ホテル・レジデンス・サン・ジョルジョ

Matera Hotel Residence San Giorgioマテーラ
旧市街サッシのメイン通り沿いにある、ホテルのレセプション。ホテルの部屋はここから徒歩圏内に点在していて、どれもため息がこぼれるほど美しいお部屋です。
清潔さ  
客室の広さ
サービス 
料金   
地域の治安
総合   
文句なしでお勧めできるホテルです。部屋は広くキッチン付き。食器洗浄機、洗濯機もあり、そのどれもが新品のようにピカピカです。レセプションの対応もとても丁寧で、心地よいもてなしを受けられました。冷蔵庫にはミネラル・ウォーター、フルーツジュース、牛乳まで用意されていました。それで値段は普通のホテルと同じかそれ以下。ジャグジー付きバスタブの部屋が狙い目です。

サッシ、石灰でできた街並みは幻想的です

何度か訪れたことのあるマテーラですが、実は泊まったことがありませんでした。今回マテーラの人のお誘いを受け、マテーラに宿泊しながらマテーラ観光する機会を得ることができました。泊まってみたら、これがとても感動的で面白い。イタリアに住んでいても感動するくらいなので、日本からここに来たら、おそらく一生の記念になると思います。

マテーラに来たら洞窟住居に泊まらなきゃ!

洞窟住居と聞くとなんだか寂しく、見捨てられた町のように聞こえますが、住人もたくさんいてお店も多いんです。独特の白い外観はそのままに内装だけをリフォームしたレストランやカフェ、お土産屋さんも点在しています。
マテーラに来たらぜひ体験して欲しいのが、洞窟住居のホテル。石灰をくりぬいた住居は、秘密基地を作って遊んだ子供の頃の記憶を呼び起こします。マテーラの見どころはサッシ地区に集中していて宿泊中の便も良いですし、なによりも滞在自体が楽しくなります。内装は豪華、でも手頃な値段から宿泊できますよ。

アパートタイプのホテルで、住むように滞在しよう

ホテルはたくさんありますが、今回僕が選んだのは「レジデンス・サン・ジョルジョ」。サッシ地区の中心に位置して移動にも便利、内装は超が付く豪華さ。アパートタイプで、キッチンやリビングまで付いています。美味しいレストランも近くにあり、バルコニーで軽く食前酒が楽しめたりと、まるでイタリアに住むように滞在できます。あまりにも気に入ってマテーラに住んでみよう、と思ってしまうほど居心地がよく満足でした。

客室の写真一覧

マテーラは長期滞在がお勧めです

ホテルでは地下洞窟のツアーなどのサービスもあって、宿泊者はたっぷりマテーラを満喫できます。食器はもちろん、食器洗浄機、冷蔵庫まで付いているので自炊も可能。スーパーで地元食材を買い込んで、料理に腕をふるうのも良いでしょう。

テラスでの夕食は忘れられない記念になりました

食事は本サイトで紹介している「レストラン Le Botteghe」で決まりです。地元食材を使った地元料理は新しい発見も多く、美味しくて楽しいです。マテーラパンも味わえますよ。このレジデンスからはレストランまで徒歩1分の距離なので、夜も安心ですね。

二日目の夜はテラスで軽食を楽しみました。美しい夜景を眺めながら、地元ワインとハムやチーズは忘れられない味でした。

おすすめのホテルです

南イタリアは治安が悪いというイメージがありますが、マテーラに限ってはそんな心配はほとんどありません。二日も滞在すれば道も把握でき、四日いれば地元の人から気軽に声をかけてくれるようになります。日本人にますます人気となっているマテーラ。一足先に滞在してみてはいかがでしょうか。

スタッフ

Residence San Giorgio おすすめです 

マテーラのサッシ地区にあるホテルで、町からも近いところに位置します。ホテルの中は超豪華、ホテルからの眺めも最高です。近くにレストランやバールも豊富にあってとても便利。マテーラに行ったら日帰りでなく、宿泊することを強くお勧めしますよ。 

イタリア在住:堂 剛(ドウ ツヨシ) スタッフ一覧

ホテル・レジデンス・サン・ジョルジョの基本情報

店名Hotel Residence San Giorgio(ホテル・レジデンス・サン・ジョルジョ)
おすすめ
住所Via Fiorentini, 259, 75100 マテーラ
行き方旧市街のサッシを東西に走るメイン通り「フィオレンティーニ通り」沿い。マテーラ中央駅から最初に到着する町のメイン広場「ヴィットリオ・ヴェネト広場(Piazza Vittorio Veneto)」の脇からサッシ地区に続く階段を下りると、自然とフィオレンツィーニ通りに着きます。
電話番号+390835334583
定休日なし
営業時間フロント24時間オープン
予算1室100~400ユーロくらい
その他
サイトhttps://www.hotelaquilabianca.it/
タイトルとURLをコピーしました