Hostaria del Ceccottino

Pitigliano Hostaria del Ceccottino ピティリアーノ
名店「チェッコッティーノ」はピティリアーノの町の中心、大聖堂の広場にあるので探すのは簡単です。お店の前にはクリスマス用のもみの木がありました。
味  
雰囲気
値段 
総合 
トスカーナ州南部の小都市ピティリアーノは食材とワインの宝庫なので、小さい町ながらレストランは充実しています。その中においてここ「Osteria del Ceccottino」はナンバーワンでしょう。値段を4.5星にしてありますが、それはこの町のレストランが安いからで、フィレンツェやローマに比べたら十分に安く、コストパフォーマンスはかなり高いです。メニューを見ただけでこの店が真面目に料理を作っているのがわかるでしょう。

ピティリアーノで一番お勧めのレストランです

ピティリアーノはトスカーナの小都市。たくさんの自然に囲まれて、美味しい食材、ワインを味わうことができます。町を歩けば小さい町ながらも、美味しいサラミや生ハムを売っているお店が軒をつらね、散策しているだけでお腹が減ってきます。。。
観光客が少ない都市は美味しいレストランが豊富です。一度しか来ない旅行客ではなく、地元の住人が相手となると美味しくないレストランは営業を続けることが難しいから。その点でもピティリアーノは美味しいレストランがほとんどですが、その中から僕がイチオシするのがここ『Hostaria del Ceccottino(オスタリア・デル・チェッコッティーノ)』です。

Pitigliano Hostaria del Ceccottino
室内は45席なので広すぎず、満員になっても圧迫感はないでしょう。暖かい日はドゥオモ広場に面したテラスにテーブルが出ます。

お店はスローフード会員にもなっています

お店は町の中心に位置するドゥオモ(大聖堂)がある広場に面しているので簡単に見つかるでしょう。そもそもピティリアーノは小さな町なので迷子になることはありません。お店の入り口のメニューを見るとこのお店のクオリティーの高さがすぐに分かります。メニューはトスカーナ州の伝統料理が中心で、それに独自のアイデアを少し加えています。野菜や肉も地元産を中心に新鮮で安全なものを厳選しています。その理由は、このお店はスローフードの会員だから。最高の味と品質を保証する、カタツムリ・マーク(スローフード協会のマーク)も付いています。

Pitigliano Hostaria del Ceccottino
地元のピティリアーノの白とソヴァーナの赤をグラスで注文(1杯3.5ユーロ)。どちらも美味しかったです。

2005年オープン。店内は清潔で、席もゆったりしています

店内はシックで高級レストランらしく、すべてが整っていて清潔感があります。このお店はピティリアーノでは一番の高級店ですが、それでもフィレンツェの安い定食屋と同じ程度の料金。こういうお店ではちょっと贅沢できて、普段食べられない料理もオーダーできるから嬉しいです。
2005年にオープンしたということで、綺麗なのは当然なのですが、サービスも行き届いていて、お客さんも詰め込み過ぎず、ゆったりと優雅な時間を過ごせるでしょう。だからといって堅苦しくはありませんのでご安心を。友達とワイワイ楽しく食事ができますよ。

Pitigliano Hostaria del Ceccottino
早めにお店に入れてもらい、料理を待っている間にサービスしてくれたのがこのタルト。こういう気の使い方はとても嬉しいですね。

サービス満点!これぞレストランです!

感心したのはお店のサービス。僕が行ったのは12月でランチの開店時間より少し早い12時過ぎ。お店はまだ準備中だったのですが、外は寒いだろうと席を用意してくれました。ゆっくりとメニューを見てオーダーを済ませた後に、料理まで少し時間がかかるからと、注文したグラスワインと一緒に、焼きたての小さな野菜のタルトをサービスしてくれました。これが美味しくって感心!頼んだ料理がますます楽しみになったのです。
後で分かったのですが、実はこの店員さんはオーナーのアレッサンドロさんでした。帰る時には調理場を担当している奥さんのキアーラさんも紹介してくださり、とても嬉しかったです。こういうお店は応援したくなりますね。

Pitigliano Hostaria del Ceccottino
クロスティーニの盛り合わせ(12ユーロ)。トリュフペースト、オリーブペースと、アーティチョーク、レバーペーストなど一口大のパンが8切れ乗っていました。

料理は厳選食材のトスカーナ料理

ピティリアーノはラツィオ州に近いですがれっきとしたトスカーナ。メニューもトスカーナ料理が中心です。キアーナ牛、チンタセネーゼ豚、イノシシやウサギ料理、サラミや生ハムなどが並びます。パスタはシエナ伝統のピーチなど手打ちパスタがメインです。
ワインは地元のピティリアーノのDOC白ワイン、ソヴァーナのDOC赤ワインはもちろんのこと、サッシカイアなどのスーパートスカンも揃っています。さすがに良いレストランは良いワインリストを用意しています。こうやって僕たち3人の軽いランチは始まりました。

Pitigliano Hostaria del Ceccottino
ポルチーニ茸のタリアテッレ(10ユーロ)。季節外れだったのでポルチーニは冷凍でしたが、肉厚の上質のものを使っていたので満足です。

料理はもちろん旨い!ですよ

前菜はクロスティーニの盛り合わせ。8つの一口大のパンにそれぞれ異なる食材が乗っています。ラルド、オリーブペースト、黒トリュフ、赤チコリ、レバーペースト、トマトなど、思い出しただけお腹が鳴ってしまいます。プリモピアットには、ポルチーニ茸のタリアテッレと、バターとセージソースのニューディを注文。ポルチーニ茸は季節ではないので冷凍ものを使っているとのことでしたが、肉厚で香りも高く最上級のものでしょう。唐辛子が少し入っていて、シンプルながらアクセントがきいた美味しい一皿でした。もちろん唐辛子なしも可能です。
ニューディというのは初めて聞いたのですが、リコッタチーズとほうれん草で作った団子状の料理。フワフワのアツアツでなんとも不思議な料理でした。でも本当に美味しかったです。

Pitigliano Hostaria del Ceccottino
はじめて食べるニューディ(10ユーロ)。地元料理でトルテッリの中身、リコッタチーズとほうれん草だけで仕上げた料理です。食感がフワフワで面白いです。

3名で軽めのランチ、合計55ユーロ(2008年12月)

入店した時はもちろん一番乗りだったのですが、気づいてみると店内はほぼ満席。シーズンオフだというのに人気のお店のようです。僕たちのテーブル以外はみなイタリア人で、その半分は地元のお客さんといった感じです。料金も手軽で、サービスは満点。満足度のとても高いレストランだと思います。何度も通って、メニューを一通り味わってみたいお店ですね。

  • Fantasia di Crostini(クロスティーニの盛り合わせ)x1 = 12ユーロ
  • Tagliatelle ai funghi porcini(ポルチーニ茸のタリアテッレ)x2 = 20ユーロ
  • Gnudi al burro e salvia(バターとセージソースのニューディ)x1 = 10ユーロ
  • Acqua(水)x1 = 2.5ユーロ
  • Vino al bicchiere(グラスワイン) x2 = 7ユーロ
  • Caffe’(エスプレッソ) x3 = 4.5ユーロ
  • Sconto (割引)= 1ユーロ
Pitigliano Hostaria del Ceccottino
オーナーのアレッサンドロさんと奥さんのキアーラさん。美味しく親切なお店は応援したくなります。
スタッフ

僕がこの「チェッコッティーノ」をお勧めします 

ピティリアーノは観光の町としてはまだまだ有名ではないですが、これから増々人気になるでしょう。ピティリアーノに行く時はぜひお腹を空かせて、ランチかディナーを楽しむと良いでしょう。
自力で行くのはなかなか難しいですが、個人ツアーも開催しています。チヴィタとピティリアーノの2大貴重都市を一度に観光できてお得ですよ。詳しくは『ウンブリア州近郊ツアー』をご覧下さい。ローマからの日帰りも可能です。
フィレンツェ拠点のアウトレット巡り、シエナ、ピサ、キャンティなど日帰り観光「トスカーナ・ツアー」もあります。 

フィレンツェ在住:堂 剛 スタッフ一覧

メニュー(2009年10月)

レストランの公式サイトがありますが、あいにくメニューも料金表も見つかりませんでした。(2022年)

チャージ テーブルチャージ:なし
お勧め料理 Tagliere di affettati di Cinta Senese(チンタセネーゼ豚のハム盛り合わせ)14ユーロ、Tagliatelle olio e scaglie di tartufo nero(黒トリュフを削りかけたタリアテッレ)14ユーロ、Tagliata di Vitello di Vecca Maremmana(地元特産牛の薄切り)22ユーロ、Bistecca di Vitello di Vecca Maremmana(マレンマ特産牛のステーキ)50ユーロ/キロ、Brasato di Cinghiale Maremmano(マレンマ産イノシシの煮込み料理)14ユーロ、Filetto di Manzo al Morellino(牛ヒレ肉)26ユーロ、Fiorentina Carne locale(地元牛のフィレンツェ風Tボーンステーキ)40ユーロ/キロ、Fiorentina Chianina IGP(キアーナ牛のフィレンツェ風Tボーンステーキ)60ユーロ/キロ
Antipasto
前菜
Crostino salsiccia e stracchino di Sorano(ソーセージとストラッキーノチーズのクロスティーニ)6ユーロ、Crostino Toscano e Pitiglianese(トスカーナ風とピティリアーノ風のクロスティーニ)6ユーロ、Crostini con lardo di Cinta Senese(チンタセネーゼ豚のラルドのクロスティーニ)7ユーロ、Fantasia di crostini(クロスティーニの盛り合わせ)12ユーロ、Acciughe al pesto(アンチョビ)9ユーロ、Varieta’ di sott’oli(酢漬けの盛り合わせ)9ユーロ、Misto di Salumi Maremmani(豚、イノシシ、チンタ豚のサラミ盛り合わせ)10ユーロ
Primi, Pasta
パスタ、リゾット
Tagliatelle con funghi Porcini(ポルチーニ茸のタリアテッレ)10ユーロ、Pici all’agliata(ニンニクとコショウのトマトソースのピーチ太麺パスタ)8ユーロ、Pappardelle al cinghiale(イノシシの煮込みソースの太平打ち麺パスタ)10ユーロ、Tortelli ricotta e ortica con scaglie di tartufo(リコッタのトルテッリ、トリュフ削り)14ユーロ、Gnudi al burro e salvia(バターとセージソースのニューディ)10ユーロ、Gnudi al Tartufo(トリュフのニューディ)14ユーロ
Secondi Piatti
メイン料理
Cinghiale alla Cacciatora(イノシシ肉の煮込み料理)14ユーロ、Buglione d’Agnello(羊肉トマトソース)13ユーロ、Coniglio alle erbette(ウサギ肉の香草風味)10ユーロ、Fantasia di formaggi Maremmani(地元羊チーズの盛り合わせ)12ユーロ、Selezione di miele e marmellate(地元産はちみつとジャム)8ユーロ、Stinco di maiale al forno con patate e finocchietto(豚すね肉のオーブン焼き、ジャガイモ沿え)12ユーロ、Caprese con Mozzarella di Bufala(水牛モッツァレラのカプレーゼ)9ユーロ
Contorni
付け合せ野菜
Fagioli del Purgatorio al naturale(白インゲンのオリーブオイル和え)5ユーロ、Patate al forno(ジャガイモのオーブン焼き)6ユーロ、Dadolata di verdure miste al forno(切った野菜のオーブン焼き)5ユーロ、Verdure saltate in padella oppure all’agro(野菜炒め)5ユーロ、Insalata mista(ミックスサラダ)5ユーロ、Insalata Campagnola(田舎風サラダ)12ユーロ
Dolci
デザート
Stratto Pitiglianese 4ユーロ、Tozzetti col Vin Santo(ヴィンサントとクッキー)5ユーロ、Fagottino del Ceccottino 6ユーロ、Bavarese al Vin Santo(ヴィンサント風味ババロア)6ユーロ、Mousse di ricotta al …(リコッタチーズのムース)6ユーロ、Panna cotta al …(パンナコッタ)6ユーロ、Tiramisu’ della casa(自家製ティラミス)6ユーロ、Panna cotta profumata allo Zafferano(サフラン風味のパンナコッタ)6ユーロ
Vini
ワイン
Bianco di Pitigliano DOC、Sovana DOCなど、グラスで3ユーロから、ボトルで13ユーロから

オステリア・チェッコッティーノの店舗情報

店名 Hostaria del Ceccottino(オステリア・チェッコッティーノ)
おすすめ
住所 Piazza S. Gregorio VII, 64, 58017 ピティリアーノ
行き方 ピティリアーノの町の中心の広場内です
電話番号 +390564614273
定休日 木曜日
営業時間 12時30分~15時00分, 19時00分~21時30分
予算 1人15~40ユーロくらい(飲み物別)
その他 クレジットカード利用可
サイト https://ceccottino.com/
タイトルとURLをコピーしました