ヨーロッパ最大級の青空市場「ポルタ・パラッツォ」(Porta Palazzo)

Porta Palazzo Market Torino
この巨大な建物がトリノ市場の目印になります。手前の屋台群ではバッグや洋服、雑貨なども売っていました

Porta Palazzo Market Torino
色鮮やかなミニトマトやブドウが並びます

Porta Palazzo Market Torino
野菜売り場は買い物客で大人気です

Porta Palazzo Market Torino
野菜は屋外、お肉や魚は建物内で売っています。肉が有名だけあって立派な肉屋さんが多かったです。肉が名物のフィレンツェの市場よりも充実していました

Porta Palazzo Market Torino
海に面していないトリノですが、鮮魚店も充実していました。生で食べられるというまぐろも売っていましたよ

Porta Palazzo Market Torino
こんな楽しい写真が撮れるのも、イタリアの市場ならではです

Porta Palazzo Market Torino
市場に行った日の夜は、牛肉のカルパッチョとパンで美味しいディナーを楽しみました。肉は新鮮で臭みもまったくなく見事でした

4.5 Star

食の魅力も見逃せない、トリノ

北イタリアが誇る経済都市トリノは、自動車のフィアットやサッカーのユベントスなどが有名ですが、実はチョコレート、ワイン、チーズ、肉など食に関してもイタリア国内の評価が高く、食の街としても知られています。今回トリノで訪れたレストランがいずれもレベルがとても高く、地元食材と伝統料理の素晴らしさに感動しました。 ミラノに次ぐイタリア第2の工業都市トリノに住む人たちの胃袋を支えているのが、町の少し北側にある「ポルタ・パラッツォ」と呼ばれる市場です。ヨーロッパ最大の青空市場は見応えたっぷりで旅行者目線で訪れてもとても楽しい場所です。もちろん食材を買うには最高の場所です!

5万平米を超える、巨大な敷地!

ポルタ・パラッツォ市場の最大の魅力はその広さと店舗の数、そして商品種類の豊富さです。51,300平米(!)の敷地内に野菜、果物、肉や魚などの生鮮食品、洋服やバッグなどの衣料品、生活に欠かせない日用雑貨まで総勢685の屋台が所狭しと並んでいます。
広大な敷地は週末になると人がごった返しますが、平日なら比較的空いていてゆっくりと見学できるでしょう。家庭のマンマはもちろん、レストランの仕入れの人も多く、朝から活気があって写真を撮るのも楽しい場所です。トリノはまだまだ観光客が少ない町ですが、カメラを持った旅行者もちらほら見かけました。市場で働く人たちは愛想も良いので楽しい経験になりますよ。

ビタミン補給に、フルーツがおすすめ!

ポルタ・パラッツォで最も活気がある売り場が、地元農家の人たちが朝採れたばかりの新鮮な野菜や果物などを売っている区画です。果物や野菜の色が鮮やかで、店員さんが身振りを交えて威勢のよい声を発してお客さんを呼び込みます。イタリアでは野菜や果物を量り売りしてくれます。野菜や果物は日本のものよりも味が濃く、初めて食べた人は感動するほど旨味が凝縮しています。旅行中は外食が多くビタミンが不足するので野菜やフルーツを補給するとよいでしょう。日本と同じ四季なので、やはりその時の旬のフルーツが一番美味しいです。

僕が訪れた時はブドウと洋なしがたくさん売っていました。どちらもとても甘くて美味しかったです。

食材を買って、ホテルやアパートで食べてみよう!

食に興味がある人なら外食を一回控えて、市場の食材でランチやディナーを作ってみるのも楽しいアイデアだと思います。ナイフを一本用意すれば、レストランで食べるよりずっと美味しい生ハムメロンや、牛肉のカルパッチョなどが準備できます。トリノは生肉が有名なので、とても新鮮な色の綺麗な牛肉が売っています。地元の人もカルパッチョやタルタルにして生のまま食します。

僕も1食ディナーを借りているアパートの部屋で作ってみました。
牛肉のカルパッチョ(肉屋さんにカルパッチョで食べると言って切ってもらうだけ)、トマトとチーズのサラダ、洋なしとチーズの前菜などです。他に赤ワイン「バローロ」のブドウの搾りかすの中で熟成させたチーズもおつまみにしました。
すべて火を使わない料理なのでホテルでも簡単に準備できますよ。

小腹が減ったら市場で食べあるきも・・・

市場内には焼きたてのパンや切り売りピッツェリアも売っていました。小腹が空いたら地元の人たちにならってパニーノを頬張るのも楽しい思い出になるでしょう。もちろん値段も市内のバールで買うよりもずーっと安いです。巨大なポルタ・パラッツォの市場は目にも胃袋にも嬉しいです。

イタリア在住 堂 剛
イタリア在住者からのアドバイス

どの街でも朝市はとても楽しいです。地元の日常生活を肌で感じられますし、その地方の名産品、特産物を発見できます。イタリアは日本同様、南北に細長いので各都地方では食材にも特色があります。
特にトリノの市場で感じたのはとても整備されていて、他の都市の市場のような「乱雑さ」は少なかったです。テントの張り方や売り場面積の規則をきちんと守っているかどうか、警察官が巡回していたのも、トリノではよく見かけました。トリノ自体は治安がとても良いのですが、それでも貴重品には十分注意しましょう!楽しいですよ!

フィレンツェ在住・堂 剛スタッフスタッフ一覧を見る

店名 Porta Palazzo Market(ポルタ・パラッツォ市場)
住所 Piazza della Repubblica, Torino, イタリア
行き方 トリノ王宮のすこし北側、王宮からは徒歩5分程度
定休日 日曜日
営業時間 午前中(土曜日は夕方まで営業するようです)
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM