更新日:

イタリア鉄道の切符の種類一覧

イタリア国鉄サイト(http://www.trenitalia.com/)はとても便利で、時刻表や料金を一目で確認出来ます。サイトもシンプルでとても使いやすいです。JRの新幹線を予約するよりも簡単です。

トレニタリアの料金体系
BASE BASEとは
  • 基本となる電車チケット
  • よく分からなかったらこのBASEの切符を買いましょう。間違いなく誰でも乗車できます
  • 4才から14才の子どもは割引料金(50%)となります
予約変更
  • 予約の変更は無料です
  • 切符の発行日から予約した電車の出発後1時間まで、1回のみ変更可
  • 電車出発前までの予約変更は、オンライン、駅の切符売り場、券売機、旅行代理店などで可
  • 電車出発後の変更は、限定的に、切符に記載の出発駅の切符売り場もしくは券売機でのみで可
他の電車への乗車
  • BASE切符は同じ方向の同じカテゴリーの他の電車に直接乗車することができます。その場合はかならず車掌に前もって通知して、追加料金10ユーロを払わなければなりません
キャンセル返金
  • 電車の出発まで20%を差し引いた料金を返金可
  • 発券された紙の切符は駅の切符窓口もしくは、許可を得た旅行代理店でのみ返金可
  • 電車の出発後は返金不可
  • 10ユーロ以下の切符は返金不可
Economy エコノミーとは
  • BASE料金から20〜50%オフの割引チケット
  • 詳しくは「割引チケット」ページをご覧ください
予約変更
切符変更
  • 日付と時間のみ、電車出発までに1回のみ変更可(出発駅・到着駅は同じである必要あり)
  • BASEチケットとの差額分を払う必要あり
  • 切符を購入した駅の切符売り場、旅行代理店、もしくは公式サイトで変更可
その他
  • 予約した電車以外への乗車は認められません。その場合は切符不所持と見なされます
  • 返金不可
Super Economy スーパーエコノミーとは
  • BASE料金から50〜70%オフの割引チケット
  • 詳しくは「割引チケット」ページをご覧ください
  • 席数限定ですぐに売り切れるので、見つけたらすぐに購入するととてもお得
その他
  • 予約変更不可、切符変更不可、返金不可
Cartafreccia Special カルタフレッチャ
  • トレニタリアの会員「Cartafreccia」向けの割引きサービス
  • 「Cartafreccia」にはイタリア在住者しか入会できません
  • 購入時に「Cartafreccia」の会員番号入力が必要
Cartafreccia Senior Da 60anni カルタフレッチャ
  • トレニタリアの会員「Cartafreccia」の60才以上のシニア向け
  • 「Cartafreccia」にはイタリア在住者しか入会できません
  • 購入時に「Cartafreccia」の会員番号入力が必要
Cartafreccia Young Fino 26anni カルタフレッチャ
  • トレニタリアの会員「Cartafreccia」の26才未満の若者向け
  • 「Cartafreccia」にはイタリア在住者しか入会できません
  • 購入時に「Cartafreccia」の会員番号入力が必要

ユーロスターの座席の種類

ユーロスターAV(高速電車)の座席一覧
Standard トレニタリアStandard座席
  • 一番安い席です
  • 体格が大きくない限り、十分に寛げます
  • 座席幅55.5cm、112度までリクライニング可
Premium トレニタリアPremium 座席
  • 日本のグリーン車
  • Standardと同じ座席サイズ(座席幅55.5cm、112度リクライニング)ですが、座席が革です
  • スーツケース置き場が広めです
  • 13:00までは、ドリンク、スナック、新聞がサービスされます
Business トレニタリアBusiness 座席
  • 通路を挟んで横2+1席で広い座席(上記StandardとPremiumは横2+2席)
  • 座席幅64cm、115度リクライニング
  • 13:00までは、ドリンク、スナック、新聞がサービスされます
Business Area Silenzio  
  • 上記Businessクラスの一部にある、静かに過ごしたいビジネスマン向けの席
  • 子供の予約は不可
Business Salottino トレニタリアBusiness Salottino 座席
  • プライバシーの高い「Salottini Business da 4 posti」=4名用サロン席
Executive トレニタリアExecutive 座席
  • 1車両に8席しかない一番豪華な座席(飛行機のファーストクラス)
  • 座席幅69cm、122度リクライニング、フットレスト45度
  • 32インチのディスプレイ付き(コンピュータに接続可)
  • 乗車中いつでも、ドリンクと軽食のサービス可
  • トリノ=ミラノ、ミラノ=ベニスの短距離電車は13:00までドリンク、スナック、新聞がサービス
  • 駅の特別ラウンジ「FrecciaClub」を利用可
  • ユーロスターは全席指定なので、必ず上記の中から席を選ぶ必要があります。
  • ユーロスター(イタリア新幹線)より遅い電車は、「ファーストクラス」と「セカンドクラス」の2種類のみです。とうぜん「ファーストクラス」の方が座席が広く、客層も良いです。スリなどに心配の場合は「ファーストクラス」を選択しましょう。乗り心地はあまり変わらないですが、安全面で期待できます。



Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM