Hostaria da Nerone(オスタリア・ダ・ネローネ)

Hostaria da Nerone Roma
お天気のよい日のテラス席

Hostaria da Nerone Roma
入り口

Hostaria da Nerone Roma
前菜が並ぶカウンター

Hostaria da Nerone Roma
店内の様子

Hostaria da Nerone Roma
ボンゴレスパゲッティ

Hostaria da Nerone Roma
ほうれん草入りラビオリ

Hostaria da Nerone Roma
コーダ・アラ・バチナーラ 牛テールの煮込み大皿

Hostaria da Nerone Roma
仔羊オーブン焼き 6〜7人分

Hostaria da Nerone Roma
目玉焼き

Hostaria da Nerone Roma
ご自慢のティラミス

4stars 伝統的なローマ料理のレストランです。正午過ぎからお客さんが集まりはじめ、素朴ながら味わいのあるローマ料理を楽しんでいます。「コロッセオ」から歩いて数分に位置するので便利です。落ち着ける屋内の席と開放的な屋外の席とを選べます。夜は隣のバールが閉まるので、バールの前を越えて遠くの方まで座席の数を増やしてお客様を迎えています。一人一人のお客様への気配りを欠かせない親切で親しみやすいオーナーさんとスタッフ達がおり、気持ちよくお食事が出来る場所です。常連さん達も多いレストランです。
雰囲気 4stars
値段 3.5stars
総合 4stars

ローマ自慢のローマ料理

親子で通うファンも多いここオスタリア・ダ・ネローネは、創業1929年という、昔からの家族経営レストラン。もてなしもピカイチで、長年の経験と自信に支えられたお客様第一のオーナーさん一家が出迎えてくれます。本物の素材しか使わず、作りおきなどありえないとこだわる料理人が作る本当のローマ料理が食べられます。何とこのレストランはラッツィオ州レストラン協会公認の数少ない典型的ローマ料理店です。

立地条件も最高!

ネローネ=暴君で有名なネロ皇帝。店名は、ここにローマ皇帝ネロの黄金宮殿があったことから付けられています。ローマのシンボルといえば、コロッセオですよね。この店はローマ観光で絶対にはずせないコロッセオや豊富な古代遺跡群から数分に位置するレストランなのです。

地元の人々が食べに来るオスタリア

上記のようなローマ観光地のレストランですので、もちろんツーリストのお客さんも少なくありません。でも、あまり大きくない店内には、地元のご夫婦がゆっくりと食事をしていたり、オーナーが常連さんらしき人たちとお話をしていたり。。。。ローマ的なゆったりとした時間を過ごすことが出来るでしょう。そのため、大きなグループは受け付けてくれません。最大15人までならどうにかOK。予約をしたほうがベター。

おすすめの前菜でもうおなかいっぱい?

この店へは、歩き回っておなかをすかせて来てください。美味しいものであふれかえっています。まず何といっても目玉は、店内にある幅2メートル以上の大きなガラスケースの中にある、多種類の野菜、魚介類、肉類、卵料理などが並ぶ前菜(アンティパスト)です。季節によって品物が変るのも楽しいです。

一つ注意点は、アンティパストミストとたのむと、ウエィターさんが適当に見繕ってお皿に持ってきてくれます。野菜のアンティパスト、海の幸のアンティパスト、ハムやサラミのアンティパストなどとあります。でも、自分でお皿を持ってバイキング風に前菜を取ってる人もおり、????だったのですが、何回か通っているうちに訳がわかりました。持ってきてもらう場合は10ユーロです。セルフサービスで自分で取ってくることも出来、その場合は好きなものを好きなだけ山盛りできるというシステムですが料金が違うのです。いくらか割高で請求されますが、どうしても食べてみたいと思うようなアンティパストばかり。その後おなかが苦しくて何も食べられないと言うことになるかも。

暖かい季節には外のテーブルで

真冬を除いて、外でもお食事を楽しめます。お勧めは、きのこのフェットチーネ、アマトリチャーナソースのパスタ、ボンゴレスパゲッティ、子羊、子牛肉のサルティンボッカアラロマーナ、オッソブーコなどなど、素朴なローマ料理を堪能してください。
お好きなお料理を気軽に味わっていただけます。観光途中のお昼より夕食のほうがゆっくりとお食事を楽しめるのでは。前菜とパスタだけ、メインとサラダや付け合せだけ、パスタとデザートなど、近所の食堂のようにくつろげる店です。
外国語メニューもあります。もちろん日本語もあるので安心ですね。

休日は?

まさにローマ風で、日曜日。
夏休みは8月いっぱい閉店。
これこそイタリア人の生活習慣そのもので、昔から変ってないんだろうなーって、納得してしまいます。

今回のランチの注文と会計(女性3人、合計75ユーロ)

  • テーブルチャージ:無し
  • ミネラルウオーター1L:2ユーロ
  • ハウスワイン250cc:  2.5ユーロ
  • 缶コカコーラ:     2.5ユーロ
  • 前菜(セルフ)x2:  26ユーロ
  • パスタ・エ・チェチ:  8ユーロ
  • ラビオリ:       11ユーロ
  • スパゲティ・ボンゴレ: 11ユーロ
  • ティラミス x2:   12ユーロ
  • (今回は前菜で満腹になり、セコンドには手が出ませんでした)

2012年11月【ローマ在住:山内スージー】

ローマ在住:山内スージー
私が「オスタリア・ダ・ネローネ」をお勧めします

お値段的には安く食べれるレストランではありませんが、本格的なローマの美味しいものを食べたい方はトライしてください。少しずつ取っても全種類入れる前にお皿が山盛りになってしまう前菜(アンティパスト)が大好きなのですが、これを食べてしまうと他のものが食べられなくなるというジレンマに悩まされています。

ローマ在住:山内スージー

メニュー(2012年12月現在)
Coperto テーブルチャージ:なし
Antipasti
前菜
Antipasto misto(アンティパスト・ミスト 前菜盛り合わせ) 10ユーロ、Prosciutto e salame(生ハムとサラミ)10ユーロ、Antipasto vegetariano(野菜のアンティパスト)10ユーロ、Antipasto di mare(海の幸のアンティパスト)10ユーロ、Prosciutto e melone(生ハムとメロン)10ユーロ
Minestre
スープ
consomme(コンソメ)6.5ユーロ、Capellini in brodo(カッペリーニ{極細パスタ}入りコンソメ)8ユーロ、Tortellini in brodo(トルテリーニ入りコンソメ)8ユーロ、Zuppa di verdura(野菜スープ)8ユーロ、Pasta e fagioli(パスタと豆のスープ)8ユーロ
Pasta
パスタ
Fettuccine alla Nerone(ネローネ風フェットチーネ=きのこソース)11ユーロ、Ravioli alla bolognese(ラビオリ・ミートソース)11ユーロ、Lasagna al forno(ラザニア)9.5ユーロ、Cannelloni al forno(カネロニ)9.5ユーロ、Spaghetti alla bolognese(スパゲッティ・ボロネーゼ=ミートソース)10.00、Spaghetti all'amatriciana(スパゲッティ・アマトリチャーナ)11ユーロ、Spaghetti al pomodoro(スパゲッティ・トマトソース)10ユーロ、Spaghetti alla carbonara(スパゲッティ・カルボナーラ)11ユーロ、Spaghetti alle vongole(スパゲッティ・ボンゴレ)11ユーロ
Carne
肉料理
Pollo alla romana con peperoni(ローマ風チキンとペペローニ)13ユーロ、Bistecca ai ferri(ビーフステーキ)13ユーロ、Lombatina di vitella ai ferri (仔牛のTボーンステーキ)14ユーロ、Filetto ai ferri(フィレステーキ)15ユーロ、Bistecca alla pizzaiola(ビーフステーキ・トマトソース)13ユーロ、 Fegato ai ferri o alla veneta(レバーのステーキ またはベネト風)13ユーロ、Cotoletta alla milanese(ミラノ風カツレツ)13ユーロ、Ossobuco con pure(オッソブーコ{牛すね肉煮込み}ポテト添え)13ユーロ、Scaloppina a piacere(仔牛のワインソース)13ユーロ、Saltimbocca alla romana(仔牛のサルティンボッカ・アラ・ロマーナ)14ユーロ、Boccincini di vitella con pure(仔牛の角切り肉、ポテト添え)13ユーロ、Cotoletta alla bolognese(ボローニャ風カツレツ)14ユーロ、Girello al forno(牛肉オーブン焼き)13ユーロ、1/4 di pollo arrosto(チキンロースト1/4羽)9ユーロ、Abbacchio al forno(仔羊のオーブン焼き)15ユーロ、Piccantina di vitella(仔牛のレモンソース)13ユーロ、Omeletta apiacere(オムレツお好みで)9ユーロ、Tegamino di cervello al burro(脳みそバター焼き、きのこ添え)13ユーロ、Coniglio alla cacciatore(ウサギ肉の狩人風)13ユーロ、Bollito di manzo o gallina bollita(牛のボイルまたはチキンのボイル)13ユーロ、2 uova al tegamino(目玉焼き2つ)7ユーロ、Fritto di cervello e zucchine(脳みそとズッキーニのフライ)13ユーロ
Pesce
魚料理
Sogliola a piacere(ひらめのグリル)15ユーロ、Fritto misto di mare(魚介類ミックスフライ)15ユーロ、Spiedino di scampi(手長えびの串焼き)15ユーロ、Spiedino di mazzancolle(くるまえびの串焼き)15ユーロ、Trancia di pesce spada(メカジキ切り身グリル)15ユーロ
Verdure
野菜
Insalata mista(ミックスサラダ)6ユーロ、Insalata verde(グリーンサラダ)6ユーロ、verdura cotta(調理野菜)6ユーロ、piselli al prosciutto(グリーンピースとハムの炒め物)6ユーロ、patata a piacere(ポテト料理フライ、炒め、茹で、オーブン)6ユーロ
Formaggi
チーズ
Provolone(プロボローネ・甘口)7ユーロ、Parmigiano(パルミジャーノ)7ユーロ、Groviera(グロビエラ・辛口)7ユーロ、Caciotta romana(カッチョッタ・ロマーナ=羊のチーズ)7ユーロ、Gorgonzola(ゴルゴンゾラ=ブルーチーズ)7ユーロ
Dolci
ドルチェ
Dorci assortiti(ケーキ=ティラミスなど)6ユーロ、Gelati assortiti(アイスクリーム)6ユーロ、1 frutta di stagione(季節のフルーツ1つ)2.5ユーロ、Macedonia di furutta(フルーツサラダ)6ユーロ
Drinks
飲み物
vino rosso 1/4L(アブルッツィオ地方の赤ワイン1/4L)2.5ユーロ、vino dei castelli romani 1/4L(ローマ・カステリ地方のワイン1/4L)2.5ユーロ、Coca-cola, aranciata(コカコーラ、ファンタオレンジ)2.5ユーロ、Acqua minerale 1litro(ミネラルウオーター1リットル)2ユーロ、Acqua minerale 1/2 litro(ミネラルウオーター500cc)1.5ユーロ、Birra 330 ml(ビール330 ml)5ユーロ、Birra 500 ml(ビール500 ml)6ユーロ
店名 Hostaria da Nerone(オスタリア・ダ・ネローネ)
住所 Via delle Terme di Tito,  96  -  00184 Roma
行き方 地下鉄「コロッセオ」駅へ入るとすぐ左方向に上のテラスへ上がれる階段があります。テラスへ出て、コロッセオを見ながら左方向へ進んでください。オッピオの公園に行き当たりますので、その角を左折し、ゆるい坂道を登りきった角にあります。
電話番号 +39 06 4817952
定休日 日曜日、8月いっぱい
営業時間 12:00-15:00、19:00-23:00
予算 1人20ユーロくらい(飲み物別)
備考 クレジットカード利用できます
料金 前菜10ユーロより、プリモ料理 9.5〜11ユーロ、メイン料理(肉)13ユーロ中心、メイン料理(魚)15ユーロより、デザート6ユーロより。
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM