旧市街の中心ヴィットリオ・エマヌエーレ広場

Arco Marchesale
ガリバルディ広場とラマ・モナキーレ橋の間にマルケサーレ門があります。門を入ってまっすぐ直進するとヴィットリオ・エマヌエーレ広場に出ます。

Palazzo Marchesale
マルケーゼ邸の正面には小さなフルヴィア・ミアーニ・ペロッティ広場があります。中世の時代に政治・経済・宗教の中心となった場所です。

(1) マルケサーレ門とマルケサーレ邸

マルケサーレ門(Arco Marchesale)は18世紀までこの町に入ることができる唯一の入口でした。今もポリニャーノの旧市街に通じる一番近い玄関口として人の往来が絶えません。しばらくまっすぐ進むと右手に封建領主マルケサーレの邸宅(Palazzo Marchesale)があります。この建造物は大変歴史が長く15世紀と18世紀に分けて建設されました。何度か修復が重ねられ現在に至りますが、建物内にはなんと約90もの部屋があるそうです。ここには19世紀に活躍したポリニャーノ出身の詩人フルヴィア・ミアーニの生家があったことにちなんで記念碑があります。

名称 Il palazzo Marchesale
住所 piazzetta Fulvia Miani Perotti, Polignano a Mare, BA 70044
地図 Googleマップで見る
バーリ在住 YOSHIDA MINA
イタリア在住者からのアドバイス

マルケサーレ邸を背にして直進すると、骸骨の装飾のあるバロック様式のプルガトーリオ教会 (Chiesa del Purgatorio) とポンペオ・サルネッリ (Pompeo Sarnelli) の胸像があります。ポリニャーノ出身の司教でしたが、鳥獣を題材にした数々のおとぎ話もラテン語で残しました。ブロンズ像のマントに注目してください!物語に登場する動物たちがデザインされています。

バーリ在住:吉田みなスタッフスタッフ一覧を見る


Piazza Vittorio Emanuele Polignano a Mare
広場の右手に旧司教座大聖堂の鐘楼、左手に時計塔が見えます。レストラン、サルメリアや雑貨屋などが軒を連ねています。

(2) ヴィットリオ・エマヌエーレ広場(Piazza Vittorio Emanuele)

市庁舎のあった時計塔、旧司教座大聖堂(カテドラーレ)として使用されていたサンタ・マリア・アスンタ教会(聖母マリアを祀る教会)、政庁舎、小麦とオリーブオイルの倉庫などがあります。この広場から放射線状に海へ向かって迷路のような石畳の小道が広がっています。

名称 Piazza Vittorio Emanuele
地図 Googleマップで見る

Chiesa Santa Maria Assunta Polignano a Mare
旧市街の心臓部(Cuore del Centro Storico)と言われています。

Chiesa Santa Maria Assunta Polignano a Mare
聖母マリアを祀る教会なので、装飾もなんとなく柔和な表情と雰囲気が感じられます。

Polignano a Mare
裏道にある雑貨屋近くの階段に見つけました。ユーモアあふれる演出がにくいですね。

(3) 聖マリア・アスンタ教会

旧司教座大聖堂/カテドラーレ(Chiesa Santa Maria Assunta, ex-cattedrale)

チェントロ・ストリコで核となる重要な建造物です。ポリニャーノがモノーポリの司教区に加わる1818年まで司教座大聖堂(カテドラーレ)でした。プーリア地方に多く見られる優美なプーリア・ロマネスク様式(*1)の教会です。外観からは3つの装飾に注目してみましょう!

  • *1 プーリア・ロマネスク様式:11世紀から13世紀初頭にかけて発達した建築様式で、特に建築物の構造、彫刻とモザイク装飾が美しいとされる。

<外観からの見どころ>

  1. 入口に施されたファサードの聖母マリアと天使たちの彫刻
  2. 入口の両脇壁面に配置された聖人たちの彫刻
  3. その頭上にある二連窓

また、ミサの時間帯で教会内に入れるようなら、参拝者の邪魔にならないように静かに見学してみましょう。見どころは主祭壇の背後に2点あります。
<内部の見どころ>

  1. 1600年代初頭に作られた木製の聖職者祈祷席
  2. ボルトロメオ・ヴィヴァリーニ(*2)によって描かれた「多翼祭壇画」(*3)
    • *2 ボルトロメオ・ヴィヴァリーニ
      15世紀ヴェネツィア絵画界における2大流派のひとつヴィヴァリーニ家始祖の実弟で、ベルガモやヴェネツィア内陸部で成功を収めたイタリア初期ルネサンスの画家。
    • *3 多翼祭壇画
      ルネサンス期のヨーロッパの教会で多く製作された複数の絵画や浮き彫りで構成される祭壇飾りのひとつ。
名称 Chiesa Matrice Santa Maria Assunta
住所 Piazza Vittorio Emanuele 34, (Centro Storico),70044, Polignano A Mare
開館時間 (ミサの時間) 平日18:30、休日11:00、18:30、20:00
地図 Googleマップで見る

【バーリ在住:吉田みな】スタッフプロフィールを見る

matera taxi
南イタリアの「運転手付き専用車」を予約いたします

貸切チャーターの車で、バーリ、マテーラ、アルベロベッロなどを安全に効率よく移動できます。渡航前に予約して現地で安心・快適に旅しましょう。
日本人ガイドも同伴可能です。
> バーリ、マテーラ周辺のタクシー&ハイヤー予約





Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM