ティベリオ橋(Ponte di Tiberio)

Ponte Tiberio in Rimini
天気の良い日は橋のアーチが水面に映り、とてもきれいです。

Ponte Tiberio in Rimini
橋は狭いので、車は一方通行です。

Ponte Tiberio in Rimini
橋の中央部。ラテン語で碑文が刻まれています。

Ponte Tiberio in Rimini
マレッキア川から貨物の引き上げをしていた為、所々にロープの跡がついています。

古代ローマ時代に作られたティベリオ橋(Ponte di Tiberio)を紹介します。

リミニは、ローマ以外で古代ローマ帝国時代の遺跡が残る街として有名です。その中でもティベリオ橋は2000年経った現在も当時の姿をそのまま残しており、リミニの貴重な財産となっています。ティベリオ橋は、皇帝アウグストによって西暦14年に建設が始められましたが、橋の完成を見ずに亡くなってしまい、7年後の西暦21年にティベリオ皇帝の時代で完成した為、ティベリオ橋と呼ばれています。橋は細いので、車は大型車を除いて通行可能ですが、両側には歩道があるので、人も通れます。橋はリミニ旧市街の北側、かつてアリミヌス川と呼ばれていたマレッキア川にかかっており、ピアチェンツァまで続くエミリア街道(La via Emilia)と、アクイレイアまで続くポピリア街道(La via Popilia-Annia)の起点とされています。エミリア街道は紀元前187年に作られていますので、リミニが歴史的にとても古い街だと言う事が想像できるかと思います。

皇帝アウグストの計画

リミニは、中部イタリアへ続くフラミニア街道(Via Flaminia)の終点でもありました。紀元前27年に皇帝アウグストはそのフラミニア街道の終点にアウグスト門(Arco d’Augusto)を建てましたが、もう一つの主要街道であったエミリア街道の始まり地点にティベリオ橋を建設する事にしたのです。アウグスト門とティベリオ橋は、リミニ旧市街のメインストリートであるアウグスト通り(Corso d’Augusto)の両端にそれぞれ位置していますが、これは皇帝アウグストによる、リミニという町をより貴重なものにする為のアイデアだったと言われています。イタリアの主要街道であるフラミニア街道とエミリア街道の始まりがこのリミニにあり、それぞれの地点に建てられた二つのモニュメントがそれぞれほぼ完全な状態で残っている事は、リミニが歴史的に重要な街である事を示しています。

橋の構造

ティベリオ橋は、現存する古代ローマ時代に作られた橋の中でも特筆するべき橋と言われています。それは橋の構造にあり、現代の建築家からも参考にされているそうです。橋の長さは62.60メートルで幅は8.65メートル。ヴェネチアの地盤にも使用されているイストリア産の大理石が使われています。橋の下部は5つのアーチがあり、端から真ん中にかけて次第に大きくなる構造になっています。海に流れるマレッキア川は流れが早いため、頑丈で強固な橋が必要でした。その為、どっしりとした6つの橋台は橋の支軸に対して斜めに置かれ、橋台には防波堤の役目をする尖がった石が2メートルに渡って突き出ています。それぞれのアーチの間には小さな神殿がデザインされ、橋の手すり部分にはラテン語で碑文が刻まれています。現在のマレッキア川は、別の場所から海へと流れるため、ティベリオ橋がある部分は大きな湖となっており、ボートで周れるようになっています。

リミニ人なら誰でも知っている橋のあだ名、“悪魔の橋“の由来は?

ティベリオ橋は、その頑丈な構造の為に“Ponte del Diavolo“(悪魔の橋)というあだ名が付けられています。父、アウグストの命令によって始められたティベリオ橋の建設には7年もの月日がかかりました。その7年の間、橋の建設は一向にはかどらず、橋の一部分を建設しては、その部分が崩れ落ちるという事が続きました。橋の完成が不可能に思えた頃、全ての神々に願いを捧げていた息子、ティベリオ皇帝は、その絶望の中で悪魔に祈り始めるのです。「橋を完成させて下さい。その代わりに、橋を一番目に渡るものの魂を捧げます」と。悪魔は皇帝の願いを聞き入れ、橋はその夜のうちに完成しました。とうとう橋の開通記念式が行われる日がやってきますが、ティベリオ皇帝は部下に、犬を最初に渡らせる事を命じます。犬が最初に橋を渡るのを見た悪魔は怒り狂い、すぐに橋を破壊しようとしますが、もう後の祭り。橋はとても頑丈に作られているので、さすがの悪魔も破壊できませんでした。

橋の旧市街側にある手すり部分に、ヤギの足跡のような痕跡が残っていますが、これが伝説の証拠と言われています。また、第2次世界大戦中にリミニの大部分は爆撃を受け、街を囲んでいた壁や橋が被害を受けましたが、他の橋が1度の攻撃で破壊されたのに対し、ティベリオ橋は幾度の攻撃を受けても破壊されなかったそうです。これも、悪魔の橋と呼ばれる所以と言われています。

【リミニ在住:石井 教子】スタッフプロフィールを見る

リミニ在住:石井 教子
イタリア在住者からのアドバイス

欄干は少しボロボロになっている所もあって、石がポロッと崩れそうな部分もあります。現在も車や人が通り、リミニの街に溶け込んでいますが、2000年の歴史を持つ橋を実際に渡ってみると感慨深く、とても感動します。またボートで橋を下から見学する事もできます。

リミニ在住:石井 教子スタッフスタッフ一覧を見る

名称 ティベリオ橋(Ponte di Tiberio)
住所 Ponte di Tiberio, 47921 Rimini RN, イタリア
地図
大きな地図で見る




Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM