更新日:

ミラノの最後の晩餐を予約しよう

最後の晩餐
ダビンチの傑作「最後の晩餐」は食堂の壁に描かれた食事の情景です

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
ユネスコの世界遺産に登録されているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドミニコ修道院。建築家ソラーリによって1469年に完成しました

ミラノにある大きなクーポラを持つルネッサンス様式の教会「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ(Santa Maria delle Grazie)」にあるのが世界でもっとも有名なフレスコ画「最後の晩餐(イタリア語名 Cenacolo Vinciano)」です。教会内のドメニコ修道会食堂の北壁に描かれているレオナルド・ダ・ヴンチ傑作は息をのむほどの迫力です。

レオナルド・ダ・ヴィンチが1494年から1498年の間に描いた「最後の晩餐」は、それまでに使われていた伝統的な「フレスコ技法」と違い、「セッコ画」(乾いた石灰の壁に水彩で描く)という技法が用いられました。しかし破損の早いセッコ画技法では、フレスコが完成して数年後にはすでにフレスコ画の劣化が始まったといわれています。

今までに多くの修復が行われてきましたが、最新の科学的技法に基づいた修復が1999年に終わり、失った本来の色調が取り戻されました。再生したレオナルドの傑作「最後の晩餐」を保護するため、展示されている修道会の食堂には空気清浄機が設置され、1回15分ごとに30名だけを入れるなどの措置が講じられています。

イタリアの口コミ情報 最後の晩餐は予約なしにはまず見学不可能です。しかも予約時間に遅れても入場することはできません。出口のドアから前の入場者が全員出たら、入場ドアが開きその時間の30人が入るという仕組みです。
見学もきっちり15分なので、オーディオガイドも入場したらすぐにONにしましょう。もしくは待ち時間にオーディオを先に聞いておくのも良いです。

最後の晩餐(Cenacolo Vinciano)のインフォメーション
住所
予約センター
Piazza Santa Maria delle Grazie, 2 MILANO
(+39) 02 92800360
(月〜土:8:00〜18.30)
祝祭日:1月1日、4月25日、 5月1日、12月25日
(公式サイト)http://www.vivaticket.it/
休館日 毎週月曜日
1月1日、5月1日、12月25日
開館時間
火曜日〜土曜日:8:15〜19:00
日曜・祝祭日:8:00〜19:00
入館時間

8:15〜18:45まで、15分おきに30名ずつ入館

  • 9:30と15:30の入場は英語ガイド付き
  • 10:00と16:00の入場はイタリア語ガイド付き
  • 上記のガイド付きの入館は、チケット代に3.50ユーロが上乗せされます
入場料 12ユーロ
(*)ガイド付きの入館時間は15.50ユーロかかります
注意事項
  • 完全予約制です。予約なしには入館できません。当日券購入は入手がかなり難しいです。
  • 完全に入場制限されていて、一回の見学は15分です(15分の入れ替え制)。
  • 日本語音声ガイド(トランシーバー型のオーディオガイド)あり。
    1台3.50ユーロ (借りる時パスポートなど身分証明書と引き換えになります)
  • 18歳未満は入館無料ですが予約は必要です。予約料の1.50ユーロのみかかります。
  • 0歳児は予約自体が不要です。ただしベビーカーで入る場合は予約が必要で、予約料の1.50ユーロがかかります。
  • 当日は予約の20分前までに窓口に行きチケットを購入しなければなりません。20分を過ぎるとキャンセルされることがあるそうです。
  • 英語もしくは伊語ガイド付きは入場料+プロガイドによる解説で、11.50ユーロとなります。
  • 英語・イタリア語ガイド付きの回は、日本語音声ガイドはレンタルできません。
予約代行 アーモイタリアでは最後の晩餐の予約代行をお引き受けします。
予約成功率は90%以上です。
最後の晩餐の予約代行申し込み

最後の晩餐の予約方法

最後の晩餐は大人気で、現在かなり予約が難しい状況です。予約は約2ヶ月前から開始となります。

  1. 公式サイトから予約
    まずは公式予約サイト(http://www.cenacolovinciano.org/)で予約を試してみましょう。公式サイトから取れたらラッキーです。
    希望日の残チケット数が『ゼロ』となっている場合は、予約センターに電話することで予約のチャンスがあります。
  2. 予約センターへ電話
    ネット予約と電話予約はチケットが別に用意されているので、WEB上で完売の場合も、電話で予約が取れる場合があります。
    以下は、予約センターへの予約方法と注意点です。
    • 予約センター(+39 02 92800362)はとてもつながりにくいので、何回か(何十回か)トライしましょう。
    • 日曜日、祝日、火曜日は予約困難です。可能であれば日程を変更しましょう。
    • できるだけ早い時点で予約を入れましょう。早ければ早いほど予約のチャンスがあります。
  3. アーモイタリアへ依頼
    他のどのサイトよりも安く予約手配いたします。公式サイトで完売の場合も高確率(80%以上)で予約手配可能です。予約取れない場合はお支払い不要ですので安心してお申込みください。通常2日以内にお返事いたします。
    (お申込みページはこちら)
    最後の晩餐の予約代行申し込み


Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM