サトゥルニア温泉(Terme di Saturnia)

サトゥルニア温泉 Terme di Saturnia
石灰棚でできた天然温泉サトゥルニア。みんな笑顔になるほど楽しいです

サトゥルニア温泉 Terme di Saturnia
6月24日に行った時の写真です。平日で混雑しているように見えますが、実際はけっこう広々と浸かれましたよ

サトゥルニア温泉 Terme di Saturnia
こちらは2月20日に行った時の写真です。この時はほぼ貸切状態。外は寒いですが温泉はもちろんポカポカ。水温もちょうど良かったです

サトゥルニア温泉 Terme di Saturnia
丘の上からの温泉のようす。滝のように大量のお湯が湧き出ています

日本ではほとんど知られていない秘境

サトゥルニアはトスカーナの南の山の中にある、知る人ぞ知る秘境温泉です。イタリアでもようやく最近見る機会が増えてきたばかりで、かなりの穴場スポット。「イタリアで温泉?」と不思議に思う人も多いですが、イタリアはヨーロッパの中でも火山の多い国で、イタリア各地に温泉が湧いています。その中でもこのサトゥルニアは秘湯の1つです。

無料の天然温泉は最高の気分!

美しい石灰棚に滝のように温泉が注ぎ込んでいます。完全な天然温泉で、最後は川となって下流に流れていきます。上流に行けば熱く、下流に行けばぬるいので、好みの温度で浸かることができます。
サトゥルニア温泉の魅力は「無料」であること。誰でも自由に入浴できます。許可なども一切いらないですよ。

水着着用です

当然のことながら水着着用です。基本的に年配の方や家族連れが多く、イタリア人が80%で、ヨーロッパの旅行者も多いです。土日や夏のバカンスシーズンは混雑しますが、それ以外は比較的空いていて、2月の平日に行った時は、なんと入浴者が3名だけだったこともあります。もちろんお湯に浸かれば全く寒くないです。

着替える場所はありません

女性はビキニもワンピースの人もいます。着替える場所はないので、基本はみな車の中で着替えます。6月〜9月くらいなら濡れた水着もすぐに乾くので、水着の上に洋服を着て帰る人も多いです。イタリアは基本水着などほとんど恥ずかしがらないので、人目はあまり気にしないでも大丈夫です。

イタリア旅行の最高の思い出

本当に美しい風景、そしてイタリアで天然温泉に入る機会は人生でもそうそうないと思います。イタリア人はみな親切で、温泉に浸かりながら談笑することもあります。本やリンゴなどを持って入って、数時間のんびりする人もいますよ。

行き方は車のみ・・・

あいにくサトゥルニアには電車は通っていません。ローカルのバスはありますが、かなり複雑でおそらく日帰りするのは不可能でしょう。唯一行ける方法がレンタカーでしょう。

もしくは近くのホテルに泊まれば行ける可能性もあります。サトゥルニアはスパホテルが多いので、のんびりしたい方は一泊するのも良いと思います。
サトゥルニアのホテル一覧を見る(Booking.com)

車でお連れする個人ツアー可能です

アーモイタリアでは「チヴィタ、ピティリアーノ、ボルセーナ、サトゥルニア温泉」のツアーも開催しています。車でこれらの秘境の町を案内していますので、一度お問い合わせください。くわしくは下記ページで紹介しています。
スタッフ オルヴィエート近郊の個人ツアー

持って行くと良いもの

  • 水着(必須)
  • バスタオル
  • ビーチサンダル
  • ペットボトルの飲料水
  • サンオイル
  • サングラス
  • 防水ポーチ(商品例:パラディニア防水ポーチ
  • 防水のカメラ

【イタリア在住 堂 剛】スタッフプロフィールを見る

イタリア在住 堂 剛
イタリア在住者からのアドバイス

公共交通機関で行くのは難しいサトゥルニア温泉ですが、レンタカーでイタリア旅行を計画している方には超オススメです。日本人ではなかなか訪れる人は少ない穴場スポットです。イタリアの温泉に浸かりながらのんびりしましょう。

レンタカーが難しい方には、オルヴィエートからチヴィタ、ピティリアーノなどと一緒にサトゥルニア温泉も立ち寄り可能な個人ツアーも用意しています。食事も地元の美味しいレストランをご用意。詳しくは「オルヴィエート近郊の個人ツアー」をご覧下さい。

イタリア在住・堂 剛



Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM