レッチェ

レッチェについて(About Lecce)


大きな地図で見る

レッチェ
レッチェ市内には観光用の電気自動車も走っていました。中心街は小さいですが、この機関車カーに乗って観光するのも楽しいかもね。

レッチェ
レッチェはバールやカフェなど、夜寛げるお店が多いです。お昼はしっかり休んで、夕方から楽しく町に繰り出しましょう!!!

日本には知られていない人気リゾート都市レッチェ

イタリアの長靴のかかとにあるプーリア州は、アルベロベッロやマテーラが有名ですが、レッチェはあまり日本では知られていません。縦に細長いプーリア州において、南のサレント半島にあるレッチェとその近郊都市は美しい海と自然、そして歴史ある街並みで、欧米の観光客にはとても人気の避暑地です。8月のバカンスシーズンになるとヨーロッパ各国やアメリカからの旅行者が訪れ、のんびりとイタリアのバカンスを楽しみます。気候も穏やか、治安も良く、街並みも美しい、日本人も必ずや気に入る町でしょう。すこし遠いですが、ぜひ足を運んで欲しいです。

町は白の石灰岩で、エレガント

レッチェに行くまでは、ナポリやパレルモといった「雑多な町」をイメージしていましたが、まったく違いました。シラクーサタオルミーナに似た高級避暑地の雰囲気があります。町はレッチェ独特の白い石灰岩でできていて、全体的に明るく安心感があります。教会や歴史的建造物は美しいレッチェ・バロックの彫刻で装飾されていて、まるで町全体が芸術作品のようです。

レッチェの人は気さくで明るい!

レッチェに滞在して一番強く感じたのは、レッチェの人はとても親切でオープンなことです。南イタリアは人が温かいですが、レッチェの人たちは親切でありながら、なかなか紳士淑女が多い感じがしました。バールでちょっと休憩しても、道を尋ねても皆ニコニコと丁寧に話しかけてくれます。経済的に余裕があるのか、町もリッチな雰囲気で活気がありました。

町はとても安全で、歩きやすい

リッチな外国人もたくさん来るので、南イタリアとは思えないほど安心感があって、道ばたにもゴミも落ちて無くて清潔です。レストランやホテルは物価が安く、それでいてしっかりとしています。心配性の日本人にとっても安心できるでしょう。

ショッピングも楽しもう!

観光客が多いので、ファッションのお店や、手作りの工房、お土産屋さんも多くて、ウィンドウショッピングが楽しいです。僕も普段買わない洋服をついつい買ってしまいました。お店の雰囲気も、店員さんの対応もとても優しくて、安心して買い物できます。

レッチェは夜が楽しい!

夏はランチ後の14時から18時頃までは、町から人影がきれいに消えます。暑いからだけでなく、レッチェの夜は遅いので、みな家やホテルで休んでいるのだと思います。19時頃になると町に人が溢れてきて、お店もオープンして活気が出てきます。そして皆、アペリティーボ(食前酒)や夕食を楽しみはじめるのです。町が眠るのは深夜0時過ぎ。レッチェに行ったらお昼はゆっくり休んで、夜を存分に楽しむのがお勧めです。

イタリア在住:堂 剛
イタリア在住者からのアドバイス

初めて行ったレッチェ、とても気に入りました 。友達から聞いてはいましたが、本当に綺麗な町で、食事もショッピングも満喫できます。中心街は小さいので道に迷うこともないですし、夏なら驚くほど透明感の高い海で海水浴が楽しめます。さらに南にあるオートラント(Otranto)も良い町だと聞くので、時間のある方は、ぜひ尋ねてみてください。

イタリア・フィレンツェ在住:堂 剛スタッフスタッフ一覧を見る




Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM