施されています。また、一番右側の円柱には、迷路のものが刻まれています。なぜこのようなものが刻まれているのかははっきりと明らかにはなっていませんが、一説には、入るのは簡単だが出口を見つけるのが難しい迷路を人の人生に喩え、出口に向かって進み続ける私達の人生を象徴したものだと言われています。あなたもこの迷路に挑戦してみてはいかがでしょうか?

大聖堂の中に入ってみると、美しいステンドガラスや壮大な彫刻や絵画が並び、外からは想像できないような厳粛な空間が広がっています。

ここの聖具室には“イラリア・デル・カレットの墓”という墓石彫刻が納められています。この彫刻は当時の代表的な彫刻家だったヤコボ・デッラ・クエルチェによって1408年に作られたもので、イラリアは当時のルッカの実質的な支配者であったパオロ・グイニージの妻だった女性です。彫られた彼女の顔はまるで眠っているかのように安らかで美しく、足元には忠誠を象徴していると言われるうずくまった犬や側面には生き生きとした子供達が彫られており、イラリアへの想いが伝わってくるような墓石彫刻です。

※2012年11月現在、大聖堂の内部工事中です。中に入ることはできます。

  • ミサの行われる時間
    平日:9時〜、17時〜 / 土曜日:19時〜 /  日曜日:10時30分〜
  • 聖具室への入場料
    2ユーロ

San Michele in Lucca
4層になった円柱のアーケードとその上に立つ天使の像が美しいサン・ミケーレ教会の正面

San Michele in Lucca
街の中心に位置するサン・ミケーレ広場

サン・ミケーレ教会(Chiesa di San Michele)

サン・ミケーレ教会は、ルッカの街の中心部分といえるサン・ミケーレ広場に位置しています。ここは古代ローマの公共広場があった場所でもあり、今でも休日には出店が並び、いつも多くの人で賑わっています。サン・ミケーレ教会は1070年に建設が始まり、その後完成までは14世紀までかかりました。

それほど大きくない広場に隣接するこの教会のファザード(正面部分)は、ひときわ目を引きます。ファザードの上部は、サン・マルティーノ大聖堂と同じく、異なるデザインの円柱からなる4層のアーケードで作られています。円柱やファザードの壁部分は動物等の様々な彫刻で装飾されており、その優美さに見入ってしまいます。その上には、4mもの高さのある大きな聖ミケーレの像がまるでルッカの街の人の生活を見守るようにそびえたっています。

  • 教会の開館時間
    7時40分〜12時、15時〜18時

Museo Mandralisca Cefalu
モザイクが美しいサン・フレディアーノ教会

Museo Mandralisca Cefalu
サン・フレディアーノ教会内部

サン・フレディアーノ教会(Basilica di San Frediano)

ルッカを代表する3教会の最後の一つの教会です。この教会のファザード(正面部分)は、他の2つの教会とは異なり、ビザンチン様式の見事な「キリストの昇天」のモザイクが飾られています。このようにファザードにモザイクが用いられているのはとても珍しく、トスカーナでは、他にはフィレンツェにあるサン・ミニアート・アル・モンテ教会のファザードだけだそうです。

サン・フレディアーノ教会は、すでに7世紀後半には建てられていたことが記録に残っています。現在、教会が建っている場所は、その当時は城壁の外側に位置しており、その後の街の拡大によって新しく作られた城壁の内側に入りました。また、他の2つの教会のファザードが西の方角を向いているのに対し、この教会のファザードは東の方向を向いています。もとはこの教会のファザードも西を向いていましたが、新しく建設された城壁が教会の入り口にあまりにも近すぎたため、東向きに変えられたとのことです。

また、城壁に近いこの教会の鐘楼も、サン・マルティーノ大聖堂の鐘楼と同じように銃眼のある鐘楼になっています。

  • 教会の開館時間
    平日:8時30分〜12時、15時〜17時
    休日:10時30分〜17時

【ルッカ在住:堀内 良美】スタッフプロフィールを見る




Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM