ミネルヴァ庭園(Giardino della Minerva)

Giardino della Minerva
レモンが実る最上階のスペース。ここから庭園内や市内が見渡せます

Giardino della Minerva
四元素の考えを基に四つのパートに分けられた一階の花壇

Giardino della Minerva
夏でも涼しく、心地よい空間です

Giardino della Minerva
ハーブティが飲める、見晴らしの良いカフェスペース

Giardino della Minerva
サレルノ湾や旧市街が見渡せます

サレルノでもっとも見逃せないスポットです

サレルノ旧市街から坂道を登っていくと、路地や階段の多い住宅街の中にひっそりとあるのが「ミネルヴァ庭園」。小さな看板が出ているだけなので、注意していないと見逃してしまいそうなこじんまりとした庭園です。でもこの庭園、実はサレルノの歴史や医学の思想が凝縮されているのです。

海と山に囲まれた風光明媚なサレルノの町。古くから医学研究が盛んに行われ、中世時代にはサレルノ医学校が建てらました。そのため保養地としても知られており、たくさんの人が療養のために訪れてきました。サレルノ医学校は現在「サレルノ大学」となっており、現存する大学の中でボローニャ大学に次ぐ古い歴史を持っています。

ハーブ療法の研究と学びの場であった「ミネルヴァ庭園」

サレルノの医学研究の場としてつくられたのが「ミネルヴァ庭園」。代々医師の家系であったマッテオ・シルバーティコ氏が、ハーブ療法の研究と医学生達の学びの場として建設しました。そのため、植えられているハーブや植物は全て医学研究のためのもの。観光や鑑賞用としてではなく、研究や療養のための植物が所狭しと植えられています。現在は382種類ものハーブが植えられており、日本でも馴染みがあるアロエやタイムなどをはじめ、中世の時代から薬草として使用されている珍しいハーブなども栽培されています。

四元素の思想によって構成された庭園

庭園は、テラスと段々畑のように連なった5つのパートから成っています。スタート地点でもある一階のスペースには、円型の花壇が四分割され、地面には「空気(ARIA)・水(AQUA)・土(TERRA)・火(FUOCO)」などの文字が書かれています。これは、古代ギリシアの数学・哲学者であるピタゴラスによる四元素(※)の考え方を基に、人間の健康や性格の要素であると考えられた四つの要素「熱さ(CALDO)・湿度(UMIDO)・冷たさ(FREDDO)・乾燥(SECCO)」が加えられたもの。18世紀頃までは、この考え方を基にハーブの調合や研究などが行われていたといわれています。今でもこの考え方は庭園の至る所に反映されていて、花壇だけではなく植物の詳細を示すプレートにも四元素を基にしたハーブの効用が記載されています。

(※)物体の構成要素は「土・水・火・空気」の四つであるとし、これらの要素が相互に転換しあって他のあらゆるものが作られているとする考え方。

見晴らしの良いテラスでゆっくり

ピタゴラスや四元素なんてなんだか難しそう…と思うかもしれませんが、実際に庭園を訪れてみると、難しいことは抜きでゆっくりとリラックスできます。丁寧に手入れされた敷地内には、心地よい日差しが差し、ハーブや植物が生き生きと茂っています。緑溢れる庭園からは海や旧市街を見渡す景色が広がっており、“庭園”というよりは丘に浮かぶ植物園と言った方がしっくりくるかもしれません。丘の中腹に位置しているため、見晴らしがとても良いのもミネルヴァ庭園の一つの魅了です。庭園内に併設されたテラスはカフェスペースになっており、ハーブティーを楽しめます。観光の合間に、風景を眺めながらハーブティーで休憩してみてはいかがでしょうか。

施設名 Giardino della Minerva(ミネルヴァ庭園)
住所 Vicolo Ferrante Sanseverino, 1, 84121 Salerno SA
電話番号 +39 089 252423
定休日 月曜日
開館時間 火曜日〜日曜日 9:30〜13:00
入館料 3ユーロ
公式サイト http://www.giardinodellaminerva.it/
地図
アマルフィ:中村 綾見
イタリア在住者からのアドバイス

日本ではほとんど知られていないミネルヴァ庭園ですが、地元の人からはサレルノを訪れるなら欠かせないスポットとして人気です。ハーブ好きにも、サレルノ観光にも、オススメですよ!

アマルフィ海岸在住:中村 綾見スタッフスタッフ一覧を見る

イタリア在住:堂 剛
サレルノ市内観光や、アマルフィ海岸の美味しいツアーにお連れします

現地在住の日本人スタッフがサレルノ市内やアマルフィ海岸の美しい町をご案内します。ただ観光するだけでなく、レモン農家、リモンチェッロ工場、魚醤コラトゥーラ見学など、楽しい企画も盛りだくさんです。詳しくは下記ページをご覧ください。




Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM