ボマルツォの怪物公園(Parco dei Mostri - Bomarzo)

The Park of Monsters
怪物公園の入り口付近から見える丘の上のボマルツォの町。正面に見えるのがこの公園を作ったオルシーニ家のお城。

The Park of Monsters
これが公園への入り口。この前にすでに入場窓口やお土産屋さんを通って来ています。オルシーニ家の家紋が入った門をくぐるといよいよ不思議な世界へ旅立ちます。

The Park of Monsters
入ってすぐに2対のスフィンクスがお出迎えです。『眉を上げ、唇を引き締めてこの地を行かなければ、世界の七不思議の最たるものを堪能できないだろう』とオルシーニ公の言葉が読めます

The Park of Monsters
そして最初にびっくりするのが、この「プロテオ(Proteo)」。彼は海の神ネプチューンの子供と言われ、地球の象徴となっているそうです。確かに頭の上には地球があって、オルシーニ家の城が大きくそびえています。

The Park of Monsters
公園内でもっとも大きい石像であろう「巨人の戦い(La Lotta fra Giganti)」。高さは6メートル以上あるでしょう。すごい迫力です。

The Park of Monsters
奥に「亀(Tartaruga)」と手前に「ペガサス(Pegaso)」が見えます。亀の奥には大きな口を開けた鯨も見えるんです。

The Park of Monsters
ひび割れた岩の上に建てられた「傾いた家」は中に入ることができます。これを作ったのは招待客や友達を驚かすためだそうで、中でシエスタ(午睡)をさせて、出てくると目が回ってしまうという狙いだそうです。たしかに平衡感覚が失われます。

The Park of Monsters
名将ハンニバルが率いるカルタゴ軍の武装した象。ローマ軍の敵を大破しました。この象周辺にはネプチューン像やドラゴンもいて一番の見どころの一つです。

The Park of Monsters
怪物庭園でもっとも有名な石像がこの巨大な「人食い鬼(L'orco)」でしょう。口の中にはベンチとテーブルまであり、当時の人たちはこの中に入ってワインを片手におしゃべりでもしたのでしょう。唇には「いかなる思考も飛び立つ(Ogni pensiero vola)」と彫られています。

The Park of Monsters
フィレンツェのサンタマリア・デル・フィオーレ大聖堂とよく似たクーポラを持つ神殿は、第二婦人の死を奉るために建てられた礼拝堂(Tempio)です。現在お堂の中にはこの公園を整備して現代によみがえらせたBettini氏とその奥さんの碑があります。手前は3つの頭を持つ地獄の番犬ケルベロス。

The Park of Monsters
公園の窓口にはお土産屋さんもあります。もちろん奇妙なお土産が満載です。

世界的にも、日本のマニアにも人気の怪物公園

中部イタリア、ウンブリア州のボマルツォという名の知れない町に、世界でも有数の奇妙な公園があります。その名も『怪物公園(Parco dei Mostri=パルコ・デイ・モストリ)』、名前からすでに仰々しいです。
その不気味さ、奇妙さはガイドブックやインターネットで写真を見ると分かるでしょう。怖い形相の彫刻、傾いた建物、巨大な置物たちが敷地いっぱいに点在していて、訪問する人たちを驚かせるのです。日本の安土桃山時代に作られたこの公園の意図はなんなのでしょう?
その不気味で不思議な公園を楽しんできました。

亡き妻への悲しみから生まれた怪物たち・・・

この奇想天外の公園は、ルネッサンスを代表する建築家ピッロ・リゴーリオ(Pirro Ligorio)が作ったというのだからビックリです。彼はイタリア貴族の邸宅や別荘を多く設計し、イタリア式庭園のスタイルを確立させたと言われています。有名なところではローマ近郊ティヴォリにある「エステ荘」を作ったのも彼だし、ミケランジェロの死後、サンピエトロ寺院の建設を引き継いだのもピッロ・リゴーリオです。そんな大建築家がこの奇妙な公園を作ったなんて、ずいぶんと豪勢ですよね。
そしてこの公園を作らせたのが、16世紀にこの地帯一帯を治めていた貴族、オルシーニ家のピエール・フランチェスコ王子(Pier Francesco Orsini)です。彼は最愛の妻を亡くして悲観にくれていた時、その苦痛から開放されるためにこの公園を作らせたと言われています。
彼の妻への愛情は500年経た後も私たちにまで届いていますね。

400年の眠りから覚めた怪物庭園

マニエリスムとバロック満載の庭園が生まれたのは1552年のこと、世界で『唯一』の美しい庭園になるよう作られたのです。しかしその後約400年ものあいだ、まるでフランチェスコ王子が愛妻の思い出をすべて天国に持っていってしまったかのように、この庭園はすっかりと忘れ去られてしまいました。しかし1954年にあるイタリア人(Giovanni Bettini氏)がこの土地を購入し、丁寧にそして根気を持って修復したおかげで、この「聖なる森(Bosco Sacro)」は400年の眠りから目覚めたのです。

神話とファンタジーの世界へようこそ。

聖なる森の中は曲がりくねった道が続いていて、神話の世界とファンタジーの世界に誘ってくれます。公園内には目に見えないところにもモニュメントが点在しているらしいのですが、24の彫刻、建物を見つけることでできるでしょう。

全部を紹介するのはちょっと無理、ぜひ自分の足で散策してみよう!

公園内は迷路のようで子供たちも大喜び。半日のんびりと過ごすのも楽しいです。ボマルツォの駅もローマやオルヴィエートから十分近いですし、駅から出ている市バスで簡単に公園まで行くことができます。バスはそんなに多くないので、くれぐれもバスの時刻表のチェックを怠らないように。特に帰りの時刻はしっかりと用意しましょう。怪物と一緒に一夜をともにするのはあまりにも怖いですよ。

施設名 怪物公園(Parco dei Mostri)
行き方 イタリア国鉄アッティリアーノ=ボマルツォ駅(Attigliano-Bomarzo)から6キロ。駅からは徒歩もしくはタクシー利用となります。国鉄駅までは、ローマから列車で1時間、オルヴィエートから約20分。ただし乗り継ぎが難しく最終的には時間がかかります。
ヴィテルボからバスも出ていますが、こちらも少々時間がかかるでしょう。車でいくのが一番お勧めです。
ヴィテルボから ヴィテルボからバスが出ています。ORTE行きのバスに乗り約30分でBomarzoに到着します。下記のバス会社のサイトから時刻表が見れますよ。(http://www.cotralspa.it/
英語ページ→時刻表をダウンロード(Download Timetables)→ヴィテルボ(Viterbo)
住所 Localita' Giardino 01020 Bomarzo (VT), Italy
電話番号 +39 0761 924029
営業日 年中無休:開館8時〜日の入りまで
料金 大人10ユーロ、子供(4歳〜8歳)8ユーロ、団体(30名以上)8ユーロ
URL http://www.parcodeimostri.com/
地図
オルヴィエート担当 堂 剛
ボマルツォ庭園へガイドと車で行きませんか?

ボマルツォの怪物公園のツアーを開催しています。ガイドブックには載っていないような楽しいツアー、食事の美味しいツアーを個人ツアーで楽しみませんか?詳しくは「オルヴィエート周辺ツアー」をご覧下さい。
また「オルビエート=ボマルツォ怪物公園」の送迎手配も承ります。詳しはこちら

イタリア在住・堂 剛スタッフプロフィールを見る



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM