エスプレッソ発祥の地、ナポリで極上カフェを飲もう!

ナポリのカフェ
ナポリでもカフェはいたるところにあります。雰囲気の良いお店ほど美味しい。これはカフェ店の鉄則です

ナポリのカフェ
厳ついけれど優しくてシャイなバリスタさん。左下に見えるのが「魅惑の甘い泡(=ヘーゼルナッツのクリーム)」です。これを入れてもらうと本当に美味しい!

ナポリのカフェ
これがナポリのエスプレッソ。クリーミーで甘くって心に残る一杯でした。

ナポリのカフェ
同行した女の子にはとっても優しいイタリア人男性。帰りにお土産としてエスプレッソ・カップまでもらっていました。
僕も欲しいよ!!!

5stars

ナポリが発祥、イタリアン・コーヒー

結論から言おう、『ナポリに行ったらピッツァを食べて、エスプレッソを飲め!』。ナポリ旅行をすると聞けば、毎回このアドバイスをしています。
あまり知られていないですが、イタリアン・カフェ「エスプレッソ」はナポリ発祥と言われています。ナポリの町を歩くと、バールはもとより、カフェ器具を売っているお店の多いこと。ナポリとカフェは切っても切り離せない仲。休憩と言ってはカフェでエスプレッソをキュッと一杯。仕事は後回しで、バリスタと談笑しながらカフェを立ち飲みするのが似合う町なんです。

ナポリのカフェは何が違うのか・・・

イタリア人は一日に3杯も4杯もカフェを飲みますが、その彼らでさえナポリのカフェは別格だ、と言います。理由は色々とあるようですが、やはり水の違いが大きいようです。ピザ生地となる小麦にもいえますが、土壌と水がその土地の食文化を築いているんでしょう。
さらに、ナポリ人が入れるカフェはレベルが違います。ナポリの人はカフェの入れ方にうるさいし、普段おちゃらけている彼らでも、カフェを入れるときだけは目が鋭く光るんだから不思議です。。。

これぞ、ナポリの流儀

ナポリ出身の友達いわく、エスプレッソマシンの最初の蒸気で出たスプーンひとすくいのカフェがとても重要なんだとか。その「一番だし」のみをカップに移し、大量の砂糖と素早く混ぜ合わせます。これぞナポリの奥義!濃厚なカフェと砂糖が攪拌されて、クリーミーで甘いカフェ・エキスができるのです。そこに後から抽出されたエスプレッソを注げば彼らの作品が完成します。
僕も初めてナポリに行ったとき、ビシッと決めたバリスタが「ナポリ風でいくか?」と聞いてきました。興味津々の僕はもちろんOK。すると小さなエスプレッソ・カップに砂糖をスプーン山盛り2杯入れて、その上にエスプレッソを抽出していました。これが抜群に旨い!その日から僕はナポリのカフェの虜となったのです。

なんだ!?あの茶色い泡は???

ダ・ミケーレ」で至福のピッツァ・ランチを終えてカフェ店を探していたら、なかなか雰囲気の良い店に遭遇・・・一見普通のカフェですが、店は立ち飲みカウンターだけなのに、バリスタが3人、レジにも女性が2人もいるのです。これは地元客の回転が良く、出前注文が多い証拠です。床も綺麗、カフェマシンもピカピカでこうい店にハズレはないと確信しました。

レジでカフェを注文して先にお金を払います。もらったレシートをカウンターに出してオーダー。するとバリスタが手際よくカフェを入れてくれます。その厳つくて強面のバリスタさんが「入れるか?」と聞いてきたのが薄いカフェ色の泡。なんだか分からないまま「入れて!」と答えました。

これがカフェ?まるで極上のデザートです

そのメレンゲのような泡は、ヘーゼルナッツのクリーム。スプーンで軽く混ぜて飲んでみると、もう驚くほどに美味しいです。トロッとした舌触り、まったりしたのどごし、まるで濃厚なカフェ&チョコのムースを食べているかのようでした。
エスプレッソが苦手な人もこれなら美味しく飲めると思います。ちなみにこのクリームは砂糖代わりなので、くれぐれも砂糖は追加しないように。

ナポリのカフェは砂糖をたっぷりと!

ナポリのカフェの特徴は濃厚な香りと大人の苦み。エスプレッソが苦手な人はこれを聞いただけで顔をしかめそうですが、ナポリではぜひ砂糖をたっぷり入れて試してみてください。最低一袋、好きな人は1.5袋入れましょう。するとどうですか、一気にまろやかで芳醇な香りの極上コーヒーになります。
ナポリに行ったら、イタリア最高の味と賞されるカフェ(エスプレッソ)をぜひ飲んでみてください。病みつきになる人続出でしょう。

【イタリア在住:堂 剛 - Tsuyoshi Doh】スタッフ記者プロフィールを見る

イタリア在住:堂 剛
ナポリのカフェ、一度お試しを!

僕は普段コーヒーを飲まないですが、食後のエスプレッソだけは別。たっぷり食べた後に胃がスッキリとします。そしてナポリのカフェはさらに別格。ナポリの町を歩くと、ついつい美味しいバールはないかと目で追ってしまいます。本当に美味しいので是非試していただきたいです。

イタリア在住:堂 剛スタッフスタッフ一覧を見る




Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM