ワイナリー・アビニョネージ(Winery Avignonesi)

Winery Avignonesi
モダンな試飲サロン

Winery Avignonesi
メルロー50%サンジョベーゼ50%で造られている50&50

Winery Avignonesi
ワイナリーの入り口

Winery Avignonesi
熟成所で説明を聞きます

Winery Avignonesi
レストランからの眺め

Winery Avignonesi
前菜のモッツァレラのフライ

Winery Avignonesi
自家製無農薬野菜のリゾット

Winery Avignonesi
うずらのロースト

Winery Avignonesi
シェフのセレクトデザート

アビニョネージ

3大トスカーナワインである、モンテプルチアーノワイン。その中でも一番規模が大きく、DOCG認定ワインである「Vino Nobile di Montepulciano」を造る最古のワイナリーであるアビニョネージをご紹介します。

トスカーナ州シエナ県のモンテプルチアーノにある設立1974年の歴史あるワイナリー。場所は、モンテプルチアーノとコルトーナの境目に位置しています。現オーナーは2009年にこのワイナリーを買収し、全ての葡萄を無農薬で栽培することを決め、歴史あるアビニョネージの大革命に乗り出しました。伝統あるワインの醸造方法と最新の葡萄栽培方法とが合わさり、これからが更に楽しみなワイナリーの一つです。

ワイナリーではいくつか見学コースがあるので、見学・試飲とも満喫できます。

ワイナリー見学と試飲コース

プログラムの始まりは、葡萄畑から。アビニョネージがどのように、どんな葡萄を栽培しているのかを実際畑に行き、説明を受けます。色々な工夫がなされ栽培されている葡萄畑、実施に畑に立って説明を受けるます。2009年から行っているオーガニック農法や、葡萄の苗の植え方まで色々な話しを聞き、分からない所は質問しながら見学することができます。

畑の見学が終わると、熟成所へ。造るワインによって異なる4カ所の熟成所を見学します。伝統的な作り方で造られるワイン用の大きなオーク樽のある熟成所、白ワインの熟成所、フレンチオークを使って熟成させている熟成所、さらに甘口ワインのヴィンサントを熟成させている熟成所を説明を受けながら見学します。

特に面白いのが、フレンチオークを使って熟成されている樽がいくつも並ぶ迷路のような熟成所。ここは壁一面にカビが生えていて少し不気味な雰囲気ですが、湿度、温度共にワインの熟成には完璧とされています。一見の価値ありです。

見学が終わったあとはサロンへ移動し、自分の好きなワインの試飲をすることができます。1杯から試飲することも出来ますが、私のお勧めは5杯を飲み比べることが出来る5vini。飲み比べることで、ワインの個性を感じることが出来ます。ここでも一本一本スタッフが説明をしてくれるので、味を確かめながらアビニョネージのワインについて頭と舌で学ぶことが出来ます。見学と試飲で2時間程度、気軽にワイナリーを体験できます。

ワイナリー見学とランチフルコース&試飲

こちらは上で説明したワイナリー見学の後、アビニョネージにあるレストランでランチのフルコースを楽しみながらワインお試飲が出来るコースです。

ワイナリー見学の後、アビニョネージ内にあるレストランに移動。アビニョネージのレストランは2つに分かれています。素晴らしい眺めを一望できるテラスと大きな暖炉が美しい中の部屋があり、季節によって使い分けられています。

今回私が座ったのは、テラス。ザ・トスカーナの美しい渓谷を眺めながら開放感いっぱいのテラスで美味しい食事とワインを存分に楽しみました!ランチコースは前菜からパスタ、メインとデザートになっていて、パスタとメインとデザートはいくつかあるメニューの中からその日の気分で選ぶことが出来ます。

前菜からスタート

この日の前菜は、モッツアレラチーズのフライ。フレッシュなトマトピューレと合わせてフライなのに重く無い、爽やかな味わいになっています。これに合わせるのはワインは白のシャルドネ。オーストラリアやアメリカのシャルドネとは違い、樽の香りがしっかりとついたトスカーナの白です。コルトーナで栽培されているシャルドネ種を使っていて、よく冷やされた白は食事の始まりにぴったりです!

思考が凝らされたパスタメニュー

この日パスタにあったメニューは

  1. 手打ちパスタピチのホロホロ鶏とプルーンのソース
  2. 野菜のリゾット、ゴートチーズのフォーム添え
  3. アスパラピューレソースのニョッキグラタン

私は2の野菜のリゾットを選択。野菜の味がしっかりついたアルデンテに仕上がったリゾットは絶品です。パスタからワインも選択することができます。

  1. Vino Nobile di Montepulciano DOCG 2010
  2. Desiderio Merlot Cortona DOC 2010
  3. Grifi Toscana IGT 2010

私が選んだのはGrifi Toscana IGT 2010。悩みましたが、飲一度も飲んだことのないこちらを選択。カベルネ・ソービニオンとサンジョベーゼで造られているワインです。タンニンが豊富、後味が深いワインです。ウェイターもワインの説明をしながらついでくれるので、会話が弾みとても楽しく食事をすることができます。

うずらのローストと絶品50&50!

メインのお料理も3種類から選びます。この日あったメニューは

  1. ウサギと新玉葱と新ジャガのロースト
  2. うずらのロースト、新玉葱のキャラメリーゼ添え
  3. モッツァレッラとアーティチョークのフライ

私が選んだのは、2のうずらのローストです。キャラメル色になるまでじっくりと調理された新玉葱と柔らかいウズラ肉のローストが良く合っています。ワインは

  1. 50&50 Toscana IGT 2006
  2. Riserva Grandi Annate Vino Nobile di Montepulciano DOCG 2007

から選択します。私は迷わず50&50を選択。メルローとサンジョベーゼで造られているワインです。このワインはトスカーナのキャンティ地区にあるワイナリーで造られているワインとアヴィニヨネージのワインの共演ワイン、長く残る余韻と香りのしっかりとした香りの高さに倒れそうになるくらい美味しい、高級ワインです。

ドルチェと幻のヴィンサント

デザートも好きな物を選択出来るので女性には嬉しいサービスですが、男性にも楽しんでもらえるようなメニューがありました。

  1. パイナップルのタルト、ココナッツアイス添え
  2. チョコレートのテリーヌ ストロベリーソース
  3. ヴィンサントに合わせるシェフのセレクトデザート

3のセレクトデザートは、チーズやドライフルーツなど甘口ワインのヴィンサントを楽しむために考案されているデザートです。甘口ワインといっても侮るなかれ、アヴィニヨネージのヴィンサントは大変貴重なヴィンサントです。インダストリアルなものや砂糖などを加えず葡萄の力と、葡萄が本来持ってる甘さを時間をかえて引き出すことで、ヴィンサントの甘さをだしています。樽の中で10年間一度も開けられることがなく熟成されているので、本当に特別な貴重なヴィンサント。アヴィニヨネージのランチコースでは、デザートの時このヴィンサントも味わうことができます。トロトロとした黒蜜のような本物のヴィンサント、初めての体験に興奮しました!
最後はカフェとグラッパでフィニッシュ。最初の一品&ワインから最後の一品&ワインまで、美しい景色と共に至れり尽くせりのようなランチフルコースを堪能しました。

【2013年5月 池田 かえ】

トスカーナ在住:池田 かえ
私がこの「Avignonesi」をおすすめします

トスカーナを車で訪れる際は、是非訪れていただきたいモンテプルチアーノの名門ワイナリーアヴィニョネージ。 素晴らしい環境とワインと食事で完全にノックアウトされた私。ワインに興味のない方でも十分に楽しんでいただけるものがたくさんつまっている特別なワイナリーです。ホームページからチェックして予約してから訪れましょう。

トスカーナ日帰りツアー」でこの「Avignonesi」も訪問できます。キャンティと組み合わせてワイナリー巡り、モンテプルチャーノやサンジミニャーノの古都巡りなど、イタリア旅行を充実させましょう。お気軽にお問い合わせください。

トスカーナ在住・池田 かえスタッフスタッフ一覧を見る

店名 ワイナリー・アビニョネージ(Winery Avignonesi)
住所 FATTORIA LE CAPEZZINE
Via Colonica, 1 - 53045 Valiano di Montepulciano - Italy
電話番号 +39 05 78 70 741
サイト http://www.avignonesi.it/
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM