バッサーノ焼きをお土産に買ってみよう『La Mimosa』

バッサーノ・デル・グラッパの陶器店 『ラ・ミモザ La Mimosa』 バッサーノ・デル・グラッパ
店の外観。正面のショーケースは黄色いイメージで絵付けされた皿、小物類。

おみやげにバッサーノ焼きを・・・『ラ・ミモザ La Mimosa』

バッサーノの有名なものに、陶器があります。町中は陶器を売る店でいっぱい、特に町のシンボルであるアルピーニ橋の付近には多くの店が並びます。
その中でも私のご推薦はここ、『ラ・ミモザ』です。

ご主人ジュリアーノさんはここバッサーノで生まれ育ち、絵付師として30年のキャリアの持ち主。もちろん彼の父親の代も、そして彼の23歳になる娘さんも同様の職業についている、アルティジャナーレ(職人)一家。
バッサーノの陶器の美しさは、通常よりもやや低温で焼き上げたことによる色彩の特徴的な鮮やかさ、この土地の土からだから可能である比較的薄めの仕上がりによる繊細さなどからくるもの。

そこにこの店のご主人の得意とする季節の果実や花などのモチーフがなんともいえない優しい表情を醸し出しています。食器として使うもの以外は絵付けしてから釉薬を塗って2度目の焼成焼という作業を施していないものもあり、これが土の素朴さを残して彼の描く絵と微妙な良いバランスを保った作品となっているのが特徴です。
伝統的なバッサーノ焼きとは一味違う仕上がりの彼の作品が所狭しと並ぶ、『ラ・ミモザ』の工房兼店舗を一度覗いてみてください。

場所はアルピーノ橋を渡りきり、そのまままっすぐ100m強進んだ左手にある小さな小さなお店です。

アーモイタリアのおすすめ

‏グラッパ蒸留所訪問+バッサーノ・デル・グラッパ観光 5時間ツアー
ワイン製造の後に残る皮や実を蒸留してつくるグラッパ。その発祥のバッサーノで最も歴史ある蒸留所見学をします。グラッパの歴史や製造などを日本語で通訳しながらご案内しそのあと数種を試飲していただけます。蒸留所見学後は、バッサーノ・デル・グラッパの街散策に出かけ、歴史ある街並みをご案内いたします。
バッサーノ・デル・グラッパ散策 5時間ツアー
ワイン製造の後に残る皮や実を蒸留してつくるグラッパ。その発祥のバッサーノで最も歴史ある蒸留所見学をします。グラッパの歴史や製造などを日本語で通訳しながらご案内しそのあと数種を試飲していただけます。蒸留所見学後は、バッサーノ・デル・グラッパの街散策に出かけ、歴史ある街並みをご案内いたします。
パドヴァでプチ料理留学
イタリア北部のヴェネト州は海、山に囲まれた恵まれた自然環境。新鮮な魚とハム、サラミ、チーズ、野菜、そしてワイン、グラッパ。アンティパスト、セコンド、コントルノドルチェまで季節にあった料理を学びませんか?ワインのカンティーナ、チーズ製造も見学できます。

バッサーノ焼き『ラ・ミモザ』の基本情報

店名 La Mimosa(バッサーノ焼き『ラ・ミモザ』)
おすすめ
住所 Via Angarano, 51, 36061 バッサーノ・デル・グラッパ
行き方 Bassano del Grappa国鉄駅から西へまっすぐ徒歩14分。ブレンタ川を渡ってすぐ
電話番号 +39 0424503719
定休日
営業時間
その他
サイト

タイトルとURLをコピーしました